ゴールドカードのステータスやプラチナカード

ゴールドカードプレス > hikaku > ステータスの高いゴールドカード・プラチナカードはどれ?

ステータスの高いゴールドカード・プラチナカードはどれ?

一昔前よりも多種多様のゴールドカードがある近年では、年会費や審査、付帯サービスの違いなどが複雑化しすぎて、自分に合うカードを選ぶのも難しくなってきっています。

ここではステイタスの高さで選んだ場合のおすすめゴールドカードや、ゴールドカードより更に上のステイタスであるプラチナカード、ブラックカードのメリット・デメリットなどを比較、紹介していきます。

(スポンサードリンク)

ゴールドカードとプラチナカードどっちが上?クレジットカードのステイタスの基本

クレジットカードは、カード発給会社によって様々なランク付けがされており、その代表がゴールド、プラチナ、そしてブラックです。

一般的にゴールド→プラチナ→ブラックの順でステイタスが高いとされており、ステイタスが上がるとともに利用付帯など条件はありますが、年会費や海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険、ショッピング保険、家族特約他の補償内容、付帯サービスの質も向上していきます。

発給会社によって呼び名は代わり、アメックスでは、ゴールド(年会費29,000円税抜き)→プラチナ(年会費130,000円税抜き)→センチュリオン(ブラック)(年会費350,000円税抜き)となっています。

ハイステイタスカードを発給している会社の多くは、ゴールドカードの上位であるプラチナカードを発行しています。また、多くはインビテーション(招待)によってプラチナカードを所有できるので、よりステイタスを求める人は、プラチナカードを目指しましょう。

ステイタスの高いゴールドカードの必要性

例えば「ただ単にゴールドカードを持ちたい!」という理由でゴールドカードを希望するならば、年会費が無料のゴールドカードがお得度は断然高いです。(参考:年会費無料のゴールドカードを徹底比較

ですが、入会審査の基準が低い無料のゴールドカードでは、ゴールドカードを持つことで得られる「ステイタス性」を満足に得られるかというと…分かる人には分かってしまいますよね。

一般的にゴールドカードホルダーというと、それだけで社会やビジネスで信用につながるシーンが多く、ステイタスも得られるというイメージがあります。

その一つがプライオリティパスです。

アメックスなどのハイステイタスカードには、世界中の900以上の空港でラウンジ、VIPラウンジを利用できる会員権が特典として付帯します。

アメックスの場合は、年間10回まで、家族会員などの同伴者は利用料がかかるなどの条件はありますが、海外の空港ラウンジでゆったりとくつろぐひと時は、会社員でも自営業でも会社役員でも、男性・女性を問わず優越感を感じられる点で大きな魅力です。

しかし、低年会費のゴールドカードでは、店舗にて金色のカードで決済することで、さりげなく収入やステイタスをアピールするという効果を満足に得られない場合も考えられます。

恋人とのデートや、ビジネスシーンや「ここぞ!」という時に、クレジットカードでステイタスをアピールするなら、どんなカードが最適なのでしょうか?

ステイタスを認められたいのは日本?海外?

日本国内と海外ではゴールドカードのステイタス事情が若干異なります。

日本国内の場合

この4社であればどこに出しても大丈夫です。施設やお店など、どこで支払いをしても一目置かれるほどのステイタスがあり、自信を持って使えます。

アメックスのプロパーカードは、「勤続年数5年以上、参考年収税込400~500万円程度」と言われており、他社銀行系ゴールドカードよりは若干入会基準が低いです。

ダイナースクラブカードの発行事情は、日本国内で発行されているクレジットカードの中で、もっとも入会基準が高いとされてます。以前は「原則33歳以上、勤続10年以上の役職者または自営10年以上、自家保有」という入会基準が公表されていましたが、現在は「年齢27歳以上」とのみ明記されており、VISAプラチナカードと同等と考えられています。

三井住友VISAゴールドカード、JCBゴールドカードは、「満30歳以上、年収500万円以上、勤続年数5~8年以上」が一つの目安とされています。

海外の場合

認知度が高く、審査基準が厳しいと知られているカードほどステイタス性は高いとみなされます。この2社はチャージカードという一括払い専用カードという点でも、ステイタスの証としてどこの国でも認められます。

アメックスはトラベル&エンターテイメントカードと呼ばれ、レジャーやエンターテイメント系のサービスが充実しています。

対して、ダイナースクラブはその名の通り、ディナーなどの食事やホテル優待サービスに特徴があるブランドで、有名レストランやホテル、高級旅館などで豊富なサービスを受けることができます。

三井住友カードは一流ホテルやそれに類する高級店では知名度も高く、そのホルダーは大切に扱ってもらえるでしょう。またVISAのブランドなので、決済できるお店はアメックスやダイナースよりも格段に多いのも強みです。

JCBはハワイや東南アジア以外では利用できないお店も多く、どちらかというと海外よりも日本国内でステイタス性を発揮するカードと言えます。

アメックスとダイナース、どちらが良いか?

