三井住友プラチナカード

三井住友プラチナカードの全て

カードの種類 銀行系
ランク プラチナ
タイプ ステータス
国際ブランド VISA MasterCard
年会費 50,000円+税
(スポンサードリンク)
カードの3つのポイント
  • 新規申し込みでも入手可能なステータスカード
  • 旅行時にも安心の、最高1億円の旅行傷害保険
  • プラチナカードだからこその充実した優待特典

三井住友プラチナカードは、どんなカードなの?

三井住友プラチナカードは三井住友カード株式会社が発行するクレジットカードの中で最高ランクのカードで、高いステータスと充実した優待特典が魅力のクレジットカードです。

年会費は比較的高めですが、優待特典を活用すれば、決して高いとは感じないほどです。

また、付帯している旅行保険が手厚い内容になっており、空港ラウンジも利用できるため、旅行が好きな人にもおすすめのカードです。

新規申し込みでも入手可能なステータスカード

昔はインビテーションでしか入手ができないカードでしたが、今では新規の申し込みでも発行できるようになりました。

なので条件さえ満たすことができれば、短時間でプラチナカードを手に入れることができますよ。よく比較対象になるJCBの「THE CLASS」の場合はゴールドカードで3年近く利用してやっと手に入ることを考えれば、驚きの速さですよね。

詳しくは後ほど説明しますが、短期間で手に入るとはいえ、三井住友プラチナカードは審査が非常に厳しいので、持っている人には、それ相応のステータスになります。

旅行時にも安心の、最高1億円の旅行傷害保険

普段の買い物はもちろんとして、旅行時でもサーポートしてくれるのが三井住友プラチナカード。

旅行の時に万が一何かあった場合でも頼りになる、手厚い補償内容を紹介していきます。

海外旅行保険は自動付帯となっており、死亡・後遺障害で最高1億円、障害治療費500万円、賠償責任1億円と手厚く補償してくれます。自分だけではなく、家族特約もついているのが嬉しいですよね。

もちろん国内旅行もしっかりと補償

国内旅行も自動付帯で、死亡・後遺障害が最高1億円、入院日額5,000円(フランチャイズ7日)、通院日額2,000円(フランチャイズ7日)と国内旅行でもしっかりと補償してくれます。

三井住友プラチナカードで決済した商品に対しては、ショッピング保険もついており最高500万円、補償期間90日までついてくるのです。

これだけ補償されれば、安心して旅行を満喫するとこができますね。

保険以外にも旅行で使える特典が多く存在しますので、旅行や出張が多い人には、ぜひともおすすめしたい一枚です。

プラチナカードだからこその充実した優待特典

ステータス・国際性・先進性の三拍子が揃っていると言える三井住友プラチナカード。

最上級のカードだからこそできる、充実のサービスと、細やかなホスピタリティを紹介していきます。

国内一流レストランのグルメクーポンや、コンシュルジュサービスなどのVISAプラチナ会員しか受けられない、ハイクラスのサービス。

海外でも使える、そのサービスの数々は、このカードの良さをより一層引き出してくれます。

VISAプラチナサービス一覧
  • VISAプラチナトラベル(国内・国外)
  • VISAプラチナ空港宅配
  • VISA海外Wi-Fiレンタル
  • VISAプラチナホテルズ
  • VISAプラチナグルメクーポン
  • VISAプラチナ・コンシュルジュ・センター
その他にもVISA会員の特典はこんなにあります
  • ANA国内線・国際線機内販売10%引き
  • 港内店舗「ANA FESTA」で10%引き
  • ANA国内ツアー(ANAスカイホリデー)、ANA海外ツアー(ANAハローツアー)ツアー商品5%引き
  • ANAカード会員専用の割引運賃「ビジネスきっぷ」が利用可能
  • 成田空港でのパーキング割引
  • 国内でのニッポンレンタカー、トヨタレンタカー、オリックスレンタカーが5%割引
  • 海外でのハーツレンタカーを5~20%割引
  • 家族のマイルを合算できるANAカードファミリーマイル
  • IHG・ANA・ホテルズグループジャパン宿泊割引サービス
  • ショッピングサイト「ANAショッピング astyle」で5%引き
  • ANAビジネスソリューション公開講座 受講料15%引き

これだけの特典があれば、旅先での相談や、ホテルやレストランの手配までカバーしてくれるので、ワンランク上の旅を満喫できるでしょう。

三井住友プラチナカードの進化:一般⇒ゴールド⇒プラチナ

三井住友プラチナカードの進化過程

三井住友プラチナカードは、一般カードに分類されるカードです。三井住友VISAカードの中では最高ランクのカードになります。その下には一般とゴールドが存在しています。

ここからは3種類の三井住友VISAカードを見ていきましょう。

一般
smbc-classic

無料 次年度も無料(「マイ・ペイすリボ」の登録と前年1回以上のカード利用が条件)  海外旅行傷害保険:最高2,000万円

ゴールド
smbc

年会費:10,000円+税 旅行傷害保険:海外→最高1億円、国内→最高5,000万円、空港ラウンジサービスやグルメ優待など、ゴールドカードらしいサービス

プレミア
smbc-platinum

年会費:50,000円+税 旅行傷害保険:海外・国内共に最高1億円、最上級のカードの名に恥じない、ステータス・国際性・先進性・サービスを備えている

三井住友プラチナカードの審査を攻略するポイント

三井住友プラチナカードの審査の基本情報は以下のようになります。

申し込み条件30歳以上で安定収入のある人、インビテーションでの入会もある
審査にかかる日数最短3営業日
発行にかかる日数最短3営業日

審査攻略のポイント

三井住友プラチナカードを手に入れる方法は2種類あります。それは新規申し込みか、インビテーションです。

インビテーションは言うまでもなく、三井住友ゴールドカードで修行を積むことが重要です。インビテーションが届いた場合は、よほどのことがなければ審査は通るようなので、堅実な方法といえるでしょう。

