ポイント高還元率のゴールドカード

ゴールドカードプレス > hikaku > 高還元率のゴールドカードはどれだ!?高還元率カードを徹底比較!

高還元率のゴールドカードはどれだ!?高還元率カードを徹底比較!

ゴールドカードは、あまり還元率がよくないというイメージを持っている方は多いのではないでしょうか?

実際に、年会費無料のカードで還元率1%以上のカードは数多くあり、広告などでそれらの高還元率カードを目にする機会は多いですよね。

「高還元率カードって年会費無料しかないの?」や「年会費を払うともっと高還元率になるの?」という疑問を解消すべく、ゴールドカードの還元率をまとめていきます!

(スポンサードリンク)

還元率の高いクレジットカード&ゴールドカード、目安の還元率は?

まずは、ゴールドカードや年会費無料カードに限らず“高還元率”と呼ばれるカードはどのくらいの還元率なのでしょうか?

現在目にすることが多いゴールドカードの還元率から見ていきましょう。

(参考)人気のゴールドカードの還元率

ゴールドカード名通常還元率 MAX還元率(利用条件)
エポスゴールドカード0.500%2.000%
(選べるポイントアップショップ利用&リボ払い)
イオンゴールドカード0.500%2.000%
(イオン利用&ワタミグループお食事券に交換)
JCBゴールド0.500%2.500%
(スターバックスコーヒーにてカード利用でポイント5倍(1000円で5ポイント)&nanacoポイントなどに交換)
楽天プレミアムカード1.000%5.000%
(楽天で利用&楽天スーパーポイント)
三井住友VISAゴールドカード0.500%1.000%
(ポイントアップモール利用&VJAギフトカードなどに交換)
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード0.333%0.400%(1.000%)
(日本旅行購入時(メンバーシップ・リワード・プラス(参加費年間3000円+税)に登録&マイル交換時は1%))

ゴールドカードで、最大還元を受けようと思うとあまり使い勝手が良くない場合が多いですね。特にステータスとして見栄えの良い三井住友VISAゴールドカードや、アメックスゴールドなどは還元率があまり高くはありません。

そもそも高還元率と言っても良い基準はどのくらいなのでしょうか?

まずは年会費無料カードで、高還元率と呼ばれる基準を見ていきましょう。

  • 1%還元で普通〜やや高め
  • 1%より多いとで高還元率

となっています。この基準をゴールドカードに当てはめても、ほとんどのカードが高還元率とならないでしょう。

ゴールドカードの高還元率の基準はどのくらいなのか?ゴールドカードの基準は以下のようになります。

  • 0.500%還元で普通
  • 1%以上で高還元率
  • 1%以上で高還元率

ポイント還元率だけを求め、ゴールドカードを所有するとがっかりすること、というのは多いはずです。しかし、年会費無料カードでは考えられない10%という超高還元率カードが存在する、という点はゴールドカードらしい魅力と言えるでしょう。

このページでは、そんな超還元率を誇るゴールドカードを紹介していきます。

MAX還元率が10%!超高還元率ゴールドカード

カード名通常還元率MAX還元率
dカードゴールド1.000%10.000%
(docomo利用料金・docomo光利用料金支払い時)
ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カード1.000%10.000%
(阪急百貨店・阪神百貨店利用(食料品・レストラン・セール商品は1%還元))

100円でポイントが付与されること(docomo利用&docomo光利用の場合は1000円単位)を考えるとdocomoユーザーであれば「dカードゴールド」は持っておきたいカードでしょう。

この他にもローソンやマクドナルドなど街で利用するお店での割引サービスが豊富なほか、docomoの会員ランクがカード所有時からゴールドステージ(最上級会員)になるなど、docomoユーザーであれば嬉しい特典やプレゼントが豊富です。

10,000円+税という年会費ですが、月々9,000円を携帯料金として支払っている場合、実質無料と言えます。溜まったポイントは携帯料金の支払いとしても使えるという点は嬉しいですね。

阪急百貨店や阪神百貨店でよく買い物をする人は「ペルソナSTACIAアメックス」がおすすめ。

通常200円利用で1%(2ポイント)のポイントがつくほか、阪急阪神グループの施設の利用では0.5〜3.0%のポイント還元が受けられます。

溜まったポイントは、阪急・阪神百貨店ほかの支払い時に1ポイント=1円としてその場で利用でき、優待券や景品に交換できる点も、阪急・阪神百貨店をよく利用する人は嬉しいですね。