日本国内でも海外でもどちらでも高ステイタスカードとして認められるアメックスとダイナースですが、どちらのカードがより高いステイタスがあると見られているのでしょうか?

年会費やサービスを比較

アメリカンエクスプレスゴールドカードダイナースクラブカード
年会費 29,000円+税(初年度無料)22,000円+税
還元率(最小~最大)0.3%~1.0%0.4%
海外旅行保険最高1億円(自動付帯の場合5,000万円)最高1億円(自動付帯の場合5,000万円)
ショッピング枠利用限度額金額に一律の限度額なし(個別に設定)金額に一律の利用限度額なし(個別に設定)

こうしたハイステイタスカードは、ポイント還元率は低く設定されています。しかし、ポイント還元やコストパフォーマンス(コスパ)以外の満足感を得られるのが、アメックスやダイナースなどハイステイタスカードの特徴です。

ここからは、様々な観点で比較していきましょう。

知名度

どちらもかなりの高いステイタスを誇るクレジットカードですが、知名度の観点で言えば、アメックスゴールドの方が上と言えるでしょう。しかし見方を変えると「一般人が知らない=選ばれし者しか持っていない」ということで、ダイナースの方がホルダーとしての優越感が得られるとも言えます。

わかりやすさ

ゴールドカードという分かりやすさは圧倒的にアメックスです。百人隊が描かれたカード券面のデザインは高い人気を誇ります。クレジットカードに疎い人への影響力はアメックスゴールドの圧勝。

経営者や医師や弁護士、税理士など、地に足のついた士業のユーザーが多いイメージのあるダイナースは、固い業界の人や高収入の年配者を相手にする人にとって、信頼を得るためのツールとして「信用力」獲得につながります。

プラチナ以上カードを比較

アメックス・プラチナとダイナース・プレミアムのサービスや難易度、ステイタスも比較してみましょう。

アメックスには、センチュリオンというプラチナを超えるブランド史上最高位に位置するブラックカードがあります。そのためより上位を目指すなら、アメックスをお勧めします。

アメックスゴールドで最低1年以上の利用実績を積み、プラチナカードのインビテーションを受け利用実績を積み、センチュリオンのインビテーションを受けて、ようやくブラックカードホルダーになれますが、取得難易度は非常に高いです。そのハードルの高さは、会員数が限られているので利用実績をクリアしても会員が誰か退会しないと入会できないといった噂が出るほど。

アメックスのセンチュリオンまでは必要ない、プラチナステイタスで十分という人は、ダイナースを選択してダイナース・プレミアムを目指すのが良いでしょう。

ただし、どちらの国際ブランドも、海外出張などの際の海外利用においては便利に利用可能ですが、日本国内では、JCB加盟店で決済できるとなっていますが、すべてのお店で決済できるというわけではないという欠点があります。というのも、ステイタスが高い=選ばれた人、と見られるので、逆にどこにでもある大衆的なお店では使えないのです。

アメックスやダイナースを保有するなら、念のためほとんどのクレジットカード対応のお店で使える、VISAかMasterCardも持っておくことをおすすめします。

VISAやMASTERのカードもゴールドカードにするなら、無難に使えて信用力も高いのは三井住友カードやメインバンクのゴールドカードでしょう。

ほかにも航空券を良く購入し、飛行機によく乗るなら航空会社系のゴールドカード、宿泊が多いなら高級ホテル系のゴールドカードを選ぶ、というようにライフスタイルに合わせた一枚を持つのもスマートですね。

ハイステイタスカードのメリット・デメリット

日本国内、また海外ハワイやヨーロッパ他主要観光地などでの利用において、それぞれ使い勝手が変わってくるステイタス性の高いカード。

様々なカードのメリット・デメリットをしっかりと見ていきましょう。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールドカード)