そして、もう一つの方法が、新規申し込みです。プラチナカードでは珍しく新規申し込みができる反面、審査がとても厳しいというデメリットがあります。

ここでは新規申し込みにスポットを当てて説明していきます。

三井住友プラチナカード攻略のポイント
  • 勤続年数の長さと、社会的地位
  • 年収が高く、安定していること
  • 一軒家を持っていること

明確な審査基準は明かされていませんが、上記3点を抑えていると審査に有利です。

三井住友プラチナカードの利用限度額は最低でも300万円からなので、そこから考えると年収は500万円でも厳しいようで、1,000万円近く必要だとも言われているくらいです。

部長や社長のように社会的地位が高いことも求められ、勤続年数も長いほうが信頼されやすいです。また、自営業の人には厳しめになるようです。

インビテーションの説明とも重複しますが、実績を積んでおくことも何もないよりは有利になるようです。

これは絶対の条件ではないですが、一軒家を所有していると、しっかりとした収入がある人だと判断され審査を通りやすくなるようです。

三井住友プラチナカードの口コミ体験談

高いステータス性と充実の優待特典が魅力の三井住友プラチナカード。

ここからは、決算の使い勝手と共に付帯するサービスをじっくり見ていきましょう。

決済の使い勝手

国際ブランドはVISAとMasterCardから選べますので、どちらも対応店舗が多く、使い勝手はかなり良いです。

タッチしただけで決済ができる、後払い式の「iD」も使えるので、コンビニなどの少額の会計でもスムーズにできるのもポイントですね。

高額の決済にも対応

三井住友プラチナカードは利用限度額が最低でも300万からなので高額の買い物にも対応できます。最高額は利用状況や支払実績により判断される為、いくらでも上げられるという訳ではありません。

この一枚があれば少額から高額の決済まで幅広く使えるので、手放せないカードです。

特典・サービスについて

VISAのお得な優待特典を最大限に利用できるのが魅力でもある、三井住友プラチナカード。ここからは特典やサービスについて見ていきましょう。

利用額に応じてもらえるVISAギフトカード

三井住友プラチナカードは6ヶ月毎の利用額の0.5%分のVISAのギフトカードをもらうことができます。ポイントとは全く別にプレゼントされるので、実質の還元率はなかなか高めとも言えるでしょう。

このカードを持てるくらいの人であれば、それなりの利用額になることでしょうから、ちょっとしたボーナスをもらった気分になりますね。

毎月の支払いだけでも、結構な金額になるから、この特典は嬉しい。
プライオリティパスの無料付帯

世界中の空港のラウンジが使えるようになる、プライオリティパスを無料で登録できます。

旅行が多い人ならこの特典だけで、年会費のもとが取れるくらいのサービスです。

国内の主要空港28ヶ所のラウンジの利用無料はもともと付帯されていますが、これがあれば世界120カ国900ヶ所以上の空港で使えるので、乗り継ぎまでの空いた時間を、ドリンクや軽食を楽しみながら過ごせたら、とても嬉しいことですよね。

プライオリティパスがあると、旅行の満足感がより高まりますよ。

みんなの印象

見た目も高級感があって素敵です
インビテーション制だったころよりは手軽なカードになった印象
これだけの特典が付与していれば、この年会費でも、お得に感じる

みんなの疑問

年会費を割引する方法はありますか?
ゴールドカードまでは方法はありましたが、プラチナカードにはWEB明細利用で1,080円割引になるくらいしかありません。しかし、年会費以上の恩恵を受けられる内容なので決して高いとは感じないはずですよ。
このカードでしか受けられないサービスはありますか?
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでの特別優待があります。同伴者4名まで対応できる「アトラクション優先入場券」を一日一枚もらえますよ。

口コミからわかった「カードが向いている人・やめておいたほうがいい人」

こうした口コミから、三井住友プラチナカードが向いている人、向いていない人を最後に確認します。

向いている人
  • 短期間でステータスカードが欲しい人
  • 国内・海外共に旅行を楽しみたい人
  • 豊富な優待を活用して、お得な生活をしたい人
向いていない人
  • 高額決済をする予定のない人
  • ステータスを必要としない人
  • 年会費を払いたくない人

ゴールドカードプレス編集部の結論

三井住友プラチナカードの一番の魅力は、高いステータスと豊富な優待特典だと言えます。

国際ブランドも対応している店舗が多いので、どんな場面でも使いやすい便利なカード。

ステータスが必要ないと思っている人でも、満足できるくらいのお得な特典が盛り沢山ですので、コストパフォーマンスを重視している人も一度検討してみてはいかがでしょうか。

カード基本情報

smbc-platinum
国際ブランドVISA MasterCard
年会費(初年度)50,000円+税
家族カード年会費(初年度)無料
利用限度額300万円〜
審査・発行期間最短3営業日
ポイント付与率0.5%
ポイント還元率0.5%
入会資格30歳以上で安定収入のある人
入会キャンペーンなし

スポンサードリンク

ゴールドカードの知恵袋

ゴールドカードの記事一覧


ページのトップへ