ゴールドカードプレス > ゴールドカードの口コミ・ランキング > MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの全て

MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの全て

mufg_platinum_biz
カードの種類 銀行系
ランク プラチナ
タイプ 倹約
国際ブランド アメックスのみ
年会費 20,000円+税
カードの3つのポイント
  • 出張の際に活躍する豊富なサービス
  • ビジネスカード限定のビジネス・アドバンテージ
  • 安心のプロテクション

MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、どんなカードなの?

「プラチナ・コンシェルジュサービス」や「プライオリティ・パス」が付帯し、補償も兼ね備えたビジネスカード。

ビジネスカード限定サービス「ビジネス・アドバンテージ」では備品や通信費の優待、レンタカーの割引が受けられます。

使いやすくコストパフォーマンスも高いプラチナビジネスカードです。

出張の際に活躍する豊富なサービス

航空便やホテルの手配は勿論、出張先での怪我や急病に対応してくれる「プラチナ・コンシェルジュサービス」。国内外での接待や会食の為のレストランの予約、レンタルオフィスの情報提供、遺失物探索などのトラブル時にも利用できるプラチナカードならではのサービスです。

国内外900ヶ所以上の空港ラウンジが利用できる「プライオリティ・パス」が無料付帯します。(申込必須)

その他にも手荷物空港宅配サービスや海外出張等で不必要な上着を預かってくれる「コート預かりサービス」も受けられます。

豊富なサービスが多く、国内外出張するビジネスマンに便利です。

ビジネスカード限定のビジネス・アドバンテージ

MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードにはビジネスカード限定の「ビジネス・アドバンテージ」というサービスが用意されています。

オフィスに欠かせない事務用品や通信費などの優待、レンタカーの割引サービスが受けられるのです。

追加カードは無料で発行可能。さらに利用明細をCSVでダウンロードする事ができます。カード使用者ごとにCSVを分けて出力できるので、経費を迅速に把握・管理する事が可能です。

更に全国で利用できるタクシーチケットが簡単に発行できます。(MUFGカード、UFJカード、NICOSカード利用可能会社限定)1週間程度で届き、カード利用代金と共に請求されるので管理しやすく便利です。

安心のプロテクション

法人カードとなると気になるのはセキュリティ面。MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードでは国内外抜かりないプロテクションを用意しています。

海外旅行損害保険は最高1億円(自動付帯最高5,000万円+利用付帯最高5,000万円の合計)、国内旅行障害保健は自動付帯で5,000万円、ショッピング保険は年間限度額300万円、犯罪被害障害保健は最高1,000万円と充実の内容。

更に万が一不正使用された場合にもその被害を補償してくれます。これだけのセキュリティが整っていると、頻繁に出張があるビジネスマンも安心ですね。

ビジネスシーンに活用できるポイント・プログラム

1,000円につき1ポイントのグローバルポイントが付与。ポイントは海外での利用で2倍、国内初年度1.5倍が貯まります。ポイントの有効期限は3年と長いので使い忘れの心配もありません。

また使うほどお得にポイントが貯まる「グローバルPLUS」は、年間の利用金額により翌年のポイントが優遇されます。年間50万円以上、100万円未満の利用では、翌年の基本ポイントが20%加算。年間100万円以上の利用では、翌年の基本ポイントは50%分が加算されるのです。

更にインターネットショッピングは「POINT名人.com」を経由すると、2~25倍のポイントが加算されます。貯めたポイントは日本航空・シンガポール空港・大韓航空の各マイルへ移行できるので、経費削減にも繋がりますね。

経費管理の手間を省き福利厚生にも利用

ビジネスカードを作成する事により履歴が残り管理がしやすくなります。追加カードもその所有者ごとの履歴が発行され、社用車のETCカードを発行すると立て替えて貰う必要が無く便利に。

