SBIプラチナカードの全て

sbi-platinum
カードの種類 銀行系
ランク プラチナ
タイプ ビジネス
国際ブランド MasterCard
年会費 20,000円+税
カードの3つのポイント
  • 各種優待と旅行傷害保険最高1億円
  • 世界500カ所以上の空港ラウンジ利用可能
  • 24時間年中無休のコンシェルジュサービス

SBIプラチナカードは、どんなカードなの?

「一歩先をリードする、新たなステイタスを。」がキャッチコピーのSBIプラチナカード。

20,000円という格安な年会費で所有できるプラチナカードですが、プラチナカードらしさをしっかりと兼ね備えているとあって、人気を集めています。

この記事では、SBIプラチナカードの使い勝手や決済、特典サービス、審査情報などをしっかりとレポートしていきます。

各種優待と旅行傷害保険最高1億円

わずか20,000円という低年会費にも関わらず、国内高級ホテル・高級旅館、海外ホテル、航空券などを優待価格で利用することが可能。また、ヘリクルーズや会員制ゴルフコースといったプラチナカードならではの特別な優待サービスも豊富です。

旅行傷害保険は、最高1億円の補償が付帯。

この補償は、カードを持っていない家族までもをカバーする家族特約つきなので安心です。

低年会費カードは、補償が一段落ちがち…。しかしSBIプラチナカードはしっかりとプラチナカードらしさを感じさせてくれる補償内容となっています。

世界500カ所以上の空港ラウンジ利用可能

プライオリティ・パスと双璧を成す空港ラウンジサービス「ラウンジ・キー(Lounge Key)」が無料で付帯しています。ラウンジキーは専用カード不要なので、SBIプラチナカードを入り口で提示するだけで、年6回まで無料で世界中のラウンジを利用することができます。

有料ではありますが、同伴者も利用できるのが嬉しいところ。

海外旅行で一番暇なフライトまでの待ち時間をゆったりとしたラウンジで過ごせるのは嬉しいですね。

24時間年中無休のコンシェルジュサービス

プラチナカードの大きな特徴と言えばコンシェルジュサービスを挙げる人は多いのではないでしょうか?

電話1本で、まるで自分専属の秘書のように面倒な予約などを代行してくれるコンシェルジュサービス。

もちろん、SBIプラチナカードにも付帯しています。

レストランやチケットの予約、ベビーシッター探し、商品探しなど、ありとあらゆる要望を叶えてくれるのが、「コンシェルジュサービス」です。

このサービスはきっとプラチナカードを所有した満足感を大いに満たしてくれるでしょう。

SBIプラチナカードの進化:一般→ゴールド→プラチナ

SBIプラチナカードの進化過程

プラチナカードに属する本カード。他のランクのカードにはどのようなカードがあるのでしょうか?

ここからは、SBIが発行している他のランクのカードをしっかりとチェック。

一般
sbi-normal

年会費:900円+税(初年度無料。年間10万円以上の利用で次年度無料)

ゴールド
sbi-gold

年会費:2500円+税(年間100万円以上の利用で次年度無料)

プラチナ
sbi-platinum

年会費:20,000円+税

SBIプラチナカードの審査を攻略するポイント

SBIプラチナカードの審査の基本情報は以下のようになります。

1週間〜3週間
申し込み条件20歳以上で、安定継続収入のある人
審査にかかる日数即日〜10日前後
発行にかかる日数

審査攻略のポイント

インビテーション不要で、直接申し込む事が可能なSBIプラチナカード。

プラチナカードらしく、やはり審査は厳し目なよう。ここからは、審査攻略のポイントをしっかりと確認していきましょう。

SBIプラチナカード攻略のポイント
  • SBI銀行・SBI証券の口座開設
  • SBIレギュラーやSBIゴールドで1年以上の修行
  • CICの情報をチェック

審査通過しやすくするには、上記3つのポイントは抑えておきたいところ。

インビテーション制ではありませんが、レギュラーやゴールドからインビテーションが届くこともあるそうなので、不安な場合はレギュラー・ゴールドのどちらかを取得してまずは修行を。

また、SBI発行カードのため、SBI銀行・SBI証券の口座は開設しておいたほうが有利に運ぶでしょう。

さらにSBIカードが利用している個人信用情報機関はCICのみ。過去に金融事故を起こしたことがある、という方は、CICに自身の情報を問合せてみることがお勧め。

年収400万円でも通過したという事例もあるSBIプラチナカード。決して緩い審査ではありませんが、充分に持つことが叶うカードだと言えるでしょう。

SBIプラチナカードの口コミ体験談

格安年会費で所有できるプラチナカードとして人気のSBIカード。では、実際の使い勝手や特典・サービスはどのようなものなのでしょうか?

