エポスゴールドカード

エポスゴールドカードの全て

カードの種類 流通系
ランク ゴールド
タイプ 倹約
国際ブランド VISAのみ
年会費 5000円(条件達成で翌年以降永年無料)
備考 1度でも年間50万円以上利用すると、
年会費が永年無料になるゴールドカード
(スポンサードリンク)
カードの3つのポイント
  • ポイント還元率最大1.5%
  • 海外旅行保険が自動付帯
  • 国内外の20箇所以上の空港ラウンジが無料

エポスゴールドカードの特徴:使えば使うほど得をするカード

デパートの株式会社丸井グループが発行する「エポスゴールドカード」は、丸井ユーザーのみならず、多くの人にとって大きなメリットがあるゴールドカードです。

年会費無料ゴールドカードの代名詞、コストパフォーマンス(コスパ)最高の「エポスゴールドカード」。以前は有料のゴールドカードでしたが、2007年頃から50万円以上の利用で年会費が無料になり、無料なのに国内主要空港の空港ラウンジ無料(羽田空港・成田国際空港・新千歳空港・函館空港・仙台空港・小松空港・中部国際空港・大阪国際(伊丹)空港・関西国際空港・神戸空港・広島空港・松山空港・福岡空港・北九州空港・長崎空港・熊本空港・大分空港・鹿児島空港・那覇空港)と、ハワイホノルル空港、韓国仁川(インチョン)国際空港のラウンジも利用できる+海外旅行傷害保険が自動付帯という神カードになりました。

カードの券面デザインに驚くほどの高級感はありませんが、たしかにゴールドカードだと認識できるデザインとなっています。格安年会費や年会費無料ゴールドカードは、デザインがごちゃごちゃしていることが多いので、この点は好感が持てますね。

そんなエポスゴールドカードを入手する方法は2種類あります。一般のエポスカードを利用しゴールドカードのインビテーション(招待状)を待つ方法と、初めからゴールドカードに入会して年間利用金額を50万円以上にする方法です。一般カードからの招待でゴールドカードに入会した場合、年会費を1円も支払わずにゴールドカードを手にすることができますが、ゴールドカードに直接入会した場合は初年度5000円の年会費が必要になります。

インビテーションを受け、手にするエポスゴールドカードは、50万円以上利用という大変低い基準になっています。

このエポスゴールドカード以外に、年会費無料ゴールドカードとして人気なのは、イオンゴールドカードです。イオンラウンジサービスなどが利用できる他、別料金で様々な保険を追加できる点が人気を集めています。

しかし、このイオンゴールドカードは、発行までの条件が厳しいため、より手軽なゴールドカードといえるのは、このエポスゴールドカードです。

無料で手に入るゴールドカードであるという側面ばかりが注目を集めていますが、実は実用性もかなり高いのがエポスゴールドカードの特徴でもあります。

この記事では、エポスゴールドカードのメリットやデメリットなど、様々な観点からエポスゴールドカードを徹底レビューしていきますので、ゴールドカード選びの参考にしてみてください!

ポイント還元率最大1.5%、更に電力やJRなど指定店が3倍に!

通常の還元率は0.5%ですが、年間50万円以上の利用でボーナスポイントがつき、50万円の利用なら1%、100万円の利用なら1.5%という高還元率カードになります。ポイントの有効期限もなく、ポイントを非常に貯めやすいクレジットカードでもあるのです。ためたポイントは、VISAの全国共通ギフト券(VJAギフトカード)など商品券やANAマイル、JALマイル、QUO(クオ)カードなどに交換することができます。

選べるポイントアップショップ登録でポイントが最大3倍に

エポスプラチナカード・エポスゴールドカード限定の高還元率プログラムである「選べるポイントアップショップ登録」。これは、東京電力やユニクロ、JR東日本、イオンなどから最大3ショップをユーザーが登録することで、登録店で利用したポイントが最大3倍に。利用するほどお得になりますね。

実は優待が充実!ロイヤルホストや魚民が会計時10%オフ

エポス Netご優待サイト エポトクプラザは、様々な店舗やサービスを優待価格で利用することができます。

例えばファミリーレストランのロイヤルホストや居酒屋のモンテローザグループ(白木屋・笑笑など)はエポスカード利用で会計から10%オフ、サーティーワンアイスクリームでも割引を受けられるなど、エポスカードの優待サイト「エポトクプラザ」には日常的に利用しやすい優待店がたくさん。もちろん、特別な日に利用したい高級店の優待もありますよ。

