ゴールドカードプレス > ゴールドカードの口コミ・ランキング > たんぎんICバンクカードVISAゴールドの全て

たんぎんICバンクカードVISAゴールドの全て

カードの種類 銀行系
ランク ゴールド
タイプ 倹約
国際ブランド VISAのみ
年会費 10,000円+税(初年度無料)
カードの3つのポイント
  • キャッシュカード一体型のゴールドカード
  • 旅行時にも安心、最高5,000万円の旅行傷害保険
  • ゴールドカードらしい充実した優待特典

たんぎんICバンクカードVISAゴールドどんなカードなの?

たんぎんICバンクカードVISAゴールドは、兵庫県の豊岡市に本店がある地方銀行「但馬銀行」が発行するクレジットカードです。

銀行のカードだけあり、キャッシュサービスとクレジットカードをこれ一枚で利用できます。

ゴールドカードならではの上質なサービスを受けることができるのも、このカードの魅力の一つになります。

それではたんぎんICバンクカードVISAゴールドについて、詳しく説明していきます。

キャッシュカード一体型のゴールドカード

銀行から発行されるカードの魅力の一つとして、このカードさえあれば、キャッシュとクレジットのどちらにも対応できるという、便利さが挙げられるでしょう。

カードの特典として、但馬銀行ATMでの預金を、曜日・時間帯に関係なく、無料で引き出すことができます。急に現金が必要になった時に嬉しいですよね。

生体承認とICチップで安全性をプラス

不正利用や盗難から利用者を守るためのセキュリティー対策が、しっかりと行われています。

不正な読み取りが難しいICチップに加え、指静脈パターンによる生体承認を導入し、利用者の預金をしっかりと守ってくれます。

旅行時にも安心、最高5,000万円の旅行傷害保険

ゴールドカードらしく、しっかりとした旅行傷害保険がついているのが、たんぎんICバンクカードVISAゴールド。

自動付帯では物足りない場合は、利用付帯を適応すると大きな補償に変わります。

海外旅行保険の場合

海外旅行保険は自動付帯となっており、死亡・後遺障害で最高1,000万円、航空券やホテル代を、たんぎんICバンクカードで決済すると、最高5,000万円に変わります。

傷害治療費300万円、賠償責任は自動付帯で1,000万円、これも旅費をクレジットカードで決済すると、最高5,000万円に変わります。

さらに、自分だけではなく、家族までしっかりとサポートしてくれる家族特約も付帯しているのが嬉しいですよね。

もちろん国内旅行もしっかりと補償

国内旅行も自動付帯で、死亡・後遺障害が最高1,000万円、利用付帯で最高5,000万円。

入院日額5,000円、通院日額2,000円と国内旅行でもしっかりと補償してくれます。

ショッピング保険もついており最高300万円、補償期間90日までついてくるのです。

これだけ補償されれば、安心して旅行を満喫するとこができますね。

旅行や出張が多い人には、ぜひとも手にしてもらいたい一枚です。

ゴールドカードらしい充実した優待特典

旅行保険以外にも、暮らしをサポートしてくれる特典が豊富な、たんぎんICバンクカードVISAゴールド。

その、特典の内容を説明していきます。

ドクターコール24

国内で急病や怪我、病院に行くほどではないけど気になること、健康やストレスについての相談を、24時間・年中無休で、専門スタッフが無料で対応してくれます。

エアライン&ホテルデスク

国際線の航空券と世界各国のホテルを代わりに手配してくれるサービスです。

航空券は7日前まで、ホテルなら2日前まで対応できます。もちろん予算の相談も可能。

忙しくて手が回らない人にもおすすめのサービスですね。

GlobePass加盟店優待サービス

Vpass登録の会員の限定のサービスになりますが、アジア各国に旅行の際にレストランや免税店を利用する時に、グローブパス提示することで、割引やプレゼントが貰えるプログラムです。

人間ドックサービス

全国の病院や、クリニックを紹介してくれます。各種人間ドックや検査コースが用意されています。

ただし、予約自体は自身で行う必要があります。

Vpassチケット

チケット販売サービス「Vpassチケット」が利用可能になります。

優待価格で買えるだけではなく、Vpassチケット限定販売のチケットや、様々なジャンルのチケットと取り揃えてあります。

VJトラベルデスク

VJトラベルデスクから、特定の国内・海外パッケージツアーを申し込みすると、同伴者も含めて、最大5%割引になるサービスです。

自分だけじゃないのが嬉しいですよね。

たんぎんICバンクカードVISAゴールド:一般⇒ゴールド

たんぎんICバンクカードVISAゴールドの進化過程

たんぎんICバンクカードVISAゴールドは、ゴールドカードに分類されるカードです。たんぎんICバンクカードVISAの中では、最高ランクのカードになります。

その下には2種類の一般カードが存在しています。

ここからは3種類のたんぎんICバンクカードVISAを見ていきましょう。

一般
takuginVISA-classic

年会費:1,250円+税(初年度は年会費無料)

年間利用額が10万円以上で翌年度無料

レディース(一般)
takuginVISA-red

年会費:1,250円+税(初年度の年会費無料)

年間利用額が10万円以上か、携帯電話代の引き落としで翌年度無料

通常の一般カードとの違いはこれだけです。

ゴールド
takuginVISA-gold

年会費:10,000円+税

年間利用額が100万円以上で翌年度無料

たんぎんICバンクカードVISAゴールドの審査を攻略するポイント

たんぎんICバンクカードVISAゴールドの審査の基本情報は以下のようになります。

申し込み条件20歳以上でご本人に安定収入のある人
審査にかかる日数審査日数は明記されていない
発行にかかる日数発行日数は明記されていない

審査攻略のポイント

たんぎんICバンクカードVISAゴールドを手に入れるためにはどうすればいいのか。

申し込み条件自体は、一般カードのような内容になっています。

20歳から申し込める以外の条件がない点から見れば比較的審査が簡単な印象。

それでは、押さえておきたいポイントを整理していきましょう。

たんぎんICバンクカードVISAゴールド攻略のポイント
  • 本人に安定していて継続的な収入があること
  • 過去に延滞や滞納をしていないこと
  • 申し込み時に嘘の情報を記載しないこと