まずは、アメックスゴールドから見ていきます。

アメックスゴールドは、海外旅行保険や国内旅行保険など「旅行」の補償内容やサービスは頭一つ抜けている印象です。

(参考:アメックスゴールドカードの全て

世界中の空港で利用できるプライオリティパスが付帯するなど、ゴールドカードらしいサービスを体験するにはうってつけのカードとなっています。

また、各航空会社からもアメックスブランドのカードは発行されているので、本家アメックス(プロパー)だけでなく、他社アメックスにも注目を。

本家アメックスや提携会社から発行されているアメックスゴールドは下記の種類があります。

             
カード名(券面)年会費
(家族カード)
ポイント
還元率
海外旅行
傷害保険
(国内旅行傷害保険)
ショッピング
保険
空港ランジ利用
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
【公式】
29,000円+税
(1枚目は無料。2枚目以降12,000円+税)
0.5%ほどマイルは100円あたり1マイル 最高1億円まで
(最高1億円まで)
最高500万円まで 利用可能
同伴者1名まで無料
ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
【公式】
31,000円+税
(15,500円+税)
0.5%ほど
マイルは100円あたり1マイル
最高1億円まで
(最高1億円まで)
最高500万円まで利用可能
同伴者1名まで無料
デルタ スカイマイルAMEXゴールド・カード
【公式】
26,000円+税
(12,000円+税)
ポイント還元プログラム無し 最高1億円まで
(最高1億円まで)
最高500万円まで 利用可能
同伴者1名まで無料
MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
【公式】
初年度無料
次年度以降1,905円+税
(1枚目は無料・2枚目以降400円+税)
0.5%~1%
(JALマイル還元率0.2%)
最高2,000万円まで
(最高2000万円まで)
最高100万円まで 国内主要空港とホノルル国際空港の専用ラウンジ利用可能(同伴者は有料)
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード(セゾンアメックス)
【公式】
10,000円+税
(カード会員と生計をともにする、18歳以上(高校生を除く)の同性の家族のみ1枚につき1,000円+税)
0.75%~1.08%
(ANAマイル0.45%、JALマイル0.375%)
最高5,000万円まで
(最高5000万円まで)
最高200万円まで プライオリティパスに優遇年会費で申込可能。
国内主要空港とホノルル国際空港の専用ラウンジ利用可能(同伴者は有料)

このように、普段自身が利用するシーンに応じて選べるのがアメックスの嬉しいところ。

提携会社発行のアメリカンエキスプレスカードは、国際ブランドがアメックスというだけで、カードデザインにアメックスらしさをあまり感じられません。

永久不滅ポイントでおなじみのセゾン発行のアメックスに関しては、本家アメックスよりも百人隊が大きく描かれており、アメックスらしさは「より」感じられるでしょう。

提携会社からアメックスのメリットは、提携会社が運営しているポイントサービスを便利に利用することが可能という点です。

しかし、ポイント還元という観点では、セゾン以外に魅力をあまり感じませんよね?

ただ、ANAアメックスなら、100円=1マイルとなるので、ANAカードと同様の還元率になります。ANAを利用することが多い人は、ANAのマイル変換がおすすめです。

また、補償内容では、アメックスとANAアメックスが飛び抜けていますね。しかし、ANAアメックスの方が年会費は高くなっています。

航空券を購入し、国内線、国際線を頻繁に利用するという人は、ANAアメックスのほうがおすすめです。

ANAやスターアライアンス系の航空会社をあまり利用しない、通常のショッピングでマイルを貯めるという陸マイラーの人は、アメックスプロパーの方がおすすめです。貯めたポイントに期限がないためですね。

ダイナースクラブカード(DinersClubCard)

ハイステイタスの代名詞とも言えるダイナースクラブカード。(参考:ダイナースクラブカードの全て

世界で最初に生まれたクレジットカードとして名高く、気高いダイナース。世界唯一のチャージカード(翌月一括払い専用カード)として、世界のステイタスカードとして知られています