年会費は14,000円+税となっているので、年間14万円+税以上、月12,000円弱利用する人は、実質無料のカードと言えます。

ただし、レストランやセール品、食料品などは10%還元の対象外なので注意。これらは1%還元となります。

いずれのカードも通常還元率が1%となっているので、docomoや阪急・阪神グループで使用しない場合も、お得なカードといえますね。

日常の決済で1%以上の還元率を誇るカードは、この他にも楽天プレミアムカードやOrico Card The POINT PREMIUM GOLDがあります。

毎月の固定出費はできるだけ高還元率カードで支払いを行いたいですね。

ここからは、MAX還元を狙わなくとも高還元率なゴールドカードをご紹介していきます。

通常使用で還元率の高いゴールドカード

通常使用で高還元なカードは、マイルが貯まるカードでしょう。

旅行に頻繁に行く人、マイルを他のポイントサービスに交換する人などは要チェック。

これから紹介する2枚のカードは1マイル=2円(マイルの価値は変動するため、概ね2円という前提で計算)で計算すると、なんと3%以上の還元率を誇ります。

通常使用で3%はかなりの年会費無料カード以上の高還元率カードと言えるでしょう。

カード名通常還元率MAX還元率
MileagePlus JCBゴールドカード3.000%3.000%
デルタ スカイマイルJCBゴールドカード3.000%3.000%

どちらのカードも、通常還元率もMAX還元率も差はありません。

「こう利用することでポイントが最大だ!」といったことを考えずに利用できる点は大きな魅力です。

使用するだけで、大きな還元を受けたい人は上記2カードを検討してみては?

また、飛行機を利用することでポイントを貯めたい、よく飛行機を利用するという方は次のカードもおすすめです。

カード名通常還元率MAX還元率
デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード2.000%6.000%
(デルタ航空決済&利用時)
JAL アメリカン・エキスプレス・カード(CLUB-Aゴールド)2.000%4.000%
(JAL特約店利用)

デルタ航空やJALをよく利用する人は注目しておきたいカードといえますね。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、デルタ航空利用時にカード決済することで3倍のマイルが。そして、上級会員であるゴールドメダリオンとなるため、優先搭乗や優先チェックイン、預入手荷物1個追加または+10〜20kgと航空会社のゴールド会員らしい特典です。さらにアメックスゴールドと同等のサービスを受けられる点も注目。特に海外での利用時に効果を発揮してくれるでしょう。

JAL アメリカン・エキスプレス・カード(CLUB-Aゴールド)は、マイルこそ通常のカードと比較し、多く貯まるというわけではありませんが、JAL特約店を利用することで4%還元されるほか、JAL機内販売10%OFFなどJALをメインにして利用する人には嬉しい特典が満載です。こちらはアメックス一部サービスを利用することが可能となっています。

飛行機で頻繁に移動するなど、飛行機を利用する人は、航空会社発行のマイルが貯まる高還元率ゴールドカードがおすすめです。

マイル系以外のゴールドカードならこれ

カード名通常還元率MAX還元率
Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD 1.000%2.000%
(リボ払い時)

リボ払いを利用する方におすすめなのがこのOrico Card THE POINT PREMIUM GOLDです。ゴールドカードの常識を覆したと言われるほどの高還元率カードとなっています。

一見すると、他のカードと比べ還元率が高い印象は受けないですが、特にAmazonやYahooショッピングを利用する人は注目のカードです。

オリコモールを経由し、上記ショッピングサイトで買い物をした際には、通常還元の1%+オリコモールボーナス0.5%+Orico Card THE POINT限定オリコモール利用特典1%+リボ払い1%となり、3.5%のポイント還元を受けることが可能となるのです。

オリコモールはこの他にも、DELLやじゃらんなど、それぞれ時期により還元率は異なりますが、オリコモール経由でポイントアップする店舗が豊富なので日常の中でネットショッピングが多いという人に特におすすめしたいカードです。

ここまで色々なカードを紹介してきました。

以上の情報法を元に、ゴールドカード還元率比較ランキングを作成すると、このようなランキングになります。

ゴールドカード還元率比較おすすめランキング

  • 【1位】 dカード GOLD(1.000% /docomo利用料金10.000%)
  • 【2位】ペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カード(1.000%/阪急・阪神百貨店で10.000%)
  • 【3位】MileagePlus JCBゴールドカード(3.000%/3.000%)
  • 【4位】デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(2.000% デルタ航空利用で6.000%)
  • 【5位】 Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD(1.000%/リボ払い2.000%)

