楽天ゴールドカードの全て

rakuten-gold
カードの種類 通販系
ランク ゴールド
タイプ 倹約
国際ブランド VISA、MasterCard、JCB
年会費 2,000円+税
カードの3つのポイント
  • ゴールドカードデビューにおすすめ
  • SPU(スーパーポイントアッププログラム)でポイント最大7倍に
  • リアル店舗で使えるポイントの使い勝手の良さ

楽天ゴールドカードは、どんなカードなの?

楽天ゴールドカードは、楽天市場でおなじみの楽天が運営しているゴールドカードとなります。

TV CMでよく見かける楽天カードの、上位カードにあたるカードです。

低年会費なのにも関わらず金色の券面で、老若男女問わず、多くの楽天市場ユーザーから支持を集めています。

本記事では、そんな楽天ゴールドカードの魅力やポイントをしっかりと押さえつつ、楽天プレミアムカード、一般カードとの比較も行っていきます!

ゴールドカードデビューにおすすめ

ゴールドカードの中でも、比較的作りやすい楽天ゴールドカード。

20歳以上であれば、大学生や専門学校生、フリーターや主婦でも作成可能です。

ゴールドカード作成のハードルの低さが、楽天ゴールドカードの魅力といえます。

少し見栄を張りたい、という大学生の方も持てるカードなので、いま利用者が急増中です。

SPU(スーパーポイントアッププログラム)でポイント最大7倍に

楽天カードというと、高いポイント還元が魅力の一つです。

様々なプログラムを組み合わせることで、最大7倍(7.00%の還元)となるので注目したいところ。

特にオトクなプログラムは、スーパーポイントアッププログラム。

楽天市場での決済限定になりますが、楽天カード利用でポイント4倍、さらに楽天市場アプリ経由での購入で+1倍、そして楽天プレミアムカードまたは楽天ゴールドカードで+1倍、そして楽天モバイルを利用中の方なら更に1倍と、合計7倍のポイント還元となります。

これだけ高還元だと、楽天市場内でわざわざ10倍のショップを探すて間もなく、買い物もスムーズに行うことができますね。

SPUで得られるポイント上限は決まっており、楽天会員のランクがシルバー会員なら7,000ポイント、ゴールド会員なら9,000ポイント、プラチナ会員なら12,000ポイント、ダイヤモンド会員は15,000となっています。一般会員は5,000ポイントが1ヶ月の上限です。

上限に達するまで買い物することは、そんなに多くないかもしれませんが、できればダイヤモンド会員を目指したいところですね。

リアル店舗で使えるポイントの使い勝手の良さ

貯めたポイントは、ANAマイルやau walletポイントなど、様々なサービスい移行することが可能です。

しかし、カードを持っているだけで、ポイント決済ができればもっと便利になると思いませんか?

楽天ポイントは、リアル店舗でも利用することが可能なのです。

一部店舗ではありますが、マクドナルド(一部店舗)やミスタードナツ、カフェ&バーPRONTO、ペッパーランチ、くら寿司など、多くの楽天ポイント加盟店で利用することが出来ます。

貯めたポイントを普段の生活の中で使っていけるのは、利用の巾が広いのでうれしいですね。

楽天ゴールドカードの進化:一般⇒ゴールド(プレミアム)⇒ブラック

楽天カードの進化過程

楽天ゴールドカードは、ゴールドカードに分類されるカードです。同じゴールドカードというランクに、楽天プレミアムカードも存在しています。こちらのカードのほうが、より充実した補償を受けられます。楽天ゴールドカードは、楽天プレミアムカードよりも低年会費ですが、その分保証のグレードも随分と落ちてしまうので注意が必要ですね。

このように、同じようなランクに似たカードが存在する楽天カード。どのようにランクアップしていくのかをしっかりと見ていきましょう。

一般
rakuten-normal

年会費無料 楽天市場でのポイントいつでも4倍

ゴールド
rakuten-gold

年会費:2000円+税 楽天市場でのポイントいつでも5倍(最大7倍)

プレミアム
rakuten-premier

年会費:10000円+税 楽天市場でのポイントいつでも5倍(最大7倍)

ブラック
rakuten-black

年会費:30000円+税 完全招待制。一般カードからでもインビテーション(招待状)が届くことも。楽天カードの利用実績が大事になります。

楽天ゴールドカードの審査を攻略するポイント

楽天ゴールドカードの審査の基本情報は以下のようになります。

申し込み条件・原則として20歳以上で安定収入がある
審査にかかる日数即日〜3日程度
発行にかかる日数申請日から約1週間後

審査攻略のポイント

様々な種類がある楽天カードですが、どのカードも他社に比べると審査が比較的ゆるいとされています。過去にはスナイパーや忍者など遊び心あふれる職業を記入しても、審査通過したという噂もあったほど。

公式のTwitterでも否定されていますが、実際のところそんなことはないようです。審査通過にはしっかりとした職業の記入を行いましょう。

ここからは、楽天ゴールドカードの審査のコツをじっくり見ていきましょう。

楽天ゴールドカード攻略のポイント
  • 連絡先には固定電話
  • 金融事故歴がある場合は要注意
  • 偽りのない申し込みを

どれも当たり前のことですが、上記3点は特に注意したいところ。

未だに固定電話を持つということは一種のステータスと考えているカード会社が多いです。もし、固定電話を引いている場合は、申込時には固定電話の電話番号も合わせて記載してあげるとより審査通過率は上がってくるでしょう。

