JAL CLUB ESTプラチナカード

JAL CLUB ESTプラチナカードの全て

カードの種類 航空会社系
ランク プラチナ
タイプ ヤング向け
国際ブランド JCBのみ
年会費 31,000円+税(CLUB EST会員として別途2,000円+税が必要です)
カードの3つのポイント
  • 20代しか入会できない、若者向けのステータスカード
  • 旅行時にも安心の、最高1億円の旅行傷害保険
  • プラチナカードだからこその充実した優待特典

JAL CLUB ESTプラチナカードは、どんなカードなの?

JAL CLUB ESTプラチナカードは株式会社JCBとクラスJなど快適な旅が叶えられる日本航空株式会社(JAL)が提携して、発行するクレジットカードで、20代の人しか入会できない若者向けのカードという特徴を持つ、プラチナカードです。年間でよく飛行機を利用する人なら気になるカードだといえます。

通常の年会費にCLUB EST会員の年会費を、別途支払う必要がありますが、20代の若さでも比較的簡単にプラチナを取得できるメリットがあります。

通常のプラチナカードの特典はそのまま付帯されますので、旅行保険なども充実しています。

それではAMEX(アメリカン・エキスプレス・カード)とは大きく違う、JAL CLUB ESTプラチナカードについて、詳しく説明していきます。

20代しか入会できない、若者向けのステータスカード

プラチナカードと聞いて思い浮かぶイメージは、審査が厳しく、30歳以上の社会的地位の高い人が持てる、高収入者向けのカード。

一般的なイメージは、このような感じだと思いますが、このカードの一番の魅力は、そのプラチナカードを20代の若さでも、手にすることができる点です。

サービスや特典の内容を見ても、名ばかりのプラチナではなく、通常のJALJCBプラチナカードが持っている性能を、全て使うことができるほどの充実さです。

さらに、CLUB EST会員限定の特典まで付帯されます。

CLUB EST会員限定の特典
  • 国内に17ヶ所ある空港ラウンジ国内線サクララウンジが利用可能(年5回)
  • マイルの有効期限が36ヶ月(3年)から60ヶ月(5年)に延長
  • 搭乗ボーナスマイルの優遇
  • 毎年初回搭乗時に「FLY ONポイント」を2,000ポイントプレゼント
  • 通常は年会費3,000円の「ショッピングマイル・プレミアム」が無料登録
  • 毎年「e JALポイント」を5,000円分プレゼント

これだけの特典がつきますので、通常のプラチナ以上の内容になっていますね。

一般的な若者が持てるカードとしては最高クラスのカードと言っても過言ではないでしょう。

旅行時にも安心の、最高1億円の旅行傷害保険

航空会社のプラチナカードならではといえる、旅行時の安心もついてくるJAL CLUB ESTプラチナカード。

旅行の時に万が一何かあった場合でも頼りになる、手厚い補償内容を紹介していきます。

海外旅行保険は自動付帯となっており、死亡・後遺障害で最高1億円、傷害治療費1,000万円、賠償責任1億円と手厚く補償してくれます。自分だけではなく、家族特約もついているのが嬉しいですよね。

