三井住友ゴールドカード

三井住友ゴールドカードの全て

カードの種類 銀行系
ランク ゴールド
タイプ ステータス
国際ブランド VISA、マスターカード
年会費 10800円(オンラインで入会申し込みの場合は初年度年会費無料)
(スポンサードリンク)
カードの3つのポイント
  • インターネット入会で初年度年会費無料
  • 国内/海外旅行保険、ショッピング保険など充実
  • 空港ラウンジサービスあり(全国主要空港)

三井住友ゴールドカードの特徴

三井住友カード株式会社が発行するクレジットカードで、ステータス性が高く、安定したセキュリティのため、原則30歳以上の人しか持てません。日本では代表的とも言える人気のゴールドカードになっております。

サービス内容は空港ラウンジや付帯保険が充実しているのはもちろんなのですが、年会費の割引を最大限に活用すれば4,000円で持つことができ、年会費とサービス内容のバランスを考えると、コストパフォーマンスが非常に高いカードと言えるでしょう。

インターネット入会で初年度年会費無料

ネット上でお申込み情報のご入力にかかる時間は約10分で、審査が通り早ければ3日営業日でカードが届きます。さらにキャンペーンの際に入会すると、8000円のキャッシュバックなどがあるので、お得な時期を見極めましょう。

国内/海外旅行保険が自動付帯、ショッピング保険など充実

海外旅行保険自動付帯は最高1,000万円
利用付帯は最高4,000万円
国内旅行保険旅行保険自動付帯は最高1,000万円
利用付帯は最高4,000万円
ショッピング保険最高300万円(補償期間90日)

海外旅行傷害保険は、自動付帯は最高1,000万円、利用付帯は最高4,000万円で自動付帯と利用付帯の枠がそれぞれあります。さらに、家族特約が自動付帯します。国内旅行傷害保険も、自動付帯と利用付帯の枠がそれぞれあり、自動付帯は最高1,000万円、利用付帯は最高4,000万円の、合計最高5,000万円です。またショッピング保険は、最高300万円で補償期間90日です。

海外・国内や、支払い方法等の条件など問わずに適用されることがうれしいですね。

空港ラウンジサービスあり(全国主要空港)

国内主要空港でラウンジが無料で利用可能。出発前のひとときを快適に過ごすことができます。

宿泊予約サイトreluxを優待料金で利用可能

一流旅館・ホテルのみ利用可能な宿泊予約サービスreluxを3000円引きで利用することができます。

三井住友ゴールドカードの年会費を4,000円(60%OFF)にする方法

通常年会費10,000円+税と決して安いと言えない本カード。

年会費4,000円+税で持てるとしたら、かなりお得ではないでしょうか?

マイ・ペイすリボ(リボルビング払い)登録で年会費が半額(5000円+税)に!

三井住友ゴールドカードでカードの支払い方法を自動リボ(マイ・ペイすリボ)に設定することが可能です。

リボ払いにすると手数料が…と心配になりますよね?

リボの月々の支払額を限度額と同じにしておくことで、1回払いと変わらないという設定にすることが可能です。

例えばショッピング枠が150万円なら、リボの支払額を150万円に設定という感じですね。

この設定を行うことで、年会費が10,000円+税から5,000円+税に引き下げることができます。

登録後も通常の分割払い・ボーナス払いは可能

自動リボにすることで、分割払いができないと不安になりませんか?

自動リボに登録していても、支払い時に分割払いやボーナス一括払いを指定することで、自動的にリボ払いになることはありません。

翌月一括で払えないような大きなものを買う場合は、安心して分割やボーナス一括払いを利用しましょう!

WEB明細書にすると1,000円引きに!

年会費が半額になるマイ・ペイすリボの登録。さらにそこから1,000円割引することができるのです。

その方法は、毎月の利用明細をWEBのみにするだけ。

たったそれだけで年会費が1,000円割引になっちゃうんです!

マイ・ペイすリボ登録、そしてWEB明細書に変更するだけで年会費が4,000円+税になります。

様々な特典が豊富で、日々を豊かに過ごすことができる三井住友ゴールドカードなので、少しでもお得に利用しましょう!

