ゴールドカードプレス > ゴールドカードの知恵袋 > 新社会人の方がはじめてゴールドカードを作る方法を紹介!

新社会人の方がはじめてゴールドカードを作る方法を紹介!

新社会人の方がはじめてゴールドカードを作る方法を紹介!のイメージ

僕は新卒で一部上場企業に入社することになりました。

やっぱり、ゴールドカードはかっこいいので、すぐにでも持ちたいのですが、社会人1年目なので年収も社会的信用も低く、審査に通るか心配です。

ゴールドカードというと、豊富な優遇サービスがあるとよく聞きます。ポイントの還元率も良いのでしょうか?

色々疑問だらけですが、就職してすぐ、最初に持つクレカをゴールドカードにすることはできますか?

就職おめでとうございます。

一部上場企業に入社ということであれば、すぐにクレジットカードを作ることができると思います。

しかし、自分にも就職先にも自信があっても、いざゴールドカードの審査となると、少し不安を感じてしまいますよね。

この記事では、新卒や新社会人の方、新入社員の方など、就職したばかりの人向けに、ゴールドカードの審査を通す方法やおすすめゴールドカード、先輩の体験談などを交えながら、紹介していきますね。

新社会人はゴールドカードの審査に通りにくい?審査のコツや仕組みを解説

入社したばかりの新入社員は、ゴールドカードの審査に通るのでしょうか?

結論から申し上げると、新入社員であることは、ほとんどのカードでマイナス評価にはなりません!

学生時代に支払いの支払い延滞などの延滞歴やカード没収など金融事故を起こして、クレヒス(クレジットカードヒストリー)がボロボロになっているのであればちょっと難しいでしょうけど、過去に金融事故を起こしていない新社会人の方は、クレジットカードの審査を恐れる必要はありません。これは、高卒であっても、専門学校卒であっても、大学卒業であっても、中卒であっても関係ありません。

一部上場企業であれば、会社の信用力高いため、突然アメックスプラチナや三井住友VISAプラチナなど、プラチナクラスにチャレンジするなど無茶をしなければ、審査基準も明確なゴールドカードは、審査も通りやすいと言えます。

新卒(新入社員)のゴールドカード審査

これまでは30代以上など年齢制限の多かったゴールドカードも、最近では「20歳以上で安定継続収入のある人」というような条件に緩和され、新卒の人にとっても手の届く存在になりつつあります。学生の方は、就職するまで待つ必要がある点に関しては変わらずですね。

クレジットカードの利用履歴である「通称クレヒスが無いとクレジットカードが作れない」という情報を目にすることも多いかと思いますが、新卒や学生、20代など若い方の場合は、クレヒスがなくても特に疑わしいと思われることはありません。

若い人ほどクレヒスが無くて当たり前ですので、気にせず普通に申し込んで大丈夫です。

ゴールドカードの審査に通らない例

定職に就いた若者が審査落ちするとしたら、むしろ職業や年収に明らかに見合わないステータスのカードに申し込むことや、同姓同名の誰かと間違われる等の審査のミスぐらいしか考えられません。

ありがちなのは、クレジットカードの多重申込。短期間(半年以内くらい)に複数のクレジットカードを申し込むと、多重申込みという状況になります。こうした状況は、貸金業法の総量規制があるクレジットカード業界的には好ましく思われず、審査に落ちてしまう可能性が高まります。クレジットカードを作成できることが嬉しく、ついつい年会費無料カードを作りすぎてしまう…。その結果、肝心のゴールドカードが作れなくなることがあるので、注意しましょう。

ですので、年収はクリアしていても、勤続年数の目安のあるアメリカン・エキスプレスゴールドカードやダイナースカードは、今すぐの申し込みは避けたほうが無難。勤務年数が長くなり、年収がアップした時に、改めて入会審査を受けたほうが良いでしょう。20代後半〜30代になったときに申し込みを行ったほうが、審査通過率は高くなるようです。

(※ゴールドカードの審査全般について、スコアリングや新規入会基準、キャッシング枠などについて詳しくはこちら:ゴールドカード審査基準:落ちる?通る?ボーダーはどこ?