ほかにも、年4回開催されるエポスカード会員限定「マルコとマルオの7日間」期間中はマルイでの買い物が何度でも10%オフになるなど、割引サービスも充実しています。

持っているだけで得をする、庶民が持つにふさわしいゴールドカードと言えるでしょう。

エポスゴールドカードの進化

エポスゴールドカードに入会するには、年会費無料一般カードからのインビテーションで入会するルートと、ゴールドカードに直接入会するルートの2種類の経路があります。

ゴールドカードに直接申し込むか、一般カードからインビを待つか

一般カードからのインビテーション入会では、初年度から年会費永年無料に。インビテーションを受け取った方々の体験談をまとめると、会員歴1年以上、年間利用額50万円になるペースでの決済、事故歴なしなどがインビテーションの発行条件となっているようです。

一方のゴールドカードに直接入会するルートでは、初年度は年会費5000円かかりますが、年間決済額50万円以上を達成した翌年から年会費が永年無料になります。

また、ゴールドカードの上位カードとして、エポスプラチナカードも存在します。Visaプラチナカード会員の特典やプライオリティ・パスが付いて年会費はたったの2万円。プラチナはインビテーション限定で、年間決済額100万円以上が目安とのウワサです。

エポスカードの進化過程

(一般)エポスカード

・年会費:永年無料 ・年間50万円以上利用するとゴールドカードのインビテーションが届き、年会費を一切払わずにゴールドカードを持つことができる

【年間50万以上決済で進化?】↓インビテーション or 新規入会
(ゴールド)エポスゴールドカード

・年会費:5000円(条件達成で永年無料)※インビ入会の場合初年度から無料 ・年間50万円以上利用すると、翌年以降の年会費が永年無料になる ・空港ラウンジサービス利用可能、海外旅行保険が自動付帯など、ゴールドカードならではの特典満載

【年間100万以上決済で進化?】↓インビテーションのみ
(プラチナ)エポスプラチナカード

・年会費:2万円 ・ビザ・ワールドワイドが提供するVisaプラチナカード会員の特典を利用でき、更にプライオリティ・パスに無料で登録できる ・年間100万円以上利用で2万円相当のポイントをキャッシュバックされ、年会費実質無料に

エポスゴールドカードの審査を攻略するポイント

エポスゴールドカードの審査の基本情報は以下のとおりになります。

申し込み条件20歳以上で本人に安定継続収入があること※学生は除く
審査にかかる日数申し込みから最短即日〜1週間程度
発行にかかる日数審査完了から最短3日〜2週間程度

審査攻略のポイント

どのクレジットカード会社も審査基準を明かしていませんが、エポスゴールドカードの取得難易度は低いとされています。しかし、パート・アルバイトの人やクレヒスがない人、極端に年収が低い人、短期間に複数枚のカードを申し込んでいる人は審査落ちの傾向にあります。

特に、多重申込みには厳しく、短期間で複数枚のカードを申し込んでいる人は、ある程度の期間をおいてから申し込むことをおすすめします。

エポスゴールドカード攻略のポイント
  • クレヒスを積み重ねる
  • 多重申込みは避ける
  • 年会費が永年無料のランクアップを狙う

年齢や収入などの条件は、どのカードでも通るくらいの高水準であってもクレジットカードヒストリーが全くない人も審査落ちする場合があります。クレジットカード会社は審査のスピード化や正確さ、お金の使い方の観点から、多くが信用情報機関に情報を問い合わせします。

その際に、全く情報がない場合、どのように利用してくれるのかが全く見えないため、審査が通りにくいようです。借金やカードローン利用、クレジットカードを所有したことのない人は、注意が必要です。落ちたという履歴は残ってしまうため、不安な場合は一般カードから利用実績を積み重ね、ゴールドカードを目指すことをおすすめします。

エポスゴールドカードを持つ多くの人は、年会費が永年無料になるため一般カードから招待(インビテーション)を受けることでゴールドにグレードアップしているようですね。審査通過に自信がない場合、まずは一般カードから実績を積み、ゴールドカード会員にアップグレードを目指すのが最短と言えるでしょう。

これまであまりクレジットカードに馴染みがないから、練習がてらゴールドカードを目指したい、という人もご安心を。50万円以上という条件は、実はすごくハードルが低いのです。