更にカードの利用明細は確定申告に使用可能です。領収書の整理に苦労した覚えはありませんか?カードを利用する事で申告作業は楽になります。

経費をカードで決済する事でポイントが貯まり、ポイントで忘年会を開催なんて事も可能。福利厚生として社員に還元できるのもビジネスカードの魅力です。

MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの進化:ゴールド⇒ゴールドプレステージ⇒プラチナ

MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの進化過程

ビジネスカードといっても多種多様。法人や個人事業主の方はどのカードにしようか迷うことでしょう。

ここからは3種類のMUFGカード・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを見ていきましょう。

ゴールド
mufg_gold_biz

1,905円+税 利用付帯で国内旅行傷害保険最高2,000万円

ゴールドプレステージ
mufg_goldpre

年会費:10,000円+税 利用付帯で国内旅行傷害保険最高5,000万円

プラチナ
mufg_platinum_biz

年会費:20,000円+税 国内旅行傷害保険、利用付帯分最高5,000万円+自動付帯分5,000万円

MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの審査を攻略するポイント

MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの審査の基本情報は以下のようになります。

申し込み条件原則業歴3年以上、2期連続黒字決算の法人・個人事業主
審査にかかる日数10日程度
発行にかかる日数申請日から約2週間後

審査攻略のポイント

ビジネスカードであるMUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード。個人カードとはまた審査基準が変わってきます。

ここからは、MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの審査のコツをじっくり見ていきましょう。

MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード攻略のポイント
  • 業績や黒字決算かどうかが重要
  • 支払の滞りや金融事故がないか
  • 固定電話の番号があれば記載

ビジネスカードなので業績や決算状況が最も重要。業歴や黒字決算は長ければ長い程審査が通りやすくなります。

個人カードよりも審査は厳しいと言えるでしょう。カードやローンの支払いに滞りがあったり、過去に金融事故を起こしていたりするとネックとなります。

固定電話の番号を持っていれば記載しましょう。固定電話回線を持っているという事は、常駐する社員が存在するということで信頼に繋がります。些細な事ですがこれらの項目に注意しましょう。

プラチナビジネスカードとセゾンプラチナビジネスカードを比較

同じくアメックスのプラチナビジネスカードであるセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード。これらを比較しどのカードが相応しいか判断の参考にしてください。

年会費やポイントの貯まり方は?空港ラウンジは?補償は?

ビジネスカードと言っても様々な種類があり、それに付帯するサービスも異なります。

まずは年会費やポイント還元について。

MUFGプラチナビジネス・セゾンプラチナビジネスの年会費・ポイント還元率を比較

比較MUFGプラチナビジネスカードセゾンプラチナビジネスカード
年会費20,000円+税20,000円+税(年間200万円以上の利用で次年度年会費10,000円+税優遇)
追加カード3,000円+税(制限なし)3,000円+税(4枚まで)
ポイント1,000円=1ポイント1,000円=1ポイント
ポイント還元率0.5%(海外1%)0.5%(海外1%)
ポイント有効期限36ヵ月(3年)なし

セゾンプラチナビジネスカードの特徴はポイントの有効期限がなく、年間利用額が200万円以上で次年度の年会費が半額となります。

続いて空港でのサービスを見ていきましょう。

MUFGプラチナビジネス・セゾンプラチナビジネスの空港サービスを比較

比較MUFGプラチナビジネスカードセゾンプラチナビジネスカード
プライオリティ・パス◎あり◎あり
プラチナ・コンシェルジュサービス◎あり◎あり
手荷物無料宅配サービス◎あり×なし
コート(防寒具)預かりサービス◎あり×なし
ツアーデスク◎あり◎あり

共にプライオリティ・パスが付帯し、プラチナ専用のコンシェルジュサービスも用意されています。MUFGプラチナビジネスカードは手荷物無料宅配サービスとコート預かりサービスが付帯しません。

微妙な違いではありますがカードを選ぶ際の参考にしてください。

続いて、補償について見ていきましょう。

MUFGプラチナビジネス・セゾンプラチナビジネスの旅行傷害保険など補償を比較

MUFGプラチナビジネスカードセゾンプラチナビジネスカード
死亡・傷害保険(国内旅行時)5,000万円5,000万円
死亡・傷害保険(海外旅行時)1億円(利用・自動付帯各5,000万円)1億円(自動付帯)
国内・海外渡航便遅延保険2万円3万円
ショッピング保険300万円300万円