三井住友VISAゴールドカードの進化

一般⇒ゴールド⇒プラチナカード

進化過程

一般

年会費:無料 次年度も無料(「マイ・ペイすリボ」登録 & 前年1回以上のカード利用で) 旅行障害保険:最高2000万円(海外)

ゴールド

年会費:10800円 旅行障害保険:最高1億円(海外)、最高5000万円(国内) 空港ラウンジサービスやグルメ優待サービス等、ゴールドカードならではのサービス

プラチナカード

年会費:52500円 旅行障害保険:最高1億円(海外・国内) ステイタス・国際性・先進性。これらを備えた最上級のカード

三井住友VISAゴールドカードの審査を攻略するポイント

三井住友VISAゴールドカードの審査の基本情報は以下のようになります。

申し込み条件原則として満30歳以上で、本人に安定継続収入のある人
審査にかかる日数申し込みから最短数時間〜3日ほど
発行にかかる日数審査完了から最短3日程度

審査攻略のポイント

三井住友VISAゴールドカードは、三井住友VISAカードの上位カードに位置づけられるため、クラシックやクラシックカードAなど他の発行カードと比較すると審査難易度は高いでしょう。

また、自社のカードを利用してきている人を優遇する傾向にあり、これまで三井住友VISAカードを利用したことのないという人は取得難易度が一気に上がってしまうカードです。自社利用実績重視の傾向があるので、これまでに三井住友VISAカードを利用したことのない、という人は収入や職業面で有利でない限り、クラシックカードから始めることをおすすめします。

まだ20代の場合は、三井住友VISAプライムゴールドを取得することが最も簡単に三井住友VISAゴールドカードを取得できます。20代は三井住友VISAプライムゴールドカードを取得しましょう。

三井住友VISAプライムゴールドをもっと詳しく

三井住友VISAゴールド
  • 三井住友VISAカードの利用実績をつもう
  • 目安は年収400万円以上・勤続5年以上
  • 他社からの借り入れなどで延滞・遅延は禁物

上でも述べましたが、利用実績を重視する傾向にあります。そのため、まずはクラシックカードなどで利用実績を積みましょう。年間の利用額が20〜100万円ほどになるとインビテーションが届くこともあるようです。また近年ではiDに力を入れているため、iDを多用することでインビテーションが届きやすくなるようです。

年収や勤務年数の目安は400万円以上・5年以上です。もちろんそれ以下の年収や勤続年数でも通過する場合もありますが、安心して通過できるのは上記ラインだと言えそうです。最も安心できるのは年収500万円以上・勤続年数10年以上でしょう。400万円・5年以上を満たしている方は、まずトライしてみても良いですね。

銀行系のカードなので、他社からの借入状況や支払いの遅延・延滞等の情報は厳しく見られます。申込時には借入状況などは正直に書きましょう。過少申告などを行っても信用情報機関に問い合わせることですぐにバレてしまいます。過少申告を行ったことで、信用できないなとカード会社に判断されることは不利です。なので、申込時はしっかりと偽りなく資産状況等を入力しましょう。

日本でゴールドカードといえば、三井住友VISAゴールドカードのイメージがある人も多いはずです。しかし、審査難易度が高いと言っても決して通らないカードであると言えます。不安な場合はクラシックカードから利用実績を積んで、条件を満たしていそうならすぐにゴールドカードに申し込みを行ってみましょう!

評判は?三井住友VISAゴールドカードの口コミ体験談

日本最大のVISA発行会社は三井住友であり、その中で最も伝統と歴史のあるスタンダードなカードである事を考えれば、日本で発行されているVISAゴールドカードの中で、最もステータスのあるカードと評価できます。
当たり障りのない、普通のゴールドカードです。VISAなので使えないお店も少ないし、マイルを貯めない方なら維持費も安くて良いと思います。
嬉しいことに、年会費はマイペイすリボとWEB明細で4000円ちょっとです。 公共料金はもちろんコンビニやスーパーでもカードで支払うので、この年会費はポイント還元でカバーできています。

年収や年齢、勤続年数など様々な条件がある三井住友VISAゴールドカードですが、厳しい審査を乗り越えると、年会費以上のメリットを感じられます。

ここからは利用シーン毎の利便性や使い勝手などをチェックしていきましょう。

決済の使い勝手

三井住友VISAゴールドカードとカード名にVISAが入っていても、国際ブランドとしてMasterCardを選択できるのが特徴の同カード。

VISA、MasterCardは、日本国内の加盟店数がほぼ一緒で、クレジットカードを利用できるお店ではほとんど利用することが可能です。

JCBしか使えないお店というのは、今ほとんどないので、どこでも使えて安心!海外でも大体使えたので1枚は持っておきたいカードです
日々の利用

日々の利用で圧倒的に便利なのがiD一体型の三井住友VISAゴールドカード。いわゆるポストペイ(後払い)型の電子マネーで、事前にチャージをしていなくても、クレジットカード料金と一緒に支払えるのが特徴です。

量販店やコンビニ、自動販売機に至るまでiDに続々対応してきており、クレジットカードの決済にもかかわらず店員にカードを渡さずとも決済を行える点が最大のメリットといえるでしょう。