他社ゴールドカード並みの補償ではありますが、カード券面のデザインは、シルバーとなっています。

そんなダイナースも、本家ダイナース(プロパー)と共に、提携会社からも多数発行されています。まずは、本家と提携会社のダイナースを比較していきましょう。

カード名(券面)年会費
(家族カード)
ポイント還元率海外旅行障害保険
(国内旅行傷害保険)
ショッピング保険空港ラウンジ利用
ダイナースクラブカード22,000円+税(5,000円+税)0.40%最高1億円(最高1億円)年間500万円限度(利用条件付)利用可能(同伴者有料)
ANAダイナースカード27,000円+税(6,000円+税)0.40%最高1億円(最高1億円)年間500万円限度(利用条件付)利用可能(同伴者有料)
JALダイナースカード28,000円+税(9,000円+税)0.384%最高1億円(最高1億円)年間500万円限度(利用条件付)利用可能(同伴者有料)
デルタ スカイマイルダイナースクラブカード28,000円+税(9,000円+税)100円で1.5マイル最高1億円(最高1億円)年間500万円限度(利用条件付)利用可能(同伴者有料)
MileagePlusダイナースクラブカード28,000円+税(9,000円+税)100円で1マイル最高1億円(最高1億円)年間500万円限度(利用条件付)利用可能(同伴者有料)
銀座ダイナースクラブカード25,000+税(無料)特約店利用で2.0%最高1億円(最高1億円)年間500万円限度(利用条件付)利用可能(同伴者有料)
BMWダイナースカード25,000+税(7,000円+税)BMW正規代理店利用で1.0%最高1億円(最高1億円)年間500万円限度(利用条件付)利用可能(同伴者有料)
ニューオータニクラブダイナースカード22,000円+税(5,000円+税)国内のニューオータニグループホテル利用で5.0%最高1億円(最高1億円)年間500万円限度(利用条件付)利用可能(同伴者有料)
三井住友信託ダイナースクラブカード22,000円+税(5,000円+税)0.40%最高1億円(最高1億円)年間500万円限度(利用条件付)利用可能(同伴者有料)

このように、様々な会社からダイナースは出ていますね。どの会社もダイナースらしいデザインは踏襲している印象です。

どのカードも審査の難易度はほぼ同一。補償内容に関してもさすがダイナース、同一となっています。

その中で、最もステイタスを感じるのは、やはりダイナースのプロパーカードでしょう。それぞれ特約店での割引、利用がお得になったり、マイルが貯まりやすかったりなど特徴がありますが、プロパーのダイナースでもマイルは非常に貯まりやすいです。

上記表の中に、自身が多く利用する航空会社(ANAやJALなど)、BMWなどの自動車メーカー、百貨店、銀行がない場合、プロパーのダイナースクラブカードが最も満足感を得られるでしょう。

ダイナースは一般カードが存在しない?

存在そのものがハイステイタスカードであるダイナース

そんなダイナースは、一般カードが存在しません。最も一般に近いシルバーの券面でさえ、他社カードと比較するとゴールドカード並がそれ以上といえます。この上位にはプレミアムカードというプラチナやブラックに相当するカードが存在するので、ハイステイタスを目指すのであれば是非目指したいところ。

特典やサービス

マイルの貯まりやすさに定評のあるダイナース。特典・サービスもしっかりと見ていきましょう。

まずはクラブラウンジ。一般的なゴールドカード付帯のラウンジとは一線を画すラウンジとなっています。ダイナースクラブインターナショナルが提供するグローバルな会員向け空港ラウンジサービスで、国内外の600を越える空港に設置されています。

これだけの数の空港ラウンジ利用を、このカード1枚だけで(他社はプライオリティパスが必要)提供しているカード発行会社は他にありません

また、「ダイナースクラブ」の名前に由来する「ディナー」に込めた思いに賛同した多くの店舗がおもてなしの心を表す会員限定プログラム「おもてなしプラン」。

シェフのこだわり光る料理や心を込めて用意するその店ならではのおもてなし。日本全国で様々な高級料亭やレストランなどが賛同しており、ウエルカムドリンクやサービス、コース料理やお土産など上質なサービスが満載となっています。

さらにハイステイタスな人物はゴルフを嗜むもの。ダイナースはゴルフに関する優待も優れています。

名門ゴルフ条の予約代行やプライベートレッスン優待、ゴルフクラブのフィッティング優待、練習場優待などゴルフ全般の優待に優れています。さらに、オンラインゴルフ場予約サービスを利用すると、ボーナスポイントも貯まるのです。

ゴルフのプレイ中のケガに対する保険もオプションとして用意されているので、ゴルフが好きな人は注目したいポイントです。

専用デスクへの電話1本でゴルフ場を予約してくれるなど、本当に手厚く、自分のグレードが上がった、富裕層になったと錯覚されてくれるようなサービスと安心感を受けられます。

ダイナースのデメリット

ヨーロッパでは利用できる店舗は少なめという印象。全く利用できないわけではないですが、VISAやMasterCardも合わせて持っていくことがおすすめです。

状況は日本と似ており、VISA・MasterCardのみしか利用できないという店舗も多いので、ヨーロッパなど海外によく行く人は、VISAorMasterCard+ダイナースクラブカードがベストだと言えそうです。

詳しくはダイナースクラブカードの全てを御覧ください

VISAかMasterCardなら、これから紹介する三井住友がおすすめです。

三井住友VISAゴールドカード

日本を代表すると言っても過言ではない、三井住友VISAゴールドカード。シンプルながらも上質なそのカードデザインは、多くの人からステイタスがある、と認められるほど。

そんな三井住友VISAゴールドカードは、ここで紹介しているハイステイタスカードの中で、最も少ない年会費で持つことが可能なコストパフォーマンスの高いゴールドカードです。

なんと年会費の割引などを最大限活用することで、わずか4000円(税抜き)で持つことができるのです。

マイ・ペイすリボ活用で年会費4000円に

通常年会費10,000円と、ここまで紹介した他のゴールドカードと比較すると、決して高くはありませんが、毎年1万円を払い続けると考えると、高く感じるゴールドカード。

しかし、60%OFFにする裏技があるとしたらどうでしょうか?

