dカードゴールドの全て

dカードゴールド
カードの3つのポイント
  • docomoユーザに最適
  • 旅行もケータイも安心の付帯保険
  • 街で使える価値の高いクーポンが送られてくる
基本項目
  • 信販系
  • ランク:ゴールド
  • タイプ:倹約系
  • 年会費:10,000円+税
  • 国際ブランド:VISA、MasterCard

dカードゴールドは、どんなゴールドカードなの?

docomoが発行しているdカードゴールドは、docomoユーザに非常に嬉しい特典と高還元率のカードです。また、旅行補償も最高クラスなので日常だけでなく旅行先でも活躍が期待できるカードです。

docomoのケータイ料金をdカードゴールドで支払うことで、10%の還元率は非常に魅力的ですね。また、CMでもおなじみですが、ローソンなど特約店での利用で会計から税抜価格より3%OFFになるなど街での利用もお得なカードです。

docomoユーザには会員ランクがあり、レギュラー→ブロンズ→シルバー→ゴールドとそれぞれ所定の条件を満たすことでステップアップすることができます。所定条件を満たすことは非常に困難で、長期利用者を対象とした会員ランク分けだと言えるのですが、ゴールドカードを所有することで一気にゴールドステージが適用されるので、docomoユーザであれば是非持っておきたいカードです。

docomoユーザに最適

docomoのケータイ料金・光回線の決済をdカードゴールドにすることで、一気に魅力が増します。携帯電話料金や光回線の支払いをdカードゴールドで行うことでポイント還元率は10%に達します。また、貯まったdポイントはケータイ料金などの割引に充てることができるので、月々の支払い金額を大きく節約することも可能となります。

旅行もケータイも安心の付帯保険

ゴールドカードを持つと気になるのは、付帯の保険という人も多いはず。dカードゴールドの付帯保険は、多くのゴールドカードに引けをとりません。海外旅行傷害保険は最高1億円の補償、国内でも5,000万円の補償と、どのゴールドカードと比較しても見劣りしません。また、docomoの携帯電話を紛失・盗難された際には新たな端末購入費をサポートしてくれます。一般カードでは最大10,000円の補償ですが、dカードゴールドはなんと最大100,000円。あくまで新たな端末の購入時という条件で、破損の修理には適用されませんが、ケータイ会社らしい補償の手厚さは魅力ですね。

街で使える価値の高いクーポンが送られてくる

抽選で豪華景品が当たるほか、USJパス、温泉旅館、ホテル食事券など定期的に抽選で当たる企画が開催されています。また、誰でも使えるクーポンとして、映画館やレジャー施設の割引、飲食店でのドリンク・フードのサイズアップなど街で得するゴールドカードです。

dカードゴールドの進化:一般⇒ゴールド

dカードゴールドの進化過程

dカードゴールドは、安価な年会費で利用できる一般カードと、ゴールドのみのラインナップとなっています。将来的にプラチナカードを…と考えている方にはおすすめできないカードです。ゴールドカードはインビテーションなど不要で、直接申し込みことで所有できるのですぐにゴールドカードを持ちたい!docomoユーザで、すぐにお得に賢く安く利用したい!という方には非常におすすめのカードです。

一般
dカードゴールド

年会費初年度無料(2年目以降は1年に1度の利用がない場合1,250円+税)

旅行障害保険:なし

ゴールド
dカードゴールド

年会費:10,000円+税

旅行障害保険:最高1億円(海外)、国内旅行傷害保険は最高5000万円まで。海外旅行傷害保険はカード利用で付帯。カード利用がない場合は5,000万円。

docomo会員ランクゴールドステージや、国内ラウンジ利用、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのドコモラウンジ利用や、dカードゴールドカード専用デスクなどゴールドカードらしい充実のサービスが付帯する

dカードゴールドの審査を攻略するポイント

dカードゴールドの審査の基本情報は以下のようになります。

申し込み条件・個人名義であること(法人名不可)
・満20歳以上(学生除く)で、安定した継続収入があること
・iモードまたはspモードが利用できる携帯電話番号を届け出ること
・本人名義の口座を支払口座として設定すること
・その他docomoが定める条件をみたすこと
審査にかかる日数申し込みから最短翌日
発行にかかる日数審査完了から最短5日程度

審査攻略のポイント

審査情報が公開されているわけではありませんが、docomoユーザであれば審査に通りやすいようです。申し込み条件にiモードまたはspモードを利用できる携帯電話番号を届け出ることとありますが、実際にはdocomoユーザ以外でも作成することは可能です。しかしその際には、docomo ショップに出向き申し込みを行うか、郵送にて資料取り寄せの後申し込むという面倒なステップが必要です。

dカードゴールドの審査に不安がある人は、以下の情報を参考に。

dカードゴールド攻略のポイント
  • 多重申込みは避けよう
  • docomoケータイを利用
  • 遅延・延滞などは禁物

多くのカード会社に言えることですが、多重申込みは印象が悪いようです。dカードゴールドを作る際には、直前のカード発行からある程度の時間を明けてから申し込みましょう。