セゾンプラチナビジネスカードは海外旅行時の補償が自動付帯で1億円となっています。補償に関して殆ど違いはありません。

MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの口コミ体験談

リーズナブルな年会費で豊富なサービスが利用できるMUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード。

ここからは、決算の使い勝手と共に付帯するサービスをじっくり見ていきましょう。

決済の使い勝手

国際ブランドはアメックスのみ。以前よりもJCB加盟店と連携したお陰で、格段に利用しやすくなっています。しかし事前に利用できるか確認しておくとスマートに買い物ができるでしょう。

ネット上で決済の際に桁数が合わず困った事がある。店舗でもたまに断られるので事前確認は必要

特典・サービスについて

MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの特典やサービスについて見ていきましょう。

ビジネスカード会員限定サービス

ビジネスカードの最大の特徴である「ビジネス・アドバンテージ」こちらは働く上で便利な優待サービスが受けられます。

オフィス用品・宅配便・レンタカーなどのサービスが法人価格で利用できます。国内ホテルも多数対象となっているので、出張の際に便利です。

ステータスも高く、備品購入の優待も受けられるのはありがたいですね。

サービスが豊富で数々の優遇や割引があり、とても便利
低価格の年会費でプライオリティ・パスが利用可能

20,000円+税という低価格の年会費でプライオリティ・パスが付帯するMUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード。

海外へ頻繁に行くのであればプライオリティ・パスの利用をおすすめします。乗継の際の待ち時間をラウンジで有効活用しましょう。

ハワイや韓国などのカードラウンジに限らず、海外の空港でもラウンジを利用できるので、助かっています

みんなの印象

最大500万円の利用限度額はビジネスカードとして申し分ない
プライオリティ・パスが付帯するのはありがたい
ビジネスカード限定サービスが便利

みんなの疑問

審査が通らない場合に注意すべき点はありますか?
ビジネスカードの審査対象は法人・個人事業主です。法人であれば代表者も審査の対象となります。代表者が現在持っているカードがゴールド以上であると、審査が通りやすくなるケースがあります。また空港等のブースから申し込むと通りやすいという実例も。これらのポイントを参考にして申し込みましょう。
ビジネスカードのメリットは?
追加カードを発行しても、カードごとに明細が発行されるので経費管理がしやすくなります。またETCカードを作成すれば社員に立て替えてもらう事もなくなるので便利です。

口コミからわかった「カードが向いている人・やめておいたほうがいい人(会社)」

こうした口コミから、MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードが向いている人(法人・個人事業主)、向いていない人(法人・個人事業主)を最後に確認します。

向いている人
  • 国内外出張へよく行く人(法人・個人事業主)
  • 年会費をできるだけ抑えたいが補償も受けたい人(法人・個人事業主)
  • 経理業務を簡略化したい人(法人・個人事業主)
向いていない人
  • 出張へ行かない人(法人・個人事業主)
  • ステータスを必要としない人(法人・個人事業主)
  • 年会費を払いたくない人(法人・個人事業主)

ゴールドカードプレス編集部の結論

MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの魅力は充実の補償・サービスと年会費の安さ。国内外出張へ行く人(法人・個人事業主)に向いていると言えます。

反対に出張へ行かない人(法人・個人事業主)にはあまりメリットに感じられないでしょう。

また業歴が短い会社や赤字が続いている会社の場合はカード自体の発行が厳しいようです。

経理面での効率も上がり、充実のサービスと補償を求める人(法人・個人事業主)にぜひ一度試して貰いたい1枚と言えます。

カード基本情報

mufg_platinum_biz
国際ブランドアメックスのみ
年会費(初年度)20,000円+税
追加カード年会費(初年度)3,000 円+税
利用限度額100万円~500万円
審査・発行期間2週間ほど
ポイント付与率0.1%(1,000円毎に1ポイント)
ポイント還元率0.5%
入会資格業歴3年以上、2期連続黒字決済の法人・個人事業主

ゴールドカードの記事一覧


ページのトップへ