レジが混んでいて、クレジットカードを出すことがためらわれる場所での使用も、他の電子マネーと変わらぬスピードで決済を行えるので、買い物が非常にスムーズになります。

マクドナルドは、クレジットカードが利用できませんが、iDは利用できました!クレジットカードが利用できなくても、iDが使えるお店もあるのが嬉しいです
高額利用

厳しい審査を通らなければ持つことができない本カードは、ショッピング枠が小さくても100万円程度、大きければ200万円と枠が大きいのが特徴です。

引っ越しや新居の契約など、高額決済も安心できますね。

カードの不正利用などは、「VpassID安心サービス」が付帯しています。万が一不正利用が合った場合は、届出日から60日前に遡って保証されます。大きい枠だからこそ、不正利用が合ったときに気が付きにくいもの。こういった補償は安心材料と言えます。

海外利用

国内はもちろん、海外でも数多の加盟店で利用できる本カード。多くのカードに設定されている海外利用でポイント2倍といった特典はありません。しかしながら、海外で購入した商品に対してもお買物安心保険(動産総合保険)は適用になるので、ある程度高価なものは積極的にカードを利用していきましょう。日本国内と同様にVISAやMasterCardは大体のお店で利用することが可能です。

海外でカードを紛失した時も24時間対応してくれる窓口は非常に嬉しいです!海外で利用する際のおすすめは、顔写真入りカード。普通のカードから顔写真入りのカードに切り替えられるので海外利用をする際には持っておきたいですね。パスポートと同様に個人を特定しやすいカードになるので、安心感がぐっと増します!

特典・サービスについて

年会費に見合うの…?初めてのゴールドカードだったり、初めての年会費のかかるカードだったりという人は疑問に思うのではないでしょうか?

しっかりとサービスを利用すれば、年会費以上の満足感が得られます!

ゴールドデスク

ゴールド会員(VISA・MasterCard両会員)は、専用のゴールドデスクを利用できます。カードやサービスに関するインフォメーションとなっています。こちらで利用できるサービスは、クラシックカードと同様ですが、専用デスクのため電話がつながりやすいというのが特徴です。

アメックスやダイナースのようなコンシェルジュサービスはプラチナからなんですね…。カードを使った楽しみを味わいたいので、プラチナを目指していきます!
空港ラウンジ

出発前のひと時をゆっくり過ごすことができる空港ラウンジ。ゴールドカードを持つと、真っ先に利用したいサービスの一つといえるでしょう。

国内28空港で利用可能なので、国内の移動の際、そして海外へ出発の際には利用したいですね。カード会員のみ無料となっており、同伴者は有料となっています。

初めてのラウンジは少しお金持ちになった気分!空港に早く着いてものんびりくつろげたので、今後も利用していきたい!
ドクターコール24

日本国内での急病や怪我、そして病院に行くほどではない心配なことなど生活の中で生じる医療・ストレス・健康不安について医師、看護師、保健師などの専門スタッフに24時間相談可能です。

救急車を呼ぶほどではないときは是非利用したいサービス。年中無休で、相談は無料なので万が一の際には活用しましょう。

裏技・お得な使い方

せっかく入手したゴールドカード。ステータスカードとして飲食店や百貨店などで決済する、という利用方法ももちろん良いのですが、せっかくなのでもっとお得に利用しましょう!

ワールドポイント

三井住友ゴールドカードは、1000円利用毎に1ポイント(ワールドポイント)を獲得できます。年会費無料の高還元率カードと比較すると高くない還元率ですが、日常決済等の利用で貯まるポイントなので、お得に利用していきたいもの。

景品交換等にこのポイントは利用できますが、還元率だけを考えるとあまり良いものとは言えません。

オススメは「ポイント移行」。ANAマイルや、nanacoポイント、楽天スーパーポイントなど様々な提携先ポイントに移行することが可能です。中でも高還元率なのが「楽天スーパーポイント」。1ポイント=5円相当に移行可能なので、還元率は高いと言えるでしょう。

ポイント移行は即時即日できるわけではないので、移行は余裕を持って行ってください。

1ポイント5円くらいの価値を落とさずにどう移行できるかがポイント!景品交換はなるべく定価に近い商品と交換すると損が少ないです!
Reluxで高級ホテルを予約すると3,000円引き!