年会費も意外と安い?新社会人におすすめのヤングゴールドカード

勤続年数や年齢の制限があるゴールドカード以外は、ゴールドカードの申し込みハードルは以前ほど高くない、ということがわかったかと思います。

では、新卒社員の20代はどのようなカードがおすすめなのでしょうか?ここからは、20代向けのオススメカードをしっかり見ていきましょう!

20代ならヤングゴールドカードがお得

こちらの20代向けのゴールドカードのページでも紹介していますが、特におすすめなのはステータス感がありコスパも良いヤングゴールドカード。

三井住友VISA のヤングゴールドカードである「三井住友VISAプライムゴールドカード」がおすすめです。

三井住友カードが発行する銀行系高ステータスヤングゴールドカードで、WEB明細サービスの利用とマイ・ペイすリボ登録(リボ払い)に登録することで、年会費が割引となり、年会費が1500円まで下がります

年会費たったの1500円で持てるという年会費の優遇を受けられ、通常のゴールドカードとほぼ同等の補償を受けることができます。

コンビニや、スーパーなど生活の中での買い物でも、クレジットカードを利用したい場面は多いですよね?そんな時に、サッと簡単に決済できるポストペイ型(後払い型)の電子マネー「iD」という機能が自動的に付帯するので、決済の幅も広がります。この点も人気のポイントです。

この金額で持てるなら、持っていないほうがもったいないぐらいの一枚です。満20歳から申し込めるので、新卒社会人にはぴったりですね。

高級旅館予約サイト「Relux(リラックス)」の優待や、ドクターコール24など豊富なサービス内容が大きな特長です。

カードデザインは「Prime」と大きく描かれたものとなっていますが、30歳になってから最初のカード更新時に通常の三井住友VISAゴールドカードに自動的に切り替わります。

20代向けのカードとしては、最強ではないでしょうか?

[おすすめ]【20代限定】三井住友VISAプライムゴールドカード

三井住友VISAプライムゴールドカード
三井住友VISAプライムゴールドカード

ヤングゴールドカードの体験談や口コミ、利用シーン

実際に三井住友プライムゴールドカードを利用している方、利用していた方の口コミ体験談をまとめました。

評判をまとめると、

  • 1回利用するごとに1,000円ほどかかる空港ラウンジを何度でも利用できる
  • ゴールドカードとしてはポイント高還元率であること
  • 何よりプラチナに育つこと!

「年会費の元をとる」という発想の場合は空港ラウンジに価値を感じ、「ステータス感」を優先する人は一般ゴールドカードの更に上位カードであるプラチナカードに育つことに価値を感じているようです。

そして、「無難」という評価は、どこに出しても恥ずかしくないというステータス感が求められる1枚目のゴールドカードにとって、最大の価値であると考えられます。

まとめ:これであなたもゴールドカードホルダー!リスク無しで申し込む方法

このように、ヤングゴールドカードは

  • 意外と年会費も安く
  • 審査も年齢を考慮してくれ
  • 保障や特典はとても充実!

と、20代なら選ばない理由がないほど、お得なゴールドカードです。

でも、本当に自分にゴールドカードは必要なのか・・・とまだ迷っている方におすすめなのが初年度年会費無料のヤングゴールドを1年間試しに使ってみるという方法です。

本当にカッコよく見えるのか、周囲からの評判はどうか、お店でちゃんと扱ってもらえるのか、年会費を払って持つ価値があるのかなど、実際のステータス感や使い勝手が自分のライフスタイルに合うのかどうか、リスクなしでチェックしてみることができます。

おすすめの三井住友プライムゴールドカードは年会費無料キャンペーンに加え、タイミングによってはポイントバックがつくこともあり、「お試ししただけで、収支が黒字になる」という場合も。

次年度以降も、年会費は月額換算で最安約100円程度ととってもお手頃。実際に持ち続けることになった時も、軽い負担で、支払いにハイクラス感を演出することができます。

キャンペーン期間中に申し込みしてみて、ゴールドカードのかっこよさを体感してみてはいかがでしょうか。

こちらのページで、最新の入会キャンペーンをチェックしてみてください。

三井住友VISAプライムゴールドカード

無料で持てる1年間で、翌年以降年会費を払う価値があるかどうか、じっくり試してみてくださいね!

ゴールドカードの記事一覧


ページのトップへ