1ヶ月にすると。4万2千円弱という金額になります。

電気・ガス・水道などの公共料金や、携帯電話料金、賃貸にお住まいでカード払いが可能な住宅に住まわれている方ならば、すぐに超えてしまう金額と言えます。

そう考えると、とても簡単に永年年会費無料のカードを持つことができそうですよね。

審査結果を早く知りたい!という人はこんな都市伝説もあります。審査ステータスが「ただいま審査中」から「審査中」に変わると100%否決になるよう。早く結果が知りたいという場合は、覚えておいても良いかもしれません。

エポスゴールドカードの口コミ体験談

インビテーションを受け取り、所有することで年会費が永年無料になるエポスゴールドカード。

安価で持てるゴールドカードとして人気のエポスゴールドカードですが、使い勝手や特典・サービスは良いのでしょうか?じっくり見ていきましょう。

決済の使い勝手

エポスゴールドカードで選択できる国際ブランドはVISAのみとなっています。国内外で加盟店は非常に多いので、安心して使えると言えそうです。

ポイントがものすごくよく貯まる

年会費無料の通常カードの魅力はポイント還元率です。ところが、ゴールドカードで高還元率を謳うカードは多くありません。

ゴールドカードは、ポイントではなく付帯するサービスや特典などに力を入れているためです。しかし、このエポスゴールドカードはポイント還元率もスゴイんです。

東京電力、東京ガス、JR東日本などのインフラ企業をはじめとしたポイントアップ対象ショップを3つまで登録でき、登録した店舗は利用時のポイントが最大3倍になります。

実に1.5%の還元率となるので、高還元率カードといえますね。

こうして貯めたポイントは、エポスVisaプリペイドカードへチャージすると、VISA加盟店で1ポイント1円として、現金同様に使えるので、街やネットショッピングなどで利活用の幅が広いですね。

せっかくポイントが貯まりやすいので、貯めたポイントの出口にも注目したいところです。

気がついたらポイントがとにかく貯まっています!ゴールドカードはポイントの有効期限がないので、たくさん貯めて、気がついたときに使えますよ
入会から3ヶ月間はボーナス期間

ゴールドカード申し込みの翌月から3ヶ月間、月に10回以上ゴールドカードを利用すると、毎月200エポス通常ポイントがもらえます。

3ヶ月達成で合計600ポイントという計算ですね。

カードを利用するだけでもらえるボーナスポイントも合わせてチェックしておきましょう。

無料でもらえるボーナスポイントもコツコツ貯めれば結構貯まるんです!貯まったらエポスVisaプリペイドカードへ入金すると、今まで買おうか悩んでいたものが買えちゃったります

特典・サービスについて

優待の手厚さが魅力のエポスゴールドカード。ここからはエポスゴールドカードの特典や、付帯するサービスについてしっかり見ていきましょう。

優待がとにかく手厚い

全国に店舗があるファミリーレストランチェーン「ロイヤルホスト」での会計が10%OFFになる他、カラオケチェーン「シダックス」の割引など多数の優待が魅力です。

この他にも、大塚家具や日本旅行、劇団四季公演など、様々な優待があるのでカードを手に入れた際にはぜひ注目したい点です。

カードを提示するだけで受けられる優待も豊富なので積極的に使っていっています!ロイヤルホストの10%OFFは正直やりすぎ!といつも思う
海外旅行傷害保険自動付帯

エポスゴールドカードは、通常よりも手厚い海外旅行傷害保険が自動付帯しています。海外旅行時のケガや病気はもちろん、携行品の盗難や破損などの損害に対しても付帯保険でカバーできるので安心できます。

通常のEPOSカードは、傷害死亡・後遺障害で最高500万円ですが、エポスゴールドカードは最高1,000万円と実質年会費無料で所有できるゴールドカードとしては破格の補償内容になっています。

その他、エポスゴールドカードの補償内容は以下のとおりです。

保険の対象者はエポスゴールドカード会員本人のみ。同伴者や家族は対象にはなりません。

また、補償期間はカード加入日の翌日以降に日本を出発した旅行が対象になります。1旅行につき最長90日補償期間はあります。

補償内容としては、障害死亡・後遺障害 最高1000万円、障害治療費用 300万円、疾病治療費用300万円、賠償責任(免責なし)2000万円、救援者費用100万円、携行品損害20万円と年会費無料のゴールドカードとは思えない充実っぷりとなっています。引受保険会社は三井住友海上火災保険株式会社ですので、対応にも安心できます。

通常年会費5000円、実質年会費無料のゴールドカードの補償内容としては最高クラスではないでしょうか?