それぞれの用途によって、最大還元を受けられるかどうかが異なってくるので、自身の生活に合わせたカードを選びたいですね。

(参考)ゴールドカード以外の高還元率クレジットカード

カード名通常還元率MAX還元率
漢方スタイルクラブカード1.500%4.000%
(リボ払い&薬日本堂割引券交換)
REXカード1.500%2.000%
(リボ払い&Jデポ交換)

高還元率といえばJACCS発行のカードでしょう。年々還元率やポイント交換レートが悪くなってきているとはいえ、未だにJACCSのカードは高還元率を誇っています。

Jデポ(Jデポジット)に交換することで、カード請求額からJデポ分を値引きすることが可能となっています。使わない商品券や食事券に交換するのではなく、カード利用額から差し引かれるためムダがないポイント利用方法といえますね。

注意点としては、交換後3ヶ月でJデポは消滅するということ。3ヶ月以内にカードを利用しなければなくなってしまうため、カードを利用するタイミングでの交換がおすすめです。

カード名通常還元率MAX還元率
ライフカード0.500%6.667%
(誕生日月利用&クオカード交換)

特定の月に集中して利用したいという場合はライフカードもおすすめです。誕生月はポイントが5倍となるため、年会費無料のカードでは考えられないほどの高還元率となります。

年会費無料のライフカードは、誕生月に利用するためだけに所有しているという人もいるほど。

クオカードだけでなく、Amazonギフト券などに交換も可能なので、日常の中で使いやすいという点も支持されているポイントですね。

カード名通常還元率MAX還元率
リクルートカード1.200%2.200%
(リクルート運営サービス利用時)

一時期一斉を風靡したリクルートカードも、ポイントがPontaに変わり汎用性が高まったことで還元率もダウン。現在は落ち着いた人気となっています。

しかし、通常還元率1.2%は、ゴールドカードを含め他のカードと比べての遜色なく、日常決済で不満となる点はないでしょう。じゃらんやホットペッパーなどを利用し飲食店やサロンなどを予約することが多かったり、Pontaポイント加盟店を利用することが多かったりする場合には、今まで通りおすすめのカードといえるでしょう。/p>

まとめ

ゴールドカードと年会費無料カードの中でも高還元率のカードを比較してきました。

dカードゴールドやペルソナSTACIA アメリカン・エキスプレス・カードの10%という驚きの還元率に目が行きがちですが、docomoユーザーではなかったり、阪急・阪神百貨店をあまり利用しなかったりする人は恩恵がそこまであるというわけではありません。

ゴールドカードは、一般カードと比較しワンランク上で年会費がかかるため、ポイント還元率も期待されがちですが、実はそれほど多くポイントが還元されるわけではありません。また、還元されたポイントもマイルであることも多く、飛行機を利用しないという人にとっては魅力あるカードとは言えないでしょう。

しかし、ゴールドカードの魅力はポイントではありません。

所有したことによる満足感、そして優越感。さらに旅行だけでなくショッピングなどへの手厚い補償などポイント以外の部分が非常に充実しているのです。

例えば一般カードにはまず付帯していない空港ラウンジサービスや、優先搭乗など。これらはゴールドカード所有者ならではの楽しみではないでしょうか?家族で年に1度、どこかへ旅行に行く。しかし道中事故で怪我をしてしまった…そんな場合もゴールドカードなら補償してもらえる場合もあるのです。

高還元ゴールドカードもポイントはもちろん魅力です。しかし、ポイント以外の保障が手厚いため、ポイントを重視しているゴールドカードは少ないのです。ゆとりある楽しみ方ができるのがゴールドカードの魅力といえるのではないでしょうか?

とはいえ。ポイントがあることで、日常生活を少し豊かにすることができます。

ポイントがあることで、買えなかった服や家電が買えた、請求額が割り引かれ夕食が少し豪華になった、などポイントだからこそ受け取ることが可能な贅沢もあります。

クレジットカード選びは、日常の中で利用するお店や、利用方法、月々どれだけ利用するのかなど様々なシーンを想定し、自分に合ったお得な一枚を見つけてくださいね。

スポンサードリンク

ゴールドカードの知恵袋

ゴールドカードの記事一覧


ページのトップへ