審査は甘く、多くの人が通過していますがdocomoケータイを利用していない場合はやや審査に通りにくいようです。ローソンやマクドナルドの割引に惹かれ、dカードゴールドを作ろうと思っている方は、タイミングさえ合えばMNP等でdocomoに切り替えるのもアリでしょう。

また、近年高額なスマートフォンを分割で買うことが多いかと思います。携帯電話の残債をいつまでも払わずブラックリストに載ってしまうことが多いので注意したいですね。もちろんブラックリストに載ると審査通過は困難です。携帯電話端末料金の支払いは遅延や延滞のないようしっかりと行いましょう。

不安な場合は、自分の情報を信用情報機関に照会してみることがおすすめです。

ゴールドカードビギナーだけでなく、街で賢く利用したい、一番身近なコンビニはローソンという方にもおすすめです。docomoユーザの方は実質年会費無料で持つことも可能なので、サブカードとして考えてみても良いでしょう。

dカードゴールドの口コミ体験談

最大10%還元という高還元率が魅力的なdカードゴールドですが、ショッピングなどの決済での使い勝手や特典・サービスは他のカードと比較して良いのでしょうか?

高還元率だけじゃない!?dカードゴールドの使い勝手や特典・サービスについて調べました。

決済の使い勝手

dカードゴールドで選択できる国際ブランドは、VISAとMasterCardの2種類。どちらも国内外で利用するには困らないほど、多くの店舗で利用できます。

どちらを選んでも不自由なく利用できるので、好みの国際ブランドを選びましょう!

iD決済が便利でお得!

カードを端末に接触させるだけで決済可能なiD。dカードゴールドは、すごくオトクなんです。

カード利用などで貯まったdポイントは、iD利用分として使うことが可能となっています。通常、利用した分は後日支払わなければなりませんが、dポイントを充当するとその支払はなくなります。

街で使う、ということを考えると非常にお得なカードですね。

ポイントアップのイベントなども頻繁にやっているので、イベントをしっかりチェックしてiD決済を活用しています!
2回払い、ボーナス一括払いは手数料無料

ボーナス一括や2回払いで手数料がかからないので、積極的に活用していきたいところ。

ボーナス払いは、12月16日から6月15日までの利用金額を8月の支払日に、7月16日から11月15日までの利用金額を翌年1月の支払日に支払うことになっているので、期間には注意したいですね。

11月16日から12月15日まで、6月16日から7月15日まではボーナス払いの対象外となっているので気をつけましょう。

2回払いまで手数料無料なのが嬉しい!引っ越しなどで大きな買い物が多いときは、2回払いを活用中です

特典・サービスについて

最大10%という高還元率に目が行きがちですが、しっかりとした特典やサービスにも注目したいところです。

毎月更新の抽選サービス

毎月内容が更新される抽選サービスが豊富です。

劇団四季のミュージカルチケットや、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのスタジオ・パス(ペア)の他、国内宿泊に使えるdトラベルクーポン1000円分やレストランランチ券など様々なチケット・クーポンが毎月抽選で当たります。

当選確率などは明らかになっていませんが、持っているだけで有効なので、毎月抽選が楽しみになりますね。

タリーズコーヒーのカードが5000円分もあたりました!普段からよく利用していたのですごく嬉しかったです
dケータイ補償

高額なスマートフォンが故障や紛失、盗難してしまうと困りものですよね。

dカードゴールドならではの補償が「dケータイ補償」です。

ケータイ端末の購入から3年間、最大10万円まで、偶然の事故による紛失・盗難、または水濡れ、全損などの修理不能に陥った際に、同一機種・同一カラーの購入費用をサポートしてくれます。

機種変更までの時間を考えると3年間の補償は嬉しいですね!

dカードゴールドデスク

dカードゴールドの付帯サービスの受付やその他の問合せができる専用デスクが設けられています。

利用代金明細書など各種案内物の届け先住所変更や、付帯サービスの問合せ・注文、リボ・分割払いなどのファイナンスサービスに関する相談・注文、各種資料の注文を行うことが可能です。

一般会員の電話よりもつながりやすくなっているので、気になることが合った場合は、問合せをしてみましょう。

みんなの印象

旅行補償の手厚さは嬉しい
ポイントを貯めればスマホ本体もお