もちろん国内旅行もしっかりと補償

国内旅行も自動付帯で、死亡・後遺障害が最高1億円、入院日額10,000円、通院日額2,000円と国内旅行でもしっかりと補償してくれます。

ショッピング保険もついており最高500万円、補償期間90日までついてくるのです。

これだけ補償されれば、安心して旅行を満喫するとこができますね。

JAL JCBプラチナカードの特典は、保険以外にも旅行で使える特典が多く存在しますので、旅行や出張が多い人には、ぜひともおすすめしたい一枚です。

プラチナカードだからこその充実した優待特典

ネットワークとホスピタリティで、若者をもっと上へ、遠くへ、という想いから生まれた JAL CLUB ESTプラチナカード。

最上級のカードだからこそできる、充実のサービスと、細やかなホスピタリティを紹介していきます。

国内一流レストランのグルメクーポンや、コンシュルジュサービスなどのJALプラチナ会員しか受けられない、ハイクラスのサービス。

海外でも使える、そのサービスの数々は、このカードの良さをより一層引き出してくれます。

JALプラチナサービス一覧
  • 初回搭乗で5,000マイルプレセント
  • 国内28ヶ所、海外1ヶ所の空港ラウンジの利用無料
  • プライオリティパス付帯
  • グルメ・ベネフィット
  • JCBプレミアムステイプラン
  • プラチナ・コンシュルジュ・デスク
  • GOLD Basic Service
  • JALカード会員限定運賃「JALビジネスきっぷ」
  • 会員誌「アゴラ」、オリジナルカレンダーの送付
  • 機内販売、免税店、JALホテルズの割引
  • JALエグゼクティブカウンターでのチェックイン
  • 国内線でアップグレードできる、クーポンをプレゼント

これだけの特典があれば、旅先での相談や、ホテルやレストランの手配までカバーしてくれるので、ワンランク上の旅を満喫できるでしょう。また、あっという間に特典航空券もゲットできちゃいますね。

JAL CLUB ESTプラチナカード:一般⇒CLUB-A⇒CLUB-Aゴールド⇒プラチナ

JAL CLUB ESTプラチナカードの進化過程

JAL CLUB ESTプラチナカードは、一般カードに分類されるカードです。JAL CLUB ESTカードの中では最高ランクのカードになります。その下には3種類のランクが存在しています。

ここからは4種類のJALCLUB ESTカードを見ていきましょう。

一般(普通カード)
jal-club-est-classic

年会費:2,000円+税 CLUB EST年会費として別途5,000円

CLUB-A(一般とゴールドの間くらいのランク)
jal-club-est-cluba

年会費:10,000円+税 CLUB EST年会費として別途5,000円

CLUB-Aゴールド
jal-club-est-cluba-gold

年会費:16,000円+税 CLUB EST年会費として別途2,000円

プレミア(上級会員)
jal-club-est-platinum

年会費:31,000円+税 CLUB EST年会費として別途2,000円

JAL CLUB ESTプラチナカードの審査を攻略するポイント

JAL CLUB ESTプラチナカードの審査の基本情報は以下のようになります。

申し込み条件20歳以上30歳未満でご本人に安定収入のある人(学生の方は申込みできません。)
審査にかかる日数約2週間
発行にかかる日数約2週間

審査攻略のポイント

JAL CLUB ESTプラチナカードを手に入れるためにはどうすればいいのか。

申し込み条件にもありますが、大前提として20代でなければ、申込みができません。

若者向けのカードですので、プラチナカードとしては、審査は簡単のようですね。

それでは、押さえておきたいポイントを整理していきましょう。

JAL CLUB ESTプラチナカード攻略のポイント
  • 本人に安定していて継続的な収入があること
  • 過去に延滞や滞納をしていないこと
  • 申し込み時に嘘の情報を記載しないこと

どれも基本的なことばかりですが、上記3点を抑えていると審査に有利です。

一般カードを作る時のような条件ですが、若者向けのカードのため、特別な条件はなさそうです。

過去に支払の遅延や、消費者金融の利用などの履歴があると、信用に足らないとして審査落ちになる確率が高くなるでしょう。

そして、申告内容に嘘を記載しても信用を失ってしまうので、正しい情報を記入して申告してくだい。

年収は300〜350万円くらいあれば、まず問題ないと思いますので、上記のことに気をつけて、憧れのプラチナカードを手に入れましょう。いずれにせよ、電話番号など自分自身の情報は誤らないよう注意です。

JAL CLUB ESTプラチナカードの口コミ体験談

若者向けですが、高いステータス性と充実の優待特典が魅力のJAL CLUB ESTプラチナカード。

ここからは、決算の使い勝手と共に付帯するサービスをじっくり見ていきましょう。

決済の使い勝手

国際ブランドはJCBのみとなります。国内での仕様であれば対応している店舗が多く、使い勝手はかなり良いです。

ただし、外国での利用だと、対応していない店舗がありますので、海外に行くときは、VISAかマスターカードのどちらかを、予備に携帯しておくことをおすすめします。

一体型ではないですが、SuicaやWAONにオートチャージをして使えるので、改札やコンビニでの買い物のときもスムーズに会計を済ませることができますよ。

高額の決済にも対応

JAL CLUB ESTプラチナカードの利用限度額は初期値で100万〜300万円に設定されます。20代の年齢でしたら、車の購入などの一大決心のときに、とても頼りになる存在だと思いませんか。

