外国人のクレジットカード審査

ゴールドカードプレス > クレジットカード審査 > 外国人が持ちやすいクレジットカードは?審査のポイント

外国人が持ちやすいクレジットカードは?審査のポイント

(スポンサードリンク)

日本に住む外国人もずいぶん多くなりました。

在住期間が長いと、日本国内発行のクレジットカードがあると便利なことも増えてきます。

でも、外国人が日本でカードを発行してもらうのは難しいのでしょうか?実態や、審査に通るコツを調査しました。

もくじ

  • 日本人よりもクレジットカードの審査が難しくなる理由とは?
  • 外国人労働者がカードを作るには
  • 外国人留学生がカードを作るには
  • 日本国内発行のクレジットカードを持つための必須アイテム
  • 申し込み前にチェックしたい、審査に落ちやすくなる条件

日本人よりもクレジットカードの審査が難しくなる理由とは?

クレジットカードを作る時は日本人でも外国人でも審査が必要。でも審査の基準はほとんど公表されていないうえに、カード会社によって審査の厳しさもまちまちです。

このため、日本人と外国人では審査の基準が異なるのかどうかについては「審査の仕方は日本人と同じ」「外国人の方が厳しい」「外国人というだけで審査に通らないカード会社もある」など、さまざまな情報が飛び交っています。

外国人も日本人も審査の基準は変わらないとしても、現実として外国人の方が審査に落ちる割合が高い、というのはあるようです。

それは、外国人の方が審査をクリアするための条件に達していない人が単に多いから、ということなのですが、ではなぜ外国人だと審査の条件を満たすのが難しいのでしょうか。

カード会社としては、ちゃんと返済能力があるかどうかが一番大切な条件になります。それは日本人も外国人も変わりないのですが、とくに外国人だと在日期間中に返済できるかどうかが大きなポイントになります。

返済が終わる前に帰国して連絡が取れなくなった、というトラブルも実際多いそう。

帰国後に返済することもできないことはないのですが、すでに国外にいる人とやりとりするには、法律的な面やコスト面などでカード会社の負担が大きくなります。

そのような理由で、会社側も外国人にカードを発行するのは慎重になるのです。

逆に見れば、安定した収入があることに加え、これまでの日本での在住期間が長く、これからもある程度の期間は日本にいることが証明できれば、カードも発行されやすくなるといえます。

外国人労働者がカードを作るには

カードを作るには、ある程度の額の安定した収入があることは必須条件。

日本人では年金所得80万円(年収)でも発行されるカードがありますが、外国人の場合は事情が少し異なります。

上でも述べた通り、カード会社は外国人のカードホルダーが返済が終わる前に日本から離れてしまうことを危惧しています。

このため、カードを作る時は安定した収入があることに加え、日本にこれからも住み続けるというアピールが必要です。

カードの申し込みから帰国予定の期間が短いと、審査が通りにくくなります。

滞在期間の問題などで審査に通りにくいと思ったら、給与振込に利用している銀行が発行しているカードに申し込みましょう。口座を開設して取引があることで、審査が通りやすくなるようです。

外国人留学生がカードを作るには

留学生がクレジットカードを申し込む場合は、収入がないですから普通のクレジットカードはお勧めできません。

でも、学生専用カードなら安定した収入は審査の条件にはなっていないので、比較的発行されやすくなっています。

学校や住んでいる場所が証明できて、親権者の承諾があればまずOK。

学生カードは、年会費や保険の面などで一般カードにない特典もあります。

おすすめの学生カードは、三井住友VISAのクラシックカード(学生)かJCB CARD EXTAGE。どちらも年会費無料で、三井住友VISAは旅行保険やスポーツ保険などの保障が厚く、JCBはポイント優待の特典がついています。

ただし学生カードも、在住期間が1年未満の留学だと発行が難しくなるので注意してください。

クレジットカードを持つための必須アイテム

審査をできるだけ通りやすくするためには、日本で安定した収入があり、ある程度の滞在期間があることを証明する書類が必要です。

具体的には

  • 外国人登録証明書、在留カードなど、在留外国人(在住外国人)であることの証明書
  • 本人確認書類(パスポート、保険証、日本の運転免許証、本人名義の銀行口座など)
  • 給与明細、源泉徴収票、所得証明書などの安定した収入を証明するもの
  • 住民票

など。

固定電話も日本在住が長いという証明になります。

外国人登録証明書や在留カードは、ほとんどのカード会社が申し込みの際に提出を求めています。これに加えて、本人確認書類や収入の証明ができる書類を複数送るといいでしょう。

申し込み前にチェックしたい、審査に落ちやすくなる条件

とにかく、安定収入があり、この先もある程度の滞在予定があることが第一条件。これらが証明できるだけの信用がないと、審査に通るのは難しくなります。

ビザの期間が短いのはやはり不利です。

本人名義の電話がないのは、長く滞在する意思がないとみなされることも。携帯電話をまず契約しましょう。

居住年数が1年未満、引っ越し回数が多い、同じ国出身の人たちでルームシェアしている場合も、居住が安定していないということで審査が厳しくなります。

日本語が不自由なのはマイナス要因なってしまいます。

外国籍の人がカードを申込みすると、ある程度の日本語が話せて理解できるか確認するため、電話がくることがあります。日常生活レベルの日本語はマスターしてから申し込みましょう。

外国人に限らずですが、これまでに多額の借金をしている、返済に遅滞があったなど、すでに持っているクレジットカードの履歴に問題があると、当然審査に通りにくくなります。

携帯電話の支払いの遅滞も同様。

また、カードの利用履歴だけでなく申し込みの履歴もチェックされます。短期間に複数のカードに申し込んだりするのは避けましょう。

まとめ

学生さんは審査基準が低いうえに特典もつきます。少しでも早く学生カードに申し込みましょう。

日本で働いている人なら、安定した生活を送っている基盤を整えた後、これから先も滞在することをアピールすると効果的です。

同じ場所に1年以上住んでいること、日本で会社に3年以上勤めていることなどが証明できると尚いいです。

カード会社はとにかく回収不能になることを避けたいので、きちんと支払いができることを証明する書類があれば通りやすくなりそうですね。

またカードを申し込む時は、多重申し込みにならないようにしましょう。

申し込み履歴は半年間残ります。外国人が審査に通りやすいカード、通りにくいカードがあるので、通りやすそうなカードを見極めて、半年に2枚ずつ挑戦してみてください!

収入はあってもビザの期間が短いなどの理由でクレジットカードを持てなければ、デビットカードやプリペイドカードという選択もおすすめです。

スポンサードリンク

ゴールドカードの知恵袋

ゴールドカードの記事一覧


ページのトップへ