ダイナースプレミアムの全て

diners-premium
カードの種類 海外プロパー系
ランク ブラック
タイプ ステータス
国際ブランド ダイナースクラブのみ
年会費 100,000円+税
カードの3つのポイント
  • アメックスセンチュリオンと双璧をなす最高峰のステータス
  • ダイナースクラブの多彩な優待特典
  • 実はポイントの貯まりやすさも断トツ

ダイナースプレミアムカードは、どんなカードなの?

ダイナースプレミアムは世界初のクレジットカードと言われるダイナースクラブより発行されており、ダイナースクラブの中でも最高ランクのステータスを持っているクレジットカード。

利用限度額に一律の制限がなく、会員限定の様々な優待特典が付帯しています。

インビテーション制になっているため、まさに選ばれた者だけが持てる特別なカードです。

アメックスセンチュリオンと双璧をなす最高峰のステータス

ブラックカードという響きだけでもステータスを感じてしまいますが、その中でも最高のステータスカードと言われているのがアメックスセンチュリオンと、このダイナースプレミアム。

インビテーション制なので選ばれた人しか持つことが許されず、年会費も130,000円+税という高額なカードですが、わかる人が見れば、一目を置かれる存在になれるのです。

ダイナースクラブを通してレストランを予約すると、店の責任者が名刺交換をしに来てくれるとまで言われているくらいのカードですので、ステータスの高さが伺い知れますね。

ダイナースクラブの多彩な優待特典

グルメ、トラベル、エンターテイメント、ゴルフなど日常のあらゆるシーンで活用できる、多彩な優待特典が用意されています。

会員限定の招待イベントや、高級レストラン・人気料亭での各種イベント等の優待プランを楽しむことができます。この一枚で特別な毎日を送ることができるかもしれませんね。

ダイナースクラブ会員限定サービス一覧
  • 海外クラブホテルズ
  • 国内クラブホテルズ・旅の宿
  • エグゼクティブダイニング
  • 国内・国外合わせて600箇所以上の空港ラウンジ無料
  • トラベルデスク
  • おもてなしプラン
  • 料亭プラン
  • サイレンス・スタイル
  • ナイトイン銀座
  • ギルト会員特別優待
  • 銀座ショッピング優待プラン
  • コナミスポーツクラブ優待
  • スパ・エステ優待
  • 乗馬クラブクレイン乗馬体験優待
  • プライベート看護サービス
  • ホテル内フィットネス特別優待
  • 名門ゴルフ場優待予約
  • プライベートレッスン優待
  • ゴルフ練習場優待
  • フィッティングサービス優待

この他にも充実した旅行保険や、コンシュルジュサービス、プライオリティパスの無料付帯など、カードに付帯するサービスはほぼ全てカバーしているくらいの充実ぶりです。

これだけのサービスがあると年会費130,000円+税でも使い方次第では元を取れてしまうかもしれませんよ。

実はポイントの貯まりやすさも断トツ

実は他のカードと比べても断トツでポイントが貯まりやすいカードです。

このカードを持てるくらいの人なら当然、利用金額が大きいと思います。それでポイントがどんどん貯まっていくのは嬉しいことですよね。

例えばですが、月に30万円使用した場合は6,000ポイントもらうことができます。これをマイルに移行すれば6,000マイルに相当するので年会費の元を取るのもそんなに難しくないかもしれません。

他には金券や商品券やホテル宿泊、食品、さらには体験やサービスにも交換可能です。

マイル以外にも様々なものと交換することができますので、自分の生活にあった使い方をすることで生活の質が向上するかもしれません。

ダイナースプレミアムの進化:ゴールド⇒ブラック

ダイナースプレミアムの進化過程

ダイナースプレミアムは、ブラックカードに分類されるカードです。他にはダイナースクラブカードというゴールドカードに該当するカードがあります。一般ランクに当たるカードは存在しないです。

ここからは2種類のダイナースクラブのカードを見ていきましょう。

ゴールド
dinersclub

22,000円+税 他社のゴールドカードよりも性能・サービス共にハイレベル

ブラック
diners-premium

年会費:130,000円+税 全てが最高ランクのハイスペックなブラックカード

ダイナースプレミアムの審査を攻略するポイント

ダイナースプレミアムの審査の基本情報は以下のようになります。

審査後1週間前後
申し込み条件インビテーション制
審査にかかる日数1週間前後
発行にかかる日数

審査攻略のポイント

ダイナースプレミアムはインビテーション制ですので、ダイナースクラブから案内が来ないと申し込むことはできません。大前提としてダイナースクラブカードを所有していて、その利用実績が重要になってきます。それではダイナースプレミアムの攻略のポイントを確認しましょう。

ダイナースプレミアム攻略のポイント
  • 三井住友信託銀行の口座を持っている
  • 高い年収と社会的地位
  • 一軒家を所有していると有利

明確な審査基準は明かされていませんが、上記3点を抑えていると審査に有利に運ぶでしょう。

まずはダイナースクラブカードで修行を行ってください。そして現在、日本のダイナースクラブは三井住友信託銀行の管轄なので、ここの口座を開設しておくことをおすすめします。