カードに詳しくない友人などに、プラチナカードだと自慢して、ちょっとした優越感を味わえます。

特典・サービスについて

JALとJCBのお得な優待特典を最大限に利用できるのが魅力でもある、JAL CLUB ESTプラチナカード。ここからは特典やサービスについて見ていきましょう。

JALグループ便でビッグボーナスマイル

JALグループ便を利用することで「入会搭乗ボーナス5000マイル」、「毎回初期搭乗ボーナス最大2000マイル」「搭乗毎にマイル25%プラス」と3つのボーナスを獲得することができます。

JALカードショッピングマイル・プレミアム

カード利用でもマイルをザクザク貯められます。マイル移行に伴う手続きや手数料が不要なのはうれしいですよね。通常3240円(税込み)の年会費がかかる本サービスも、プラチナ会員なら無料で利用可能。JALカードショッピングマイル・プレミアムに加入することで、100円=1マイル、特約店なら100円=2マイルを獲得することができます。通常のマイル獲得還元率から考えるとなんと2倍になるのです。

かなり効率的にマイルを貯められそうですよね。

JALマイルの付与率について

JALカードを利用した場合は直接マイルが貯まるので、移行手続きの手間や手数料がかかりません。

プラチナカードは「JALカードショッピングマイル・プレミアム」に自動入会しているので、常に100円ごとに1マイル貯まっていきますので、普段の買い物でもとても効率よくマイルを貯めることができます。

JALカード特約店でカード決済した場合は、通常のマイルの2倍のマイルがもらえます。 なので「JALカードショッピングマイル・プレミアム」に加入していることで、100円で2マイルも貯まるのです。

また、年会費が2,000円+税がかかりますが、「JALカードツアープレミアム」に加入しておくと、フライト時のマイル積算率がなんと100%になります。

これらの特典を上手く活用すれば、あっという間にマイルが貯まっていきますよ。

気付いたら航空券が、無料で手に入るくらい貯まっていて驚いたよ。
プライオリティパスの無料付帯

世界中の空港のラウンジが使えるようになる、プライオリティパスのプレステージ会員を無料で登録できます。

国際線での旅行が多い人ならこの特典だけで、年会費のもとが取れるくらいのサービスです。

北海道(新千歳空港・函館空港)、東北(青森空港・秋田空港・仙台空港)、関東(成田空港・羽田空港)、東海(中部国際空港)、北陸(新潟空港・富山空港・小松空港)、関西(大阪伊丹空港・関西国際空港・神戸空港)、中国(岡山空港・広島空港・米子空港・山口宇部空港)、四国(徳島空港・高松空港・松山空港)、九州・沖縄(北九州空港・福岡空港・大分空港・長崎空港・熊本空港・鹿児島空港・那覇空港)、関西国際空港では追加で「KIXエアポートラウンジ」が。そしてハワイ・ホノルル(ダニエル・K・イノウエ)空港では「IASS HAWAII LOUNGE」が利用可能など国内の主要空港28ヶ所のラウンジの利用はもともと付帯されています。しかしプライオリティパスがあれば世界120カ国900ヶ所以上の空港で使えるので、乗り継ぎまでの空いた時間を、ドリンクや軽食を楽しみながら過ごせたら、とても嬉しいことですよね。トランジットの際など、旅行時の不要な時間は本人、同行者にとっても苦痛なもの。プライオリティ・パスで贅沢な時間を過ごしましょう。

待ち時間を有意義に過ごせるし、若者としてはドリンクや軽食があるのが嬉しいです。
e JALポイント5000円相当プレゼント

e JALポイントは航空券の購入、JALパッケージツアー代金、空港使用税、燃油サーチャージ支払いに使用でき、現金に近い印象のポイントサービスです。2016年6月に新設され、今まで以上に強力なサービスだと言えるでしょう。

