生活保護のクレジットカード審査

ゴールドカードプレス > クレジットカード審査 > 生活保護受給者の審査が緩いクレジットカードを探せ!

生活保護受給者の審査が緩いクレジットカードを探せ!

(スポンサードリンク)

生活保護を受けていても、クレジットカードが必要だと思うことはありますよね。

でも、職業欄に生活保護と書いたら、審査は100%落ちます。

かといって生活保護受給者が審査に通る方法が無いワケではありません。

ここでは生活保護をもらっている人でもできるだけ審査に通りやすくするコツ、クレジットカードを持ってからの使い方の注意点などをご紹介します。

生活保護でも審査に通るコツ

クレジットカードの申し込みをする時に、生活保護を受けていることは言ってはいけません!

生活保護を受けているということは、安定した収入が得られるような仕事についていないか、仕事をしていても収入がかなり低い、ということですよね。

そうなると審査をする時の属性も低くなります。

審査が通る基準としては、年収120万~200万円はあること。

ここが審査に通るかどうかのボーダーともいえます。

無職で申し込むのはとにかく避けましょう。

定職についていない人は、何かしらの事業を営んでいることにするという手もあります。

今までネットオークションで物を売ったことがあれば「古物商」、家庭菜園をしていれば「農業」と言って申告する人もいるようです。

また、パートやアルバイト等の定職についている人は、収入が少なくてもいいので現在の勤務先を書きましょう。

審査が緩いおすすめクレジットカード

クレジットカードに審査基準にランクがあり、年収が低かったり勤続年数が短くても、返済能力ありと見なされれば発行可能な低属性用カードというのもあります。

低属性カードの代表格が、アコムが発行するACマスターカード。

ふつうクレジットカードの審査は安定収入を第一の基準に見ますが、このカードは返済能力の有無を重要視しています。

だから無理のない利用額で、期日までにきちんと返済できるなら取得できる可能性が高いです。

楽天カードやイオンカード、セゾンカードは流通系。銀行系よりは審査基準は低めではあるものの、低属性用カードではないため、アコムマスターが通らない人には厳しいかもしれません。

ただし、流通系は女性がメインターゲットにしているため、女性なら通る可能性があります。

生活保護受給中にクレジットカード利用する時の注意

生活保護を受ける前に取得したカードはそのまま使えますし、新たにカードを作れば当然利用することも出てきますよね。

でもカードを使う場合、注意が必要です。

よく生活保護者が借金すると違法になって保護を打ち切られる、と言われたりしますが、これは正しくありません。

生活保護法第60条の「生活上の義務」、第61条の「届出の義務」で言われているのは、支出を節約し、収入・支出など生計の変動があったら届け出なければいけない、ということだけです。

クレジットカードを使うのは借金と見なされることがありますが、問題になるのはそこよりも、この後。

借金で得た金額は「収入」と見なされます。「収入」があれば、その分翌月の生活保護費を減額される可能性があります。

違法ではないとしても、自治体によってはクレジットカードを使う=必要最低限以上の物を買う、と取られ、生活保護法第60条に触れるとして、生活保護が減額されたり却下されたりすることがあるよう。

ほかにはクレジットカードを解約させるケースも。

また、生活保護費を借金返済に当てるのは、この第60条に触れることになります。

このようなリスクがあることを理解したうえで、利用するかどうかを判断しましょう。

クレジットカードのポイント還元も要注意です。

ポイントを現金に変えた場合、臨時的収入とみなされます。

一定額を超えると収入申告をしなければいけなくなり、減額の対象になります。

ポイントは品物に変えたり、そのまま支払いに使える方法を取った方がいいですね。

カコミコラム:年金と生活保護の違い

年金というのは受給者が生きている間ずっともらえるもの。

ですからカード会社から見ると、無職でも安定収入があると見なされます。

一方、生活保護は生活が困窮している時に、一時的に支給されているにすぎません。

なので生活保護は安定収入とはいえないのです。

自治体によってはクレカ可能な場合もある

クレジットカードを使うと生活保護を減額される、とはいっても、実際は自治体によって利用を認めている場合もあります。

例えばインターネットのプロバイダ料金。

ネットの利用は就職活動に必要なことですから、そういう理由なら利用OKになることがあるようです。

また、一括払いは借金と見なさない、高額な家電はぜいたく品ではないので分割払いにしても大丈夫、などという場合もあります。

ただしこのへんは担当のケースワーカーによっても変わってくるので、自治体やケースワーカーに確認をするのが一番です。

デビットカードなら、堂々と使えます

デビットカードは銀行口座と直結していて、即時決済になる点がクレジットカードとは異なります。

つまり残高=利用可能限度額で、借金にはなりません。

でも、それ以外はクレジットカードと同じ感覚で使えます。

国際ブランドのVISAがついたデビットカードが、楽天銀行などさまざまな銀行から発行されています。

どうしてもカードが欲しい人は、デビットカードも検討してみましょう。

スポンサードリンク

ゴールドカードの知恵袋

ゴールドカードの記事一覧


ページのトップへ