専業主婦のクレジットカード審査

ゴールドカードプレス > クレジットカード審査 > 専業主婦でも通るクレカはコレ!審査や年収、勤務先等の疑問を解決

専業主婦でも通るクレカはコレ!審査や年収、勤務先等の疑問を解決

(スポンサードリンク)

家族の中で一番買い物をする機会が多い人、だーれだ?

そう、主婦です。

そんな主婦の方々、「クレジットカード作りたいんだけどなぁ」と思ってる人も多いと思います。

専業主婦は収入がないけど、クレジットカードの審査に通るのかしら?

どうやって申し込むといいのかしら?

どんなカードがお得?

そんな疑問にお応えします。

(もくじ)

  • クレジットカード審査において、専業主婦は無職ではない
  • 専業主婦の勤務先や年収はどう書くの?
  • 自分名義か夫名義の家族カードか、どっちがいいの?
  • 主婦とパート、どっちが通りやすい?
  • 主婦がクレジットカードの審査を通すコツ
  • 主婦がクレジットカードの審査に落ちる理由
  • 主婦が審査に通りやすい&お得なクレジットカード

クレジットカード審査において、専業主婦は無職ではない

学生さんが親の信用で自分名義のクレジットカードを持つことができるように、専業主婦も夫の信用でクレジットカードを持つことができます。

女性で無収入というと、専業主婦だけでなく家事手伝いの人もそうですよね。

家事手伝いだとクレジットの審査はまず通りません。

でも専業主婦なら、年会費無料などのクレジットカードだったら審査に通ります。

ポイントは養ってもらっているかどうか。

専業主婦の場合、審査の対象は夫になります。夫に安定収入があってきちんと返済してくれるだろう、ということであれば、カード会社は専業主婦でもカードを発行してくれます。

専業主婦の勤務先や年収はどう書くの?

パートやアルバイトをしている場合、自分の年収や勤務先を書くと、審査対象は自分になります。

専業主婦として申し込むなら、勤務先は空欄、年収も0でOK。ただしこの場合は夫の信用でカードを作ることになるので、夫の勤務先や収入を明記する必要があります。

また専業主婦でも内職で収入があったり、パートなどで働いている兼業主婦だったら、年収記入欄に夫の収入も含めた世帯全体の年収を書くのも手。

そうするとクレジット会社は世帯全体での返済能力をみるので、審査が通りやすくなり、利用金額も大きくなります。

自分名義か夫名義の家族カードか、どっちがいいの?

主婦がカードを持つとなると、自分名義で作るか、家族カードにするか、という選択肢があります。

それぞれのメリット・デメリットを比較してみましょう。

家族カードは申請がカンタン。夫がクレジットカードを持っていれば、その家族カードはすぐに発行してもらえます。

特典なども本カードとほぼ同じですし、ポイントなどは本カードと合算できたりもします。

デメリットは、本カードの所有者に明細が送られてしまうこと。

「夫には何を買ったかとか、買い物の金額を知られたくない」という人には向きません。

また、利用限度額は本カードと分け合うことになります。夫が高額なものを買って利用限度額いっぱいまで使っていると、家族カードで使得る額が制限されることもあります。

自分名義のクレジットカードは、自分で利用&管理できます。

ただし、夫に収入があるといっても利用限度額は低くなってしまいます。

主婦とパート、どっちが通りやすい?

職業欄に自分の職業(パート、派遣、正社員等)を記入した場合、自分の職業や年収によって審査されることになります。

主婦対象のカードなら、職業欄にパートやアルバイトの内容を書いても問題ありません。

パートや内職で月数万円程度の収入であれば、専業主婦として夫の信用でクレジットカードを申し込んだほうが通りやすいと考えられます。

ただし前述したように、収入欄は自分の収入も含めた世帯全体の年収を書きましょう。

主婦がクレジットカードの審査を通すコツ

キャッシング枠は0円もしくは「利用しない」で申し込みましょう。キャッシングを利用しない設定にすると、審査のハードルはかなり低くなります。

身分証明書には、健康保険証を使うのがおすすめです。夫の勤務先が明記されているので、安定収入を証明することにもなります。

意外とやってしまうのが、多重申込み。短期間で複数のカードに申し込むと、カードを取得できたかできなかったかに関わらず審査ではねられるケースがあります。

この申し込みの記録は、個人信用情報機関に半年間保存されます。なので、次にカードを申し込む時は半年以上開けましょう。

主婦がクレジットカードの審査に落ちる理由

この場合、大きく分けて2つの理由が考えられます。

一つは、本人が過去にクレジットカードの支払い延滞や債務整理などを行っている場合。

このような人は、自分名義でカードを作ることはまず難しいです。

夫が持っているカードの家族カードを作り、夫名義のカードを使わせてもらう形にしましょう。

もう一つは夫が過去に金融事故を起こし、ブラック情報が記載されている場合。これも無理な可能性が高いです。

仮にパートなどの収入があったとしても、「同居家族」というくくりで夫の信用情報もチェックされるからです。

このような人は、デビットカードがおすすめ。

分割やリボ払いはできませんが、デビットカードを使って、カード払いの収支のバランスを取りながらお金を使うことに慣れていきましょう。

夫がブラックで専業主婦の場合は、派遣社員等になってから自分名義で申し込むことも考えておくといいです。

主婦が審査に通りやすい&お得なクレジットカード

主婦も審査に通りやすく、年会費無料、かつ、お得なクレジットカードを選びました。

  • 楽天

カード初心者でも作りやすいカードです。

ポイントなどの還元率が良いのも主婦としては嬉しいですね。

補償が充実の女性向け楽天ピンクもおすすめです。

  • イオン

WAONカードと一体になっていて、イオングループのショッピングセンターやコンビニをよく使う人は、ぜひ持っていたい一枚です。

ポイントサービスデーが多く、還元率が良いのが魅力。

主婦でも無料のゴールドカードにランクアップも狙えます。

ディズニーデザインのカード(JCBブランドでの発行)もありますよ。

  • エポス

即日発行も可能なクレジットカード。

マルイでのお買い物がお得になるほか、提携店舗での優待が受けられます。

月5万円以上使うなら、ゴールドカードも狙えます(年会費無料)。

女性向けの三井住友アミティエや、セゾンカードもありますが、月5万円以上使う方にはエポスがおすすめです。

流通系ではなく銀行系のクレジットカードを選びたい人は、三井住友アミティエが良いでしょう。

スポンサードリンク

ゴールドカードの知恵袋

ゴールドカードの記事一覧


ページのトップへ