自営業のクレジットカード審査

ゴールドカードプレス > クレジットカード審査 > 自営業やフリーランスなど、個人事業主がカード審査に通るには?

自営業やフリーランスなど、個人事業主がカード審査に通るには?

(スポンサードリンク)

自営業でクレジットカードも持ちたいと思っている人、けっこういると思います。

でも、自営だと審査に通りにくいという話をよく聞くので、審査に通るかどうか不安もありますよね。

ここでは自営業、自由業、フリーランスなど個人事業主のクレジットカード審査についてまとめました。

自営業はなぜ審査に通りにくい?

そもそも、自営業だから審査に通りにくいわけではないんです。

審査に落ちる人の多くが職業を自営業と名乗って申告するため、カード会社も自営業と言っている人に対して慎重になってしまうんですね。

自営業と申告している人の中には、厳密には自由業だったり、無職なのに自営業と名乗っている場合も。

自営業と自由業の違いは?

嘘の申告はもってのほかですが、自営業と自由業は違いが分かりにくいですね。

簡単に言うと、自営業は自分で経営をしていること、自由業は専門的な技能で収入を得ている場合を指します。

店舗を持って商売をしている場合は分かりやすいですが、大工や農業経営も自営業になります。

一方の自由業として分かりやすい職業は、医者、弁護士、俳優、写真家、作家など。

個人や団体に所属せずに、個人で仕事をしている形になります。

とはいえ、これらの定義もあいまいな点が多く、はっきり区別するのは難しいことも。実際、自営業と自由業は一括りにされることが多いです。

収入を証明できないと、審査は通らない!?

例えば株のトレーダーやネットワークビジネス(MLM)、インターネット販売などで生活している人は、稼いでいてもその収入を証明する手段がありません。

かなりの額の収入があったとしても、収入を証明することができないと審査に通るのが難しくなります。

収入が不安定だと審査に落ちる可能性大!

