クレジットカードとデビットカードの違い

ゴールドカードプレス > クレジットカード審査 > デビットカードとクレジットカードの違いは? どんな人にオススメ?

デビットカードとクレジットカードの違いは? どんな人にオススメ?

(スポンサードリンク)

クレジットカードのように、支払いに使えるデビットカード。

でもクレジットカードとどこがどう違うのでしょう?

デビットカードを使うメリットは?

ここではデビットカードとクレジットカードを比較しながら、お勧めカードや賢い使い方などをみていきましょう。

デビッドカードとは

デビットカードの一番の特徴は、カードを使った時点で銀行口座からその代金が即自決済されること。

なので、銀行口座の残高がその時の利用限度額となります。

あとはクレジットカードとほとんど同じような感覚で使えます。

自分の預金からカードで払う、またはその場で払うクレジットカード、とでもいう感じですね。

クレジットカードとの違い

上でも述べた通り、デビットカードは即時決済。使ったその場で銀行口座から引き落とされます。

一方のクレジットカードは支払日が決まっていて、1カ月間に使ったカードの支払いは支払日にまとめて口座から引き落とされます。

もしかしたらふだんあまり意識をしてないかもしれませんが、クレジットカードで支払いをするというのは、借金をしていることでもあります。

ですが、デビットカードは借金にはなりません。

また、クレジットカードはクレジットカード会社が発行していますが、デビットカードは銀行が発行します。

これらの点がクレジットカードとデビットカードの大きな違いです。

デビットカーのメリット

上でも書いた通り、即時決済ですぐ銀行口座から引き落とされるので、使いすぎを防ぐことができます。

使いたくても、クレジットカードと違って口座残高以上は支払えませんからね。

引き落としの手数料もかからないので、買い物のためにATMで手数料を払って現金を引き出すことが多い人は、デビットカードの利用を考えてみるのもいいかもしれません。

カードによってはポイント還元のサービスもありますから、現金払いよりお得になることも。

使い方はクレジットカードと同じなので、通販やオンラインショッピングなどの支払いでカード払いしかできない場合も使えます。

VisaやJCBなど国際ブランドがついていれば、海外でクレジットカードの代わりに利用することもできるし、海外のATMで自分の口座から現地通貨を引き出すこともできます。

家計管理の面でも利点があります。

VisaやJCBのデビットカードなら、使用すると登録したメールアドレスに利用通知が届きます。

この場合、毎月の決まった支払いをデビットカードにしておくと、毎月の支払がいくらになったかも把握しやすいですね。

また、これはあまり起こってほしくないことですが、身に覚えのない支払いや不正利用も、メールが届くことで気づきやすくなります。

家計管理位に関しては、家計簿アプリと連動させて銀行口座の残高を随時チェックできるようにしておけば、残高不足でデビットカードでの支払いができない、ということが防げます。

申込の際の利点としては、借金をするわけではないので、審査が要らないこと。

利用可能年齢も16歳からなので、高校生でも持てます。

デビットカードのデメリット

クレジットカード感覚で使えるとはいえ、デビットカードではできないこともあります。

支払いが即時決済で、買い物時の口座残高=利用限度額となるため、この支払方法の関係で使えない場合があります。

例えば、一部の高速道路やガソリンスタンドでは、デビットカードが使えません。

分割払いもできません。

また、キャッシュバックやポイント還元などのサービスがあるデビットカードでも、クレジットカードと比較すると還元率は低いようです。

デビットカードが向いている人

「クレジットカードは使い過ぎてしまいそうで怖い」という人は、まずデビットカードでカード利用の練習するのもいいですね。

逆にクレジットカードで買い物を過ぎてしまったり、ついリボ払いやキャッシングを使ってしまう人は、自制するためにもデビットカードでお金の使い方を管理するのも手。

また審査が必要ないので、「クレジットカードが欲しいけど審査に通るか自信がない」という人もお勧めです。

とくにブラックに載ってしまってる人で、どうしてもカードが必要という場合は、デビットカードで凌ぐのも方法の一つです。

高校生も今では海外に行ったり、インターネットでカード払いしか受け付けていないものを購入したりと、クレジットカードが欲しいシーンが多くなっています。

そんな時はデビットカードを持っていると便利ですね。

デビットカードの種類

日本国内で発行されているデビットカードの種類は意外と少なく、国際ブランドではVisa、JCB、銀聯の3種類のみ。

銀行が発行するので、キャッシュカードと一体になっている場合が多いですね。

現在国際ブランドのデビットカードが発行できる銀行はVisaとJCBが各13行、銀聯は中国銀行東京支店のみでの発行となっています。

また、日本国内のみで使える「Jデビット」もあります。

あまり知られていませんが、ほとんどの銀行のキャッシュカード自体が、デビットカードで使えるようになっているんです。

ただ利用時間が限られていたり、インターネット上での決済には使えなかったりと、国際ブランドに比べると使い勝手がまだまだのようです。

おすすめデビットカード

ここでは年会費が無料か優遇があり、使い勝手のいいデビットカードを紹介します。

SonyBank Wallet(Visa)

発行手数料、年会費は無料。

口座を持っていない場合は口座開設後5~7日、すでに口座を持っている場合は申し込みから1週間程度でカードが届きます。

円建ての預金口座をはじめ、11通貨の普通預金の残高によって国内外でショッピングができます。

海外で使う場合は外貨普通預金口座からそのまま使えるので、決済手数料がお得に。

海外での利用の場合、外貨普通預金残高が不足していても円普通預金残高から自動的に不足分の外貨を購入して支払いに充当するサービスもあります。

国内での利用は毎月0.5%をキャッシュバック。外貨預金優遇制度のステージに応じて、最大2.0%までの上乗せもあります。

三菱東京UFJ-Jvisaデビット

発行手数料無料、年会費は初年度無料、2年目以降は1,080円。ただし前年1年間の利用額が10万円以上の場合と、年会費請求月の月末時点で23歳以下の場合は無料。

カードは申し込みから最短3営業日で発行、約1週間で届きます。

毎月の利用金額の0.2%が自動でキャッシュバックされ、誕生日や前年の利用金額によってキャッシュバック率アップの特典もあります。

ジャパンネットバンク銀行 Visaデビット

発行手数料、年会費無料。

アプリから申し込めば、最短5日ほどでカードが届きます。

カードは通常のキャッシュカード一体型か、ファミマTカードのキャッシュカードか選べます。

利用に応じてポイントが溜まりますが、ファミマTカードならTポイントでつきます。

楽天銀行デビットカード(JCB)

発行手数料、年会費が永年無料。

楽天銀行の口座開設と同時に申し込んだ場合は口座開設完了後の約1週間~10日、すでに口座を持っている場合は申し込み後約5~7営業日でカードが届きます。

世界中のJCB加盟店で使え、海外ATMで現地通貨も引き出せます。

利用100円ごとに1ポイントと還元率が高いのも魅力。

まとめ

クレジットカードは使い過ぎが怖い、またはいろんな理由でクレジットカードは持てない、でもカード払いの便利さは捨てがたい…。

そんな人はデビットカードがお勧めです。

またクレジットカードとデビットカードそれぞれに違ったメリットがあるので、うまく使い分けるのもいいですね。

スポンサードリンク

ゴールドカードの知恵袋

ゴールドカードの記事一覧


ページのトップへ