スーパーホワイトのクレジットカード審査

ゴールドカードプレス > クレジットカード審査 > スーパーホワイトがクレジットカード審査に通るには?

スーパーホワイトがクレジットカード審査に通るには?

(スポンサードリンク)

これまで一度も借金をしたことがないのにクレジットカードやローンの審査に落ちるなら、その原因は、スーパーホワイトかもしれません。

スーパーホワイトの人がなぜ審査に落ちてしまうのか。

スーパーホワイトでも審査に通るにはどうすればいいか。

これらについてご説明します。

スーパーホワイトとは

クレジットカードの支払い、ローンの借り入れ、分割払いなどにおいて、ブラック、ホワイト、スーパーホワイトという言葉がよく使われます。

ブラックというのは、ひと言でいえば借りたお金を返さないこと。

延滞、債券整理、多重申込みなどがそうですね。

これらの履歴が、クレジットカードやローンなどの利用履歴を管理する個人信用情報機関に残っていると、俗に「ブラックリストに載った」などと言われます。

ホワイトとは、個人信用情報機関に何も履歴がないまっさらな人を指すのですが、このホワイトに2種類あるのです。

ホワイトとスーパーホワイトの違い

スーパーホワイトというのは、今まで一度もクレジットカードやローンなどを使ったことがなく、借金もしたことがないために履歴がない、という人。

現金主義で支払いをしている人ですね。

一方、ホワイトと言われるのはは自己破産をしたり、クレジットやローンの支払いの滞納をして金融事故を起こしたことのある人。

金融事故を起こすと、信用情報に5年間はその履歴が残ります。

でも5年過ぎると履歴が消えて信用情報はまっさらになります。

このようなホワイトを、“信用ホワイト”とか“漂白ホワイト”と言ったりします。

一度金融事故を起こしたことがない人が、なぜ金融事故を起こした人のように信用度を低く見られてしまうのでしょうか。

信用情報機関に残っている履歴よりも前の状態がどうだったか、金融機関では判断のしようがありません。

とくに今は機械審査が多いので、“履歴がない=元ブラック?”とみられてしまうのです。

とくに30代以上の人に信用情報の履歴がないと、「いい歳をしてクレジットカードやローンを利用したことが無いのは、何か良からぬ理由があるのでは?」ととられてしまうので、要注意です。

スーパーホワイトがクレジットカード審査を通す方法

この年代をボーダーラインとして、審査難易度が変わります

20代の場合

20代でクレジットカードを持ってなくても、まだスーパーホワイトとは言われません。

今のうちにクレジットカードのきれいな利用履歴(クレヒス)を積んでおきましょう。

まずは審査がゆるめの年会費無料カードに申し込むのがいいですね。

学生専用カードや新社会人向けのカードは、申し込み時に履歴はあまり重要視されません。

30代以降の場合

30代の人がいきなりのクレジットカードの申し込みをすると、危険度が上がります。

機械審査(自動審査)だととくに落ちる可能性が高いです。

まずは少しクレヒスを作ってからにしましょう。

携帯電話の本体代分割払いや家電の分割払いでクレヒスを作る

携帯を買い替えた時に、本体も分割で払う方法を選びましょう。

これで自動的にクレヒスを貯めていくことができます。

携帯を買う予定が無い人は、ショッピングローンやショッピングクレジットという形で数万円の家電製品を買いましょう。

これで半年程度のクレヒスを作ってください。

ポイントは延滞なく払うこと。

延滞すると信用機関に延滞の履歴が残り、よけいに信用度が落ちてしまいます。

クレジットカードの審査が通ったら、分割払いを止めても大丈夫です。

通りやすいクレカを申し込む

クレヒスが溜まったら、1枚目は審査に通りやすいカード選んで申し込んでみましょう。

アコムACマスターや楽天は審査が緩いカードで有名。

女性なら、買い物に使いやすいエポスやセゾンもおすすめです。

預金残高が多いなら、メインバンクのキャッシュカード一体型カードも作りやすいでしょう。

光熱費のような定期的に支払う料金をカード払いにするなどしてクレヒスを積んでから、本命のカードを申し込むのが手堅いです方法です。

これもとりあえず半年程度のクレヒスを作ってから、本命カードの審査を受けてみて下さい。

破産免責後、ホワイトの人がクレジットカード審査を受ける時の注意点

ふつう、金融事故を起こしても5年経てば履歴は消去されます。

でも時には履歴が消えていなかったり、免責を受けたのに免責の記録が個人信用情報機関の履歴に記載されていなかった、などということもあり得ます。

信用情報機関にはクレジットカードの履歴などの管理を行うCIC、消費者金融会社などの信用情報を管理するJICC、銀行系の信用情報などを管理するKSCの3つがあります。

これらの機関できちんと情報が消えているか確認してから、申込しましょう。

スポンサードリンク

ゴールドカードの知恵袋

ゴールドカードの記事一覧


ページのトップへ