自営業は会社員や公務員と比べると安定した収入が難しいので、どうしても審査に通りにくくなってしまいます。

例えばお店を経営していると、時期などによって売り上げにバラつきが出るもの。

となると、年収がサラリーマンより多かったとしても、安定した収入という条件でひっかかってしまうんですね。

ほかにも、税金対策として確定申告を赤字決算している場合や、土地や建物など資産があるのに収入が低く、審査に落ちてしまう人もいます。

自営業者が審査に通るコツ

最初にも書きましたが、“自営業=審査に通らない”のではありません。以下のポイントをおされば、審査に取る可能性もアップします。

開業届を出し、確定申告をする

自営業の人は、税務署に開業届を出してない人も多いんじゃないでしょうか。

開業届を出すと、確定申告をして税金を納める必要が出てきます。

それが嫌で届を出さない人もいますが、逆に言えば確定申告をして収入証明書をする、という機会を拒否してることになってしまうんです。

それじゃあカードの審査も通らないですよね。

開業届を出すことで、初めて社会的にも個人事業主として認められます。

社会的信用を得るためにも、きちんと届けを出しましょう。

開業から1年はカード申し込みを我慢

開業届を出しても、確定申告金額がすぐに1年分の営業収入にはなりません。

最低1年は待って、年収がいくらになるか見えてきたところで申告した方がいいでしょう。

また申し込み時に申告する勤務年数も、自営業者は営業年数を書くことになります。

会社員の勤務年数と同様に営業年数の長い方が良い属性となることも覚えておきましょう。

薄利でも経営を安定させる

クレジットカードの審査における最重要ポイントは安定収入。

ですから、収入が少なくてもいいので、開業1年の間に確実に収入を得られるようにしておきましょう。

自営業者におすすめカード

自営業者がカード持つ時、個人として使用する場合と仕事の経費を払う時に使う場合を考える必要があります。

ここでは、個人で使う場合と事業で使う場合に分けて、おすすめのカードを紹介します。

個人で使用する場合におすすめのクレジットカード

  • 楽天カード
  • ライフカード
  • アメックス

は自営業者でも比較的審査に通りやすいカード。

楽天カードは年会費無料で知名度抜群のカードですが、、審査のハードルが低いことでも人気です。

ポイント還元率が高いのもウリの一つで、楽天カードを使って買い物をすれば、どこで使ってもポイントが付き、ポイントの使い勝手も抜群。

セキュリティシステムもきちんとしているので、初めてカードを持つ人にもおすすめです。

ライフカードも年会費無料として知られます。

こちらもポイントの貯めやすさ&使いやすさが人気で、なかでも誕生月はポイントが5倍になるのが魅力。

入会1年目はポイントが1.5倍、利用額に応じてポイントがアップするステージ制を導入しており、利用するほどお得。

アメックスは一見ハードルが髙いようにも思われますが、外資系のカードは個人事業主でも審査に対して前向きなのです。

年会費がほかのクレジットカードより高いのはデメリットではありますが、ステータス性が高いので、周りに与える印象がアップするというメリットはあります。

事業目的で使用する場合におすすめのクレジットカード

実は私たちが使っている個人向けのクレジットカードは、厳密にいうと事業の経費の支払いには使えません。

ですが、ビジネス関連の支出専用の法人向けカードというのがあります。

最近は法人格のない個人事業主でも法人カードが作れるようになってきました。

経費をカードで支払うことが多い人は、法人カードも考慮に入れておくといいですね

おすすめは

  • オリコEX Gold For Biz
  • ライフビジネスカード
  • アメックスビジネスゴールド

の3つ。

オリコEX Gold For Bizは年会費が初年度無料、2年目以降も2000円(税別)。

法人代表者だけでなく、個人事業主も申し込みができます。

電子マネーのiDとQUICPayが内蔵されているので、コンビニなどでのちょっとした支払いにも気軽に使えます。

ライフビジネスカードも法人または個人事業主が対象になります。

ゴールドとスタンダードの2種類があり、スタンダードの方は年会費が永久無料なので、ビジネスカードを使ってみたい人が気軽にチャレンジできますね。ゴールドも初年度は無料で2年目以降2,000円(税別)と比較的手軽です。

ほかにもETCカードの発行手数料と年会費も無料なので、仕事で車を使う人にオススメ。

アメックスビジネスゴールドはハードルは上がりますが、ステータス感はばっちり。稼ぎに自信のある方にはこれがおすすめです。

年会費は26,000円(税別)かかりますが、ステータスだけでなく、管理レポートなどサービスの充実度もダントツ。

アメックスの独自審査なので、経営者属性は発行されやすいです。

(カコミ)豆知識

事業用の決済をクレジットカードで行った場合

クレジットカード決済した経費は、個人用のカード(引き落とし口座が個人用に開設したもの)で払った場合と事業専用のクレジットカード(引き落とし口座が事業用に開設したもの)を使った場合とでは、帳簿をつける時に仕訳の勘定科目が違ってきます。

個人用のカードの場合は「事業主借」という科目で行います。一方の事業用カードは「未払金」という科目を使います。

カードの明細書は基本的には領収書にならないので、必ずレシートや領収書を受け取るようにしましょう。

ですが、ネットで買い物をした場合は領収書をもらうのが難しかったりするので、利用明細書や通帳の引き落とし履歴など、支払いの履歴が分かるようにしておきましょう。

また、クラウド会計ソフトと連動させると経費処理も一目瞭然で分かりやすいですね。

まとめ

自営業者でも、カード審査のポイントになるのは安定収入があるかどうか。

事業が赤字でもカードが発行されるケースはありますが、可能であれば、3~5年以上の営業歴、年収200万円以上のラインを越えていたほうが審査にパスする確率はアップしますです。

他の職業の方とも共通ですが、むやみやたらに申し込みをしないことも大切です。多重申し込みは落ちる要因になるので、もし審査に落ちた場合は半年待ちましょう。

無職の方で自営業と嘘をついて申し込みしようと思っている方は、派遣登録し、派遣社員として申し込みすることも検討してみては?

ただし、その場合も仕事を始めてから安定収入が証明できるように1年は申し込みを待ちましょう。

もし事業資金が足りなくてカードを作ろうとしているなら、日本政策公庫に融資を申し込むという方法もあります。

スポンサードリンク

ゴールドカードの知恵袋

ゴールドカードの記事一覧


ページのトップへ