海外でケガをした時にも、別途旅行保険に入らなくても充分保障してもらえたので安心できました

みんなの印象

居酒屋やファミレスをよく利用する一般人にとっては最強のゴールドカードかも。
ETCカード無料は結構嬉しい。
ポイント還元率はまあまあ。優待がやばい。年会費無料で空港ラウンジも使えるし。REXから乗り換えようか真剣に検討中。
クレジットカードに疎い人にはわからないかもしれないけど、見せびらかす用としてはイマイチ。

エポスゴールドカードのみんなの疑問・質問

ゴールドカードのインビテーションが来ましたが、審査に自信がなく、万が一カードが止まると困ります。ゴールドカードにしないほうがいいでしょうか?
エポスゴールドカードに関しては、インビテーションが届いている時点でほぼ発行される傾向にあるので、そのまま申し込んでみることをおすすめします。
一般カードを50万円以上利用したのに、ゴールドカードのインビテーションが来ません。なぜでしょうか?

一般カード利用中、支払いの遅れや延滞、他社に過払い請求を行うなど、クレジットカード会社から敬遠されるようなことはありませんでしたか?もしお心当たりがないのであれば、(1)マルイで利用してみる、(2)他社カードを解約or限度額を下げてみる という方法を試してみてください。

もしどうしてもゴールドカードが欲しいなら、このページから直接エポスゴールドカードに申し込んでみてください。初年度の年会費はかかりますが、ポイントキャッシュバックもありますので、年会費は実質無料になります。

口コミ体験談のまとめ/エポスゴールドカードが向いている人

以上の口コミや体験談から、エポスゴールドカードを持つのが向いている人、向かない人の特徴をまとめました。

エポスゴールドカードを持つと得をするのはこんな人
  • はじめてゴールドカードを持つ人
  • 年に1回程度は飛行機を利用する人
  • 海外旅行保険を利用したい人
エポスゴールドカードはやめておいたほうがいいのはこんな人
  • ゴールドカードは年会費の高さ=ステータスと考えている人
  • 1枚で完璧なステータスを望んでいる人
  • お財布に入れておきたいだけで、実際はカードを利用しない人

ゴールドカードプレス編集部の結論

エポスゴールドカードは、「決済してナンボ」のカードです。

お財布の飾りにゴールドカードを入れたい人は、もっと年会費の安いカードがありますし、クレジットカードによってとにかくステータスを主張したい人は、もっと年会費の高いカードで経済力をアピールするべき。

これまでのゴールドカードはトラベル&エンタテイメントを得意とするカードが中心でしたが、エポスカードはショッピング&トラベルのカードです。

よりステイタスを求めるのであれば、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(アメックスゴールド)や、ダイナースクラブカード、三井住友VISAゴールドカードを、そして、全くステイタスにこだわらず、とにかくポイントを貯めて、お得に利用したいということであればREXカードやリクルートカード、漢方スタイルクラブカードなどの年会費無料カードが良いでしょう。

しかし、年会費実質無料とはいえゴールドカードは、ゴールドカードです。少しでもステイタスカードとして、クレジットカードを所有したい、ということであれば「エポスゴールドカード」は使い勝手もよく、大変おすすめです。

お金を使わないわけじゃない。ライフスタイルに寄り添い、その中で自然に手に入る、そんな一枚なのです。持っていて維持費がかかるわけではないエポスゴールドカードを持たない理由って案外思い浮かびませんよね?

  • 真面目で堅実
  • 節約上手
  • 攻めより守りに強い

支払いの時にこんなイメージをアピールできます。しっかり使って、年会費永年無料の権利を手に入れてください!

エポスゴールドカードのカード基本情報

国際ブランドVISA
通常年会費(初年度)5,000円+税※年間50万円以上利用で翌年以降年会費永年無料。一般カードからのインビテーションで年会費無料
家族カード年会費家族カードなし
利用限度額100万円まで
審査・発行期間2〜3週間程度
ポイント付与率0.5%(200円毎に1ポイント)
ポイント還元率基本0.50%(支払い時にリボ払い利用でMAX還元率2%)
入会資格20歳以上で、本人に安定継続収入がある人(学生除く)
入会キャンペーン新規入会で2,000円相当のエポスポイントプレゼント

スポンサードリンク

ゴールドカードの知恵袋

ゴールドカードの記事一覧


ページのトップへ