ゴールドカードプレス > ゴールドカードの知恵袋 > マイペイすリボにしても分割できる?デメリットとお得な使い方

マイペイすリボにしても分割できる?デメリットとお得な使い方

(スポンサードリンク)

マイ・ペイすリボ登録すると年会費割引が適用されますが、リボカードになるのが不安です。

どんなデメリットがあるか教えてください。

クレジットカードを持ちたい! そう思った時に思い浮かぶ三井住友VISAカード。そんな三井住友カードを安い年会費で持つテクニックであるマイ・ペイすリボは年会費が大幅に割引になるのが特徴です。

ご質問のとおり、リボ払いですので、使い方によっては「減らない借金」になってしまう可能性も…。

ですが、これは使い始めに少しだけ設定をすることで、手数料を支払わず、ほぼ無料で利用できるようにできます。

このコラムではマイ・ペイすリボの概要と、メリット・デメリットに加え、運用のコツやテクニックも併せて解説しますね。

マイ・ペイすリボとは?メリットとデメリットをおさらい

三井住友カードが用意するリボ払いプログラム。リボ払いは、毎月の支払額を利用者自身で決めることができる便利な支払い方法です。最低支払金額(弁済金)は1万円からとなっています。1万円以上で自分が払いたい金額を指定する、という流れになります。

マイ・ペイすリボに登録すると、お店でショッピングをする際に「一回払い(一括払い)」と伝えたものが、あとで自動的にリボ払いになります。ですので、ちょっとカッコつけて支払いたい時にも安心して利用することができます。支払金額(弁済金)が一定というのはやはり安心ですよね。この点はリボ払いの満足ポイントだといえます。

もちろん、マイ・ペイすリボに登録しなくてもリボ払いを利用することはできますし、マイ・ペイすリボに登録した後でも2回以上の分割払いを利用することもできます。

リボ払いの月々の最低支払金額は5000円から。1万円以上は1万円単位で支払い金額を自由に設定することができますよ。(※キャッシング不可)

マイ・ペイすリボのメリット

マイ・ペイすリボに登録することで、三井住友カードをより便利に利用することができます。

  • 初年度年会費が割引(ゴールドカードの場合は半額)
  • 年1回以上の利用で翌年も割引(ゴールドカードの場合は半額)
  • リボ支払いがあればポイント2倍に

リボ手数料の払いがあった月は、三井住友カードのポイントプログラム・ワールドプレゼントにて付与されるポイントが2倍になります。

※ポイント2倍にするにはリボ手数料を支払う必要があります

マイ・ペイすリボのデメリット

最初にリボの支払い金額を設定しないと、すべて一括(全額)払いしているつもりが、気がついたらリボ払いになっていて、知らず知らずのうちに負債が増えていた…ということが起こりえます。知らず知らずのうちに増えてしまう支払いは、請求額を見て驚いてしまいます。支払金額を調整できることが魅力のリボ払いは賢く利用したいものです。

また、特典であるポイント還元率2倍を利用するには、リボ払いの手数料(金利手数料)を支払う必要があります。

リボ払いの手数料を抑え、ポイントを2倍にするには、毎月自分で支払い残高を調整しなければなりません。

併せてWEB明細書にすることで、年会費は更に安くなります。

マイ・ペイすリボで損をしない運用方法

マイ・ペイすリボで年会費を安く抑え、その上で損をしないように運用していくには、

  • リボ払いの毎月の支払い金額を利用限度額と同じ金額にしておくと、1回払いになる
  • リボの残高は毎月0円になるので、リボ手数料が発生しない

という仕組みを利用します。

マイ・ペイすリボ登録の手順をご紹介します。

カードが届いたら、パソコンやスマートフォンからまずインターネットより、三井住友VISA公式ホームページの画面上にあるマイページ(Vpass(ブイパス))にログインし、リボ払いの支払い金額を調整(変更)します。

利用できる最高額を1回で払う設定になりますので、どれだけカードを使っても、必ず1回払いになります。ちなみに支払日は毎月10日か26日の2パターン用意されています。

2回以上の分割払いを指定した場合は、指定の回数での支払いになります。

この使い方をした場合は、リボ手数料がかかりませんので、損をすることは一切ありません。

ただし、毎月リボ残高を払いきる方法でリボ手数料が常にゼロ円になりますので、マイ・ペイすリボの特典である「ポイント2倍」の特典は受けられなくなります。

マイ・ペイすリボでポイント2倍運用のコツ

損をしないだけでは満足がいかず、しっかりリターンが欲しい!ポイントアップしたい! ポイントとお金が大好きな陸マイラーや還元率を気にする方から人気のある、マイ・ペイすリボを使いこなしてポイントを2倍にする方法をご紹介します。

ポイントは、毎月1000円程度のリボ残高が繰り越されるようにすることです。

前述のとおり、マイ・ペイすリボのシステムは、リボ手数料の支払いがあった月のみ、ポイントが2倍になります。つまり、前の月にリボ払いの残高あることが絶対条件です。

ですので、リボ払いの支払い額の設定をリボ手数料が発生するギリギリの金額に設定することで、ポイント2倍の恩恵を最大限に得ることができます。

リボ残高は、毎月1000円程度がおすすめです。

しかし制度改悪で、リボの支払い金額は1万円以上は1万円単位での支払いになりました。

なので、毎月手作業で微調整しても、最大で125円程度のリボ手数料を支払う必要が出てきました。

支払う手数料を少しでも減らしてポイント2倍付けを狙うには、カードを利用する金額そのものも調整する必要がありそうです。

陸マイラーの方などは真剣に調整しているようですが、小回りが効かなくなりましたので、どうしてもマイルやポイントに執着のある方以外は、ポイント2倍は諦めて損をしないように運用することのほうが利があるかもしれませんね。

どちらにせよ、ポイント2倍になった時、何ポイント得ることができるかがキーになります。増えるポイント数と、最大125円+自身の時間と手間を心の秤にかけてみてくださいね。

リボ払いは、手数料がかかってしまう可能性が非常に高いものです。特に学生さんだと、毎月の収入が多くなく、返済が滞る結果になってしまうことも。返済できる時は増額し、次々返済していくと良いでしょう。

三井住友VISAカードの種類をおさらい

様々なカードランクがある三井住友VISAカード。ここで、カードランクについておさらいしましょう。

一般(三井住友VISAクラシックカード)

年会費無料 次年度も無料(「マイ・ペイすリボ」登録 & 前年1回以上のカード利用で)

旅行障害保険:最高2000万円補償(海外傷害保険)※利用付帯

ゴールド(三井住友VISAゴールドカード)

通常年会費:10800円(税込み)

旅行障害保険:最高1億円補償(海外旅行傷害保険)、最高5000万円補償(国内旅行傷害保険)

空港ラウンジサービスやグルメ優待サービス等、ゴールドカードならではのサービス

詳しくはこちら

プラチナカード(三井住友VISAプラチナカード)

通常年会費:52500円

旅行障害保険:最高1億円補償(海外・国内)

ステイタス性・国際性・先進性。これらを備えた最上級のカード

詳しくはこちら

様々なランクのカードが発行されているので、年会費やポイント還元率、自身の利用方法などをしっかりと確認した上、ぴったりのカードをチョイスしましょう。

三井住友カードの申し込みはこちらから:三井住友カード

スポンサードリンク

ゴールドカードの知恵袋

ゴールドカードの記事一覧


ページのトップへ