そもそもダイナースクラブカードの時点で審査基準が高く、年収500万円くらいは必要です。なので、ダイナースプレミアムはさらに高い年収がある必要があります。

部長や社長のように社会的地位が高いことも求められ、勤続年数も長いほうが信頼されやすいです。

一軒家を所有していると、審査が通りやすくなるという話もあります。判断材料になるステータスの1つなのかもしれませんね。

ダイナースプレミアムの口コミ体験談

インビテーション制により選ばれた人しか持てず、高いステータスを誇るダイナースプレミアム。

ここからは、決算の使い勝手と共に付帯するサービスをじっくり見ていきましょう。

決済の使い勝手

国際ブランドはダイナースクラブのみ。JCBの加盟店でも使用できるので、使える店舗はとても多い。もしも気になるなら、事前に確認をしておきましょう。

一律の利用限度額がない

ダイナースクラブカードの特徴といえばこの一律の利用限度額なし。これはカード利用者の信用力に合わせた支払いを可能にするためのポリシーだそうです。

極端な話で、飛行機や戦車だってその気になればダイナースクラブカードなら買えるのですが、支払い能力が重視されており、どんな人でも年収以上の買い物なんてできないですよね。

実際には、目に見える形で金額が現れないだけで、ダイナースクラブ側のほうで、それぞれに限度額が設定されているようです。

だいだいの店舗で使えるけど、念のために違う国際ブランドのカードも持ち歩いているよ

特典・サービスについて

実はポイントが貯まりやすく、最高ランクのカードらしい充実の特典が魅力のダイナースプレミアム。ここからは特典やサービスについて見ていきましょう。

海外旅行者時に安心の特典

普段の買い物だけではなく、旅行時でも大活躍してくれるのがダイナースプレミアム。

万が一の時でも安心の手厚い補償内容を紹介していきます。

海外旅行保険は自動付帯となっており、死亡・後遺障害で最高1億円、障害治療費1,000万円、賠償責任1億円と手厚く補償してくれます。

もちろん国内旅行もしっかりと補償

国内旅行も自動付帯で、死亡・後遺障害が最高1億円、入院日額5,000円、通院日額3,000円と国内旅行でもしっかりと補償してくれます。

さらには、ショッピング保険もついており最高500万円までついてくるのです。

これだけ補償されれば、安心して旅行を満喫するとこができますね。

旅行が多いから安心感がついてくるのは、ポイント高いです。
プライオリティパスの無料付帯

世界中の空港のラウンジが使えるようになる、プライオリティパスを無料で登録できます。

通常なら4万円ほど年会費がかかることを考えれば、ありがたい特典ですよね。

出発までの空いた時間を、ゆっくりと過ごすことができる空港ラウンジ。海外旅行の場合は乗り継ぎなどで、待つ時間が長いですよね。

そんな空いた時間をただ待つのではなく、ドリンクや軽食を楽しみながら過ごせたら、とても嬉しいことですよね。待ち時間すら充実した時間に変えてくれる、魅力的な特典ですよ。

プライオリティパスを利用すると、より一層ステータス感を強く感じますね。

みんなの印象

ステータスのために手に入れたが、想像以上に内容がよくて大満足
年会費に少し戸惑ったが、決断して良かった
ポイントの還元率がよいもで、思っている以上に早くポイントが貯まっていく

みんなの疑問

アメックスセンチュリオンとどちらが審査を通りやすいですか?
基本的にはどちらも審査基準が厳しく所得の高い人向けのカードですが、ダイナースクラブカードの審査さえ通れば、年間100万年の利用で取得から1年でインビテーションがきたケースや、年間60万円くらいでも2〜3年の期間で案内が届いた人もいるようなので、ダイナースプレミアムの方が比較的簡単に手に入るのではないでしょうか。
ダイナースクラブカードが使える店舗は多いのか?
小さなお店やレストランであれば利用を断られることもありますが、スーパーマーケットやホテル、通販サイトなどでもダイナースクラブカードは利用可能です。それでも念の為にVISAかマスターカードのどちらかの国際ブランドのカードを持っていると安心です。特にヨーロッパではまだ対応していないケースが多いので、旅行などで行かれる時は注意してください。

口コミからわかった「カードが向いている人・やめておいたほうがいい人」

こうした口コミから、ダイナースプレミアムが向いている人、向いていない人を最後に確認します。

向いている人
  • 最高のステータスが欲しい人
  • 限度額を気にしないで買い物を楽しみたい人
  • 食事などあらゆる特典を楽しみたい人
向いていない人
  • ステータスに興味がない人
  • あまり高額な物を購入しない人
  • 年会費を払いたくない人

ゴールドカードプレス編集部の結論

このダイナースプレミアムは何と言っても、その高いステータスに尽きます。

ステータスに興味がない人には、ただ年会費が高いだけに感じてしまうかもしれません。

しかし、その年会費の高さすら気にならなくなるほどの、あらゆる優待特典がついているので、それらを使いこなせるならば、それ以上の恩恵を受けることができるのです。

実はステータスだけじゃない、使えば使うほど魅力が増えていく、一度は使ってみたいと思わせるカードです。

カード基本情報

diners-premium
国際ブランドダイナースクラブのみ
年会費(初年度)130,000円+税
家族カード年会費(初年度)無料
利用限度額一律の制限なし
審査・発行期間10日ほど
ポイント付与率2%(100円毎に2ポイント)
ポイント還元率2%
入会資格インビテーション制
入会キャンペーンなし

ゴールドカードの記事一覧


ページのトップへ