このサービスだけでもCLUB EST年会費5000円(税抜き)の元は取れるので、大きなメリットといえるでしょう。

優待サービス

様々な優待サービスがある価値ある本カード。せっかくのプラチナ(上級顧客)なら、贅沢に、優越感を味わえるようなサービスを享受したいですよね。

  • JALビジネスクラスカウンターチェックイン
  • JAL機内販売10%OFF(ポイント還元率2倍)
  • JALオリジナルカレンダー送付
  • ホテルニッコー・JALシティでのアーリーチェックイン・レイトチェックアウト
  • JALカード会員限定パッケージツアー割引
  • 国際線手荷物宅配(1個500円)

本来なら、より上級会員だけが受けられるサービスも、ヤングエグゼクティブとして受けられるのです。

トラベル・ダイニング優待

JALアメックス・プラチナ会員は「スーペリア・エキスペリエンス」を利用可能。では、JCB会員が利用できるサービスはあるのでしょうか? JCBカード会員は「JCBプレミアムステイプラン」が利用可能です。日本全国の人気があるホテルや旅館にオトクな価格で泊まれたり、ホテルならではのおもてなしを受けることができます。

レイトチェックイン、レイトチェックアウト、朝食、部屋のアップグレード、ウェルカムドリンク、ドリンクサービス、アメニティサービスなど、様々なサービスは大変魅力的です。

「ヒルトン東京ベイ」「ザ・プリンス箱根芦ノ湖」「セントレジスホテル大阪」「ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ」「仙台ロイヤルパークホテル」「二期倶楽部(NIKI CLUB&SPA)」他、名だたる上級ホテル・旅館を優待価格や特典で利用できるのは嬉しい限りです。もしかするとスイートルームにアップグレードなんてことも?ビジネスパーソンだけではなく、通常の旅行でも嬉しいサービスです。

年会費には要注意

JAL CLUB EST年会費は5000円(税抜き)とリーズナブルですが、JALカード年会費も併せて支払う必要があります。JALカード年会費+CLUB EST年会費が実際に支払う年会費なので、安易にカード選びをしないほうが良いでしょう。このわかりにくい料金体系はデメリットですよね。

みんなの印象

この年齢で、プラチナカードを持てることにステータスを感じる
他のプラチナと比べても、性能が良いので、若者の特権です
仕事以外でも使いやすいので手放せません

みんなの疑問

年会費を割引する方法はありますか?
確かに年齢的に安い金額ではないですよね。しかし、残念ながら直接値引きをする方法はありません。ですが、年会費以上の恩恵を受けられる内容なので、使ってみれば決して高いと感じないはずですよ。
30歳になったらどうなりますか?
JCB CLUB ESTカードは20代限定のカードですので、会員期限が存在します。本会員が30歳を迎えたあとの、最初のカードの有効期限の末日までが会員期限です。

口コミからわかった「カードが向いている人・やめておいたほうがいい人」

こうした口コミから、JAL CLUB ESTプラチナカードが向いている人、向いていない人を最後に確認します。

向いている人
  • 若くしてステータスに興味がある人
  • 国内・海外共に旅行を楽しみたい人
  • 豊富な優待を活用して、お得な生活をしたい人
向いていない人
  • あまり飛行機を利用しない人
  • ステータスを必要としない人
  • 年会費を払いたくない人

ゴールドカードプレス編集部の結論

JAL CLUB ESTプラチナカードの一番の魅力は、高いステータスと豊富な優待特典だと言えます。

国際ブランドも対応している店舗が多いので、どんな場面でも使いやすい便利なカード。

ステータスが必要ないと思っている人でも、満足できるくらいのお得な特典が盛り沢山ですので、30歳までの期限はありますが、素敵な大人へのステップアップのためにも手にしてみてはいかがでしょうか。

カード基本情報

jal-club-est-platinum
国際ブランドJCBのみ
年会費(初年度)31,000円+税 CLUB EST会員として別途2,000円+税が必要
家族カード年会費(初年度)15,500円+税CLUB ESTに入会する場合会員別途2,000円+税が必要 
利用限度額100万〜300万円
審査・発行期間2週間ほど
ポイント付与率1%
ポイント還元率15%
入会資格20歳以上30歳未満の安定収入のある人(学生不可)
入会キャンペーンなし

ゴールドカードの記事一覧


ページのトップへ