エポスプラチナカードの全て

カードの種類 流通系
ランク プラチナ
タイプ ステータス
国際ブランド VISA
年会費 20,000円+税
カードの3つのポイント
  • 有効期限がなく、貯まりやすいポイントシステム
  • 充実の旅行保険とプライオリティパスの付帯
  • 手頃な年会費で手厚いサービス

エポス・プラチナカードは、どんなカードなの?

エポス・プラチナカードは株式会社エポスカードが発行する、選ばれた人だけが招待されるインビテーションカードです。

年会費も低めのハイステータスなのに、お得なクレジットカード。

有効期限のない「エポスポイント」が貯まりやすく、年間利用額に応じて、ポイントボーナスのプレゼントや、誕生日の月にはポイントが2倍になるなど、とても還元率の良いカードなのです。

旅行時においても、国内・海外旅行ともに最大1億円の旅行保険とプライオリティパスが付帯されているので、みなさんの旅に安心と満足を与えてくれるでしょう。

有効期限がなく、貯まりやすいポイントサービス

せっかくポイントを貯めても有効期限が切れてしまってはもったいないだけです。「エポスポイント」はエポスゴールドカード以上のランクになると、ポイントの有効期限がなくなります。

なので、エポスプラチナカードも有効期限がないので、しっかりとポイントを貯めることができるのです。

カード利用金額200円につき1ポイント、リボ払いの場合なら200円つき2ポイントが付加されます。丸井グループでの利用ならさらにポイント貯まり、丸井でのカード利用なら200円につき2ポイント、リボ払いの場合なら200円につき3ポイント、現金でも200円につき1ポイントか付加されます。

誕生日月の利用に限っては、ポイントが2倍になり、丸井をクレジットで利用すると4ポイントも貯まり、還元率はなんと2%にもなるのです。

さらに貯まるポイントプレゼント

年間利用金額に応じたポイントサービスもあり、年間100万円以上の利用があると、なんと20,000ポイントものプレゼントが貰えるのです。さらに年間300万円以上の利用なら30,000ポイント、年間1,500万円以上なら100,000ポイントも貰うことができます。

年間100万円でしたら、普段のショッピングのメインで使い、公共料金や電話代などの毎月の支払いもカードで決済すれば、到達しそうな金額ですので、十分にお得なポイントサービスだと言えますね。

充実の旅行保険とプライオリティパスの付帯

エポスプラチナカードには年会費2万円+税とは思えないほど充実した旅行保険と、本来であれば399USDの年会費がかかる「プライオリティパス」が無料でついてきます。

充実の旅行保険

海外旅行保険は自動付帯となっており、障害死亡・後遺障害で最高1億円、障害治療費300万円、賠償責任1億円と手厚く補償されており、これだけ充実していれば他の保険はいらないといえる内容。

国内旅行の方は利用付帯ですので、旅行代金をエポスカードで決済をする必要がありますが、死亡・後遺障害で最高1億円、入院日額(フランチャイズ7日)で5,000円、通院日額(フランチャイズ7日)で3,000円と国内旅行にも安心がついてきます。

プライオリティパスの無料登録

世界400以上の都市、900以上の空港ラウンジで利用できるプライオリティパスは、本来だと4万円ほどの年会費がかかります。それを無料で登録可能なのは、旅行の多い人にはとても嬉しい特典といえますね。この特典だけ見ても、実質エポスプラチナカードの年会費の元が取れているといえますね。

手頃な年会費で手厚いサービス

エポスプラチナカードは年会費2万円とプラチナカードとしては比較的安い年会費ですが、そのサービス内容は他の年会費の高いプラチナカードと較べても、変わらないほど充実しています。

プラチナカード限定の特典内容を簡単に紹介します。

  • 誕生日月はポイント2倍
  • プライオリティパス無料
  • プラチナカード提示で国内18空港・ホノルル空港・ホノルルラウンジ・仁川空港の空港ラウンジが同伴者1名様まで無料
  • 海外旅行傷害保険自動付帯
  • 国内旅行傷害保険利用付帯
  • VISAプラチナカード会員優待
  • エポスプラチナカードグルメクーポン
  • VISAプラチナダイニング(日本・海外)
  • VISAプラチナ・コンシュルジュ・センター
  • 通信販売サイトエポトクプラザにてプラチナカード限定の特別優待あり

このように国内・国外を問わない充実した特典が各種ついているので、上手に活用すれば、年会費2万円以上のお得感を得られますよ。

エポスプラチナカードの進化:一般⇒ゴールド⇒プラチナ

エポスプラチナカードの進化過程

エポスプラチナカードはプラチナカードに分類され、エポスカードの中では最上級のカードです。

ここからは3種類のエポスカードを見ていきましょう。

一般
epos-sv epos-red

年会費無料 ネット申し込み後、最短即日発行可能

ゴールド
epos-bold

年会費5,000円+税 年間利用額50万円以上で翌年以降年会費永年無料

プラチナ
epos-platinum

年会費20,000円+税 年間利用額100万円以上で20,000ポイントプレゼントだから実質年会費永年無料

エポスプラチナカードの審査を攻略するポイント

エポスプラチナカードの審査の基本情報は以下のようになります。

申し込み条件20歳以上で安定収入のある人
審査にかかる日数完全招待制
発行にかかる日数約2周間

審査攻略のポイント

インビテーション制なので、エポスゴールドカードでの利用実績次第ということになります。インビテーションが届いた人ならまず間違いなく審査はクリアできます。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード攻略のポイント
  • エポスゴールドカードを所有していること
  • 年間で100万円ほどの利用実績があること
  • インビテーションの期間内に申し込むこと