ここからは決済の使い勝手や、特典サービスをしっかりと確認していきましょう。

決済の使い勝手

MasterCardのみですが、VISA、MasterCardは世界中で最も加盟店の多いクレジットカードなので、日常生活や海外において利用に不便を感じることは少ないでしょう。

アメックスやダイナース、JCBのようにサブカードとしてVISAを持ち歩く、という必要は無さそうです。

大体使えるので、嬉しいですね。今までに使えなかった店舗はありませんでした。

特典・サービスについて

ポイントプログラムも用意されており、利用額に応じてポイントが貯まっていく、ということも特徴として挙げられる本カード。ここからは、特典やサービスを深掘り!

住信SBIネット銀行との連携でお得に

アプリの使い勝手の良さに定評がある住信SBIネット銀行。本カードと、住信SBIネット銀行とを連携させることで、よりお得に利用することができます。

スマートプログラムという会員ランクが設けられている住信SBIネット銀行。SBIゴールド・SBIプラチナの振替口座を住信SBIネット銀行にするだけで、会員ランクが2段階も上がるのです。

ATMでお金を下ろすときの手数料や、振込無料回数が増えるなど良いことばかりなので、せっかくなら連携させちゃいましょう。

サークルプラスポイントプログラム

ショッピングでは1000円につき10ポイントが加算される本カード。半年間のショッピング利用額に応じて、ボーナスポイントが付与されるのです。

半年間の利用金額25万円以上で500ポイント、50万円以上1,000ポイント、100万円以上2,500ポイント、150万円以上7,500ポイント、200万円以上10,000ポイントと使えば使うほどお得になる仕組みになっています。

貯まったポイントは、現金に交換OKなのも嬉しいところ。プラチナ会員なら、10000ポイント=10,000円と交換できるので、カードを積極的に利用する人にとっては嬉しいですね。

現金に交換できる、というのが他にないサービスかも?いつか消えるポイントよりも現金の方が使い勝手が良いので、気に入っています。

みんなの印象

カード券面デザインにプラチナの刻印があるので少し優越感を感じられる
低年会費で持てるプラチナカードとしては悪くないと思う
SBIネット銀行や証券を利用していないと受けられる恩恵がかなり減る

みんなの疑問

支払い方法はどのようなものがありますか?
支払い方法は、一括払いまたはリボ払いのみとなっています。分割払いはできないので、買い物は計画的に行っていきましょう。
プライオリティ・パスが付帯するという情報を見ました。付帯しますか?
以前はプライオリティ・パスが付帯していましたが、サービス改悪に伴い、プライオリティ・パスではなくラウンジキーに変更となりました。

口コミからわかった「カードが向いている人・やめておいたほうがいい人」

こうした口コミから、SBIプラチナカードが向いている人、向いていない人を最後に確認します。

向いている人
  • SBIネット銀行・証券を利用している人
  • 低年会費で上質なサービスを享受したい人
  • 年に数回海外に行き、ラウンジを利用したい人
向いていない人
  • ステータス性を求める人
  • カード券面に高級感を求める人
  • SBIネット銀行・証券を利用していない人

ゴールドカードプレス編集部の結論

プラチナカードらしい満足感を低年会費で味わうことができるSBIプラチナカード。

SBIネット銀行や証券を普段使いしている人にとっては、この上なく便利で、オトクなカードだと言えるでしょう。

反面、度重なるサービス改定(改悪)によって、今まで大きな魅力だったサービスや特典が次々見直されている、というのが残念なところでしょう。

ポイントプログラムだけでも十分魅力的だと言えるので、貯めたポイントは現金に、という方にとって、本カードはお勧めの1枚です。

カード基本情報

sbi-platinum
国際ブランドダイナースクラブのみ
年会費(初年度)20,000円+税
家族カード年会費(初年度)1枚目無料(2枚目以降5,000円+税)
利用限度額300万円ほど
審査・発行期間1〜3週間
ポイント付与率1.50%
ポイント還元率1.50%
入会資格20歳以上で、安定継続収入がある人
入会キャンペーン

ゴールドカードの記事一覧


ページのトップへ