どれも基本的なことばかりですが、上記3点を抑えていると審査に有利です。

一般カードを作る時のような条件ですが、新規募集のキャンペーンをやっていることもあるので、特別な条件はなさそうです。

過去に支払の遅延や、消費者金融の利用などの履歴があると、信用に足らないとして審査落ちになる確率が高くなるでしょう。

そして、申告内容に嘘を記載しても信用を失ってしまうので、正しい情報を記入して申告してくだい。

一説によると30歳以上、年収500万円以上という話もありますが、銀行の公式サイトにはそのような情報は記載されていないため、このカードを持っている人の層が、これくらいのスペックなのだと推察されます。

たんぎんICバンクカードVISAゴールドの口コミ体験談

1枚で2役をこなせるのが魅力のたんぎんICバンクカードVISAゴールド。

ここからは、決算の使い勝手と共に付帯するサービスをじっくり見ていきましょう。

決済の使い勝手

国内はもちろんのこと、世界各国でも使用できるVISAが国際ブランドですので、海外旅行の時や、普段の国内でのショッピングの時でも、不便を感じることなく決済ができる、非常に使い勝手が良いカード。

一体型ではないですが、iDやWAONにオートチャージできるので、改札やコンビニでの買い物のときもスムーズに会計を済ませることができますよ。

国内の地方銀行のカードだけあり、普段の使用感は抜群ですよ。

特典・サービスについて

日常の生活においての使いやすさが持ち味の、たんぎんICバンクカードVISAゴールド。ここからは特典やサービスについて見ていきましょう。

海外キャッシュサービス

国内での使い勝手はもちろんですが、銀行のカードらしい、海外で役に立つ機能があります。

それが「海外キャッシュサービス」というもので、このサービスは、海外の主な空港や駅などに設置している、VISAと提携をしているATMから、現地の通貨を引き出せるサービスです。

これがあれば、お金を持ち歩く必要がなくなり、盗難や紛失などのリスクを減らすこともできますよ。

JALカード特約店でカード決済した場合は、通常のマイルの2倍のマイルがもらえます。

海外で急遽お金が必要になったときも、預金さえあれば用意できるので助かる。
国内主要空港ラウンジを無料で利用できる

たんぎんICバンクカードVISAゴールドは羽田空港や関西国際空港など国内主要空港のラウンジ34箇所と、ハワイ・ホノルル空港、韓国・仁川国際空港のラウンジが利用できます。合計36箇所の空港ラウンジを無料で利用できるのは、嬉しいことですよね。

出国審査後や手荷物検査前など、利用できるタイミングがそれぞれ違うので、事前の確認は必要です。また、同伴者料金も空港ごとに異なるので一緒に調べておくといいでしょう。

出発までの空港での時間を、ゆったりと過ごせるのは魅力的ですよね。

出発までの間、ゆっくりできるし、ドリンクなども楽しめるので、非常に助かっています

みんなの印象

国内でも使いやすいが、やはり銀行がある兵庫県での使用が一番
持ち歩くカードの枚数が減るから、財布がスッキリ
他のメジャーなゴールドと比べると、若干だが見劣りする印象

みんなの疑問

年間利用額が100万円以下の場合、年会費を抑える方法はありますか?
「マイ・ペイすリボ」を登録・利用すれば、年会費が無料になります。しかし、リボ払いは金利手数料が掛かってしまうため、あまり利用したくないと思っている人も多いはずです。そこで、毎月のリボ払い金額の設定を支払限度額にしておくのがおすすめ。こうすることで、「マイ・ペイすリボ」は初回の金利手数料は掛からないため、実質1回払いとほぼ変わらなくなります。
他県の人が持つメリットはありますか?
但馬銀行をメインバンクにしているなら、問題ありませんが、やはり兵庫県の方が持つのが一番メリットあると思います。

口コミからわかった「カードが向いている人・やめておいたほうがいい人」

こうした口コミから、たんぎんICバンクカードVISAゴールドが向いている人、向いていない人を最後に確認します。

向いている人
  • 但馬銀行をメインバンクにしている人
  • 年会費無料でゴールドカードを持ちたい人
  • 海外・国内旅行に行く人
向いていない人
  • 旅行には興味がない人
  • 但馬銀行が近くにない地域の人
  • 年会費を払うことに抵抗がない人

ゴールドカードプレス編集部の結論

たんぎんICバンクカードVISAゴールドの一番の魅力は、キャッシュサービスと、クレジットサービスの一体型であるということです。

国際ブランドがVISAなので、普段の利用では不便なく、快適なショッピングを楽しむことができます。

海外で役に立つ特典も一通り揃っているのも、おすすめしたいポイントです。

年会費も実質無料にできるので、ゴールドカードデビューの一枚にもおすすめですので、興味を持った方は検討してみてください。

カード基本情報

takuginVISA-gold
国際ブランドVISA
年会費(初年度)10,000円+税(初年度は年会費無料)
家族カード年会費(初年度)無料
利用限度額利用限度額は明記されていない
審査・発行期間審査期間は明記されていない
ポイント付与率1%
ポイント還元率マイ・ペイすリボ利用で最大2%
入会資格20歳以上の安定収入のある人
入会キャンペーンなし

ゴールドカードの記事一覧


ページのトップへ