わずか4000円で持つことができるのなら、コスパの高い、お得なゴールドカードになってしまうのです。

まずは、マイ・ペイすリボ(リボルビング払い)に登録します。この自動リボ払いを設定することで、年会費が半額(5000円)になるのです。

しかし、リボ払いは手数料や利息が高いイメージが…。

これは、リボの月々の支払額を限度額と同じにしておくことで、1回払いと変わらず利用することが可能です。

マイ・ペイすリボに登録していても、支払い時に分割払いやボーナス一括払いを選択することで、すべてが自動的にリボ払いになるわけではありません。

また、明細をWEB明細書にすることで1000円引きになります。

特典豊富な三井住友VISAゴールドカードは、たったこれだけで大変オトクに利用することができちゃいます。

特典・サービス

VISAとMasterCardの2国際ブランドから選択できるので、決済の使い勝手が抜群の三井住友ゴールドカード。ポストペイ(後払い)型の電子マネーiD一体型のカードなので、コンビニなどサッと決済を済ませたいシーンでも、スムーズに会計をすることが可能です。

では、どのような特典やサービスがあるのでしょうか?ここからは特典やサービスを見ていきましょう。

ゴールドカード専用のゴールドデスクというのが設けられており、カードやサービスに関するインフォメーションとなっています。

クラシックカード(一般)と同様のサービスですが、ゴールドカード専用の電話窓口となっているので、一般カードと比べると遥かに電話がつながりやすくなっています。

また、日本国内28空港のラウンジを利用可能となっています。国内での移動、海外出張の出発の時には利用したいですね。カード会員本人は無料、同伴者は有料となっているので注意が必要です。

さらに、急病やケガ、病院に行くほどなのかな?と悩む体の不調を相談できるドクターコール24にも注目を。医療・ストレス・健康不安について医師や看護師、保健師などの専門スタッフに24時間相談可能となっています。救急車を呼ぶほどではないシーンなどでは是非活用したいところです。24時間、365日利用でき、相談は無料となっています。

旅行で贅沢な気分を味わいたいときに使えるサービスもあります。高級ホテル予約サイト「Relux」で予約をするとなんと利用料金が3000円引きに。

4000円の年会費で、ゴールドカードらしいサービスが満載なら、持っておいて損はないカードといえるでしょう。

三井住友VISAゴールドカードのデメリット

少ないながらもデメリットは存在します。

最も大きなデメリットは、ステイタス性と言えるでしょう。

年会費4000円で持てるというのは広く、多くの人が知るテクニックとなっています。

その為、アメックスやダイナースと比べるとステイタス性は一段落ちる印象を抱かれてしまいます。これは、所有者が多いという点にも起因するでしょう。

完璧なステイタスを求める人は、アメックスやダイナースがおすすめです。

結論:ステイタスはダイナース≧アメックス>三井住友ゴールド

様々な口コミを見てみると、ダイナースの審査通過は格別の喜びを感じる人が多い印象です。

ダイナースとアメックスの審査難易度は、ほぼ同じだと見られていますが、やはりダイナースの方がやや難しいようです。

それぞれのカード会社で審査のスコアリング(属性の点数付け)が異なるので、一概に比較はできません。しかし、大きな喜びを感じるのはダイナースだと言えそうです。

ダイナースとアメックスは用途に応じて、選択しましょう。よりハイクラスな生活を目指すならダイナース、旅ならアメックスというように。

まずはゴールドカードデビューしたい!という方は、三井住友ゴールドカードからデビューがお勧め。年間の維持費が少ないのはやはり魅力的です。

付帯するサービスは、それぞれのカード会社でよく練られたもの。

一長一短はありますが、どのカードもステイタス性は抜群ですので、最後にはカード券面のデザインで選んでも良いかも?

自分自身の利用方法に合ったゴールドカードを選びましょう!

スポンサードリンク

ゴールドカードの知恵袋

ゴールドカードの記事一覧


ページのトップへ