最初にエポスカードからスタートし、年間で50万円ほど利用することで、ゴールドカードへのインビテーションが届きますので、まずはそれでゴールドカードを入手してください。この方法だと年会費が無料でゴールドに切り替わりますが、1年も待てないって方は5,000円の年会費を払って、いきなりゴールドでも問題ありません。

次にゴールドカードで年間100〜150万円ほどの利用実績があれば、早ければ1年でインビテーションが届きます。

最後にインビテーションには申込み期間がありますので、期間内に確実に申し込んでください。もし、遅れた場合は希望に添えないこともあるようです。

完全招待制の割には、そんなに習得までのハードルは高くないようなので、プラチナカードを狙っている方は検討してみてください。

エポスプラチナカードの口コミ体験談

プラチナカードならではの豊富な優待特典と高いポイントサービスを持ったエポスプラチナカード。

ここからは、決算の使い勝手と共に付帯するサービスをじっくり見ていきましょう。

決済の使い勝手

国際ブランドはVISAのみ。しかし、VISAであれば国内・国外を問わず使用できる店舗はとても多く、決済時に不自由を感じることはまずないでしょう。

5,000店舗以上の提携店での優待特典

大変多くの店舗と提携しており、エポスカードを提示することでさまざまな優待特典を受けることが可能。

一例を紹介すると

  • カラオケ・シダックスのルーム料金30%OFF
  • モンテローザグループの居酒屋利用でエポスポイント5倍
  • ロイヤルホスト飲食代10%OFF
  • 日本旅行Webサイト利用でエポスポイント10倍
  • HISエポスカ会員限定ホームページからの海外ツアー利用でエポスポイント5倍

などのお得になる特典が書ききれないほどあるので、会計をするのも楽しくなります。

提携していることを知らなくて、会計のときに思いがけず得をすることもあるよ

特典・サービスについて

エポスポイントがとても貯まりやすく、国内・国外を問わず役に立ち特典が付帯している、エポスプラチナカード。ここからは特典やサービスについて見ていきましょう。

エポスポイントがザクザク貯まる

年間利用額に応じたポイントプレゼントや誕生日月のポイント2倍特典の他にも、対象の店舗からよく利用する店舗を登録・利用するだけでポイント最大3倍の「選べるポイントアップショップ」

会員限定のポイントアップサイト「たまるマーケット」を経由してショッピングをすればポイント2〜30倍アップ。Amazonや楽天とも提携しているので、欲しい商品も必ず手に入るでしょう。

公共料金などの毎月の支払いにも使用していれば、ポイントがザクザク貯まること間違い無し。

メインで使っているだけで、気づいたら驚くほどポイントが貯まっていた
ポイントの使い道も豊富

有効期限がないため好きなだけ貯めることができ、そのポイントの使い道も様々なのも嬉しい点。

丸井では1ポイント1円として500ポイントから利用できます。その他にはVISAギフトカードやクオ・カードなどの商品券やギフト券に交換、ANAとJALのマイルや携帯電話会社のポイントのような他社ポイントとも交換が可能です。

グッズとの交換から寄付に至るまで、ありとあらゆる使い道がありますので、自分のライフスタイルに合った使い方ができるのです。

使い道の多さに思わず笑顔になりました

みんなの印象

ボーナスポイントがすぐ貯まる
プラチナカードだが敷居は高くない
買い物での使い勝手の良さは最高レベル

みんなの疑問

ゴールドカードのように年会費を抑えることはできますか?
直接的に金額を下げる方法はありませんが、さんざん述べたように、利用金額次第では年会費と同額のボーナスポイントを貰えるので、実質年会費は無料と言えるのではないでしょうか。また、プライオリティパスの年会費無料などの特典から考えれば十分すぎるくらいに元が取れていると思います。
ゴールドからプラチナに切り替えるメリットは?
インビテーションでしか手に入らいないというステータス性はもちろんですが、インビテーションが来るほどの利用をされているような人であれば、年会費を実質無料にできるうえに、より充実した特典を得られるプラチナカードのデメリットを探すほうが難しいくらいです。

口コミからわかった「カードが向いている人・やめておいたほうがいい人」

こうした口コミから、エポスプラチナカードが向いている人、向いていない人を最後に確認します。

向いている人
  • メインのカードとしてプラチナを持ちたい人
  • 年会費を抑えながらも、ステータスが欲しい人
  • 海外・国内を問わず充実した特典を受けたい人
向いていない人
  • 旅行にはあまり行かない人
  • ステータスが不要な人
  • クレジットを利用した買い物をしない人

ゴールドカードプレス編集部の結論

エポスプラチナカードの一番の魅力はポイントの貯まりやすさと、その使い道の多さ。普段から買い物が多い人にはとても価値のあるカードと言えるでしょう

また、旅行時においても、特に海外旅行で大きな活躍を見せてくれるので、旅行によく行く場合はおすすめの一枚

反対に、旅行にあまり行かない人や、インビテーションを取得するのが手間に感じる人にとってはあまり魅力的とは感じないかもしれません。

あらゆる場面でボーナスポイントが貯まり、買い物も旅行も好きだよという人には最高のカードだと推薦します。

カード基本情報

epos-platinum
国際ブランドVISA
年会費(初年度)20,000円+税
家族カード年会費(初年度)発行不可
利用限度額300万円
審査・発行期間約2周間ほど
ポイント付与率0.5%(200円毎に1ポイント)
ポイント還元率誕生日月に丸井利用時リボ払いで2%
入会資格インビテーションが届いた人
入会キャンペーンなし

ゴールドカードの記事一覧


ページのトップへ