また、過去に金融事故(支払い遅延や延滞)を起こしたことがある人は、審査通過が一気に難しくなります。

大学生や専門学校生の場合は、親御さんの信用力が重要となります。親御さんの信用情報に傷がついている場合は、一気に通過が困難になります。

また、審査に際して、自分自身の情報に偽りを記載するのは辞めましょう(年収など)。これらの情報は、個人信用情報機関に問い合わせることで、すぐにわかってしまうことなので、他社借入状況などを正直に記入することが、審査通過の近道になるでしょう。

楽天ゴールドカードの口コミ体験談

楽天市場が提供する様々なサービスだけでなく、街での決済など、様々な利用シーンでお得に利用することが可能な本カード。

豊富な国際ブランドから選択可能なので、決済も使い勝手がよく、利用に困ることはありません。

ここからは、様々な観点から楽天ゴールドカードをしっかりと見ていきましょう。

決済の使い勝手

VISA、MasterCard、JCBと3つの国際ブランドから選ぶことができるので、決済の使い勝手は抜群です。

日本国内での利用において、困ることは早々ないでしょう。

どの国際ブランドを選べば一番使い勝手が良いか、というとVISAやMasterCardと言えます。地球上で最も加盟店が多いから、ですね。

例えば、学生の方は卒業旅行などで海外に行くこともあるかと思います。

そんなときに、JCBカードを選ぶと海外での利用はやや不便。日本人が多く利用する場所では、利用することはできます。しかし、それ以外の場所では利用することができない場合が多いです。

VISAやMasterCardなら、そういった心配は無用ですので海外に行く、決済で不便をしたくない、という人は、VISAかMasterCardを選びましょう。

VISAやMasterCardならどこでも使える!海外利用でポイントUPキャンペーンなどもやっているので、VISAかMasterCardの方が良いと思う

特典・サービスについて

楽天ポイントや、空港ラウンジサービスの利用など、様々なサービスを利用することが可能な楽天ゴールドカード。

ここからは、特典・サービスについてしっかりと確認していきましょう。

国内主要空港・海外2空港の空港ラウンジが利用可能

ゴールドカードならではのサービスでまず思い浮かぶのは、空港ラウンジサービスではないでしょうか?

しかし、安価な年会費のゴールドカードには空港ラウンジサービスが付帯していないことも…。

楽天ゴールドカードは、安価な年会費ですが、国内主要空港の空港ラウンジと、ハワイ・ホノルル空港、韓国・仁川国際空港の空港ラウンジを利用可能。

せっかくゴールドカードを所有したのであれば、是非利用していきたいサービスですね。

海外旅行傷害保険が充実

楽天ゴールドカードも、ゴールドカードらしく海外旅行傷害保険がしっかりと付帯しています。利用付帯部分と、自動付帯部分があるので、注意が必要ですが、海外旅行も安心できる材料の一つになります。

楽天ゴールドカードを使用し、旅行代金を支払う(利用付帯)と、最高2,000万円の補償を受けることが可能。

また、海外でのケガなどに対応する傷害・疾病治療費は自動付帯となっており、最大200万円と十分な内容となっています。

海外に行くときには、別途海外旅行保険に加入するもの。

こうした補償は、かなりうれしいですね。

楽天カードに旅行保険のイメージはなかったけど、思いの外充実した内容で嬉しい。活用するシーンはない方がいいけれど、あると結構便利

ポイント有効期限は(実質)無制限

楽天ポイントの有効期限は1年と設定されています。

しかし、この有効期限は最後にポイント数の変動があった日から、です。そのため、カードを積極的に利用し、ポイントが入ってくる、楽天市場利用でポイントが入ってくる、など定期的に動きがあると、ポイント有効期限は実質無制限。

気がつけば有効期限が切れがちなポイントですが、実質無制限だと言えるのは嬉しいポイントですね。

みんなの印象

楽天プレミアムカードに比べると高級感はない(券面デザインの色が薄い?)
海外旅行傷害保険の充実ぶりは年会費を考えると驚異
わずか2000円で持つことができるカードとしては、これ以上ないくらいの内容

みんなの疑問

一般カードと比較すると、審査は通りにくいですか?
一般カードと比べると、審査難易度は高いと言えるでしょう。しかし、ほとんど差はなさそうというのが実情です。ゴールドカードがほしい!という方は、一般カードを経由せずに申込を行ってみましょう
登録時に免許証などはいるの?
不要です。荷物受け取り時に宅配ドライバーに見せればOK。発送連絡が合った際には、すぐに出せるように用意しておくとスムーズに受け取れるでしょう。

口コミからわかった「カードが向いている人・やめておいたほうがいい人」

こうした口コミから、楽天プレミアムカードが向いている人、向いていない人を最後に確認します。

向いている人
  • 低年会費でゴールドカードを持ちたい人
  • 楽天グループでの買い物が多い人
  • 日常、楽天ポイント加盟店をよく利用する人
向いていない人
  • 楽天市場外での買い物が多い人
  • ゴールドカードにステータス性を求める人
  • 年会費を払いたくない人

ゴールドカードプレス編集部の結論

楽天ゴールドカードは、楽天カードよりも1ランク高いカードです。

年会費無料で持つことができる楽天カードと比較すると、補償やサービスがより手厚くなっている印象です。

楽天グループ(楽天ブックス、楽天トラベルなど)を頻繁に利用する方にとっては、とても魅力的なカードでしょう。

カード基本情報

rakuten-gold
国際ブランドVISA、MasterCard、JCB
年会費(初年度)2,000円+税
家族カード年会費(初年度)540 円+税
利用限度額最大150万円ほど
審査・発行期間1週間ほど
ポイント付与率1%(100円毎に1ポイント)
ポイント還元率楽天グループでの買い物で、特定の条件を満たすと最大7%
入会資格20歳以上で安定収入のある人
入会キャンペーン最大11,000ポイントプレゼント

ゴールドカードの記事一覧


ページのトップへ