ゴールドカードを所有したのだから、少しだけゴールドカードらしいサービスを利用したい!と思う人も多いはず。

三井住友ゴールドカードには、ゴールドカードを持った満足を満たしてくれるサービスがあります。それが高級ホテル予約際と「Relux」。

「もっと心地よい旅を。」がテーマのReluxは、日本国内の高級ホテルの予約サイトです。料理や部屋の無料アップグレードなどRelux独自のサービスも充実しているので、通常予約するだけでも満足感がかなり高い予約サイトです。

三井住友ゴールドカードなら、このRelux経由での高級ホテル予約がなんと3,000円引きで利用できるのです。

通常1泊20,000円の高級ホテル宿泊でも、三井住友ゴールドカード会員なら17,000円で利用可能となります。

国内旅行の際には空港ラウンジと合わせて活用したいサービスですね。

ボーナスポイントを獲得しよう!

三井住友カードは、毎年2月〜翌年1月までの買い物累計利用金額に応じてステージ(ランク)が設定されます。

300万円以上の利用でV3、100万円〜300万円未満の利用でV2、50万円〜100万円未満でV1となります。

ステージによって、翌年度(次の2月〜1月)の利用額に応じてボーナスポイントを獲得することができます。

ゴールドカード会員の場合、50万円利用でV3なら300ポイント、V2なら150ポイント、V1なら100ポイントと通常のポイントとボーナスポイントの2重取りが可能なのです。

これはクラシックカードなどのゴールド・プラチナ会員以外の会員と比較すると倍のポイントとなります。

積極的に利用することで、ポイントをさらに獲得できるので日常決済のすべてを本カード1枚に集中させると良いでしょう。

三井住友VISAゴールドカードのみんなの印象

バランスの良く、使い勝手が良いカードです。
日本を代表するクレジット会社三井住友VISAのゴールドカード。
色んな特典が付与されてくるので得だし、満足度も高いです。

三井住友VISAゴールドカードのみんなの疑問

各社との提携カードから、三井住友VISAカードに切り替えできますか?
A:オリジナルの三井住友VISAカードと、各社との提携カードは別の種類のカードとなりますので、切り替えすることができません。ご希望の三井住友VISAカードに新規でお申し込みの上、不要のカードは別途ご解約ください。
三井住友VISAカードは審査が厳しいですか?
一般的に銀行系クレジットカードは、信販系や流通系のクレジットカードよりも審査が厳しい傾向です。また、三井住友VISAゴールドカードは、他のゴールドカードよりも取得が難しいクレジットカードでもありますので、収入面や職業等によってはカード発行が見送られることがあります。
三井住友銀行の口座を持ってないと作れないのでしょうか?
三井住友銀行に口座を開設していない方は作れないのだろうか?と思われる方も多いのですが、実際には三菱UFJ銀行やみずほ銀行、そしてゆうちょ銀行などに口座を持っている方であっても作成可能です。

口コミ体験談のまとめ/三井住友VISAゴールドカードが向いている人

以上の口コミや体験談から、メリット・デメリットを分析し、三井住友VISAゴールドカードを持つのが向いている人、向かない人の特徴をまとめました。

三井住友VISAゴールドカードが向いている人
  • 国内利用がメインの人
  • 年会費とのコストパフォーマンスを望む人
  • 日常生活での優待特典もしっかり活用したいという人
三井住友VISAゴールドカードが向いていない人
  • 海外で買い物をする人
  • 還元率重視の人
  • サービスよりも年会費の安さ重視の人

ゴールドカードプレス編集部の結論

三井住友VISAカードは、信頼・安心・安全があるプロパー系カードであり、セキュリティ・保険が充実しているの特徴です。ポイントUPモールをうまくつかってと、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどのネット通販だとポイント還元も増加させることができます。ポイントは多種多様な商品と交換できるので、現金同様に使えて便利です。事前チャージ不要の電子マネーのiDが使えてポイントが付与されるのも便利です。セキュリティー機能のにも優れており、高度な暗号化技術で偽造も困難です。年会費とサービス内容のバランスを考えると、コストパフォーマンスが非常に高いカードとして、あなたをきっと満足させるでしょう。

カード基本情報

国際ブランド VISA、MasterCard
年会費(初年度)10,000円+税(インターネット申し込みで初年度無料)
家族カード年会費(初年度)1枚目無料。2枚目以降は1,000円+税
利用限度額 70万円〜200万円前後
審査・発行期間1週間〜10日程度
ポイント付与率0.1%(1,000円で1ポイント)
ポイント還元率最大1.0%(キャッシュバックなど選択時)
入会資格原則として満30歳以上で、本人に安定継続収入のある人
入会キャンペーン新規入会&利用で最大8000円分プレゼント

スポンサードリンク

ゴールドカードの知恵袋

ゴールドカードの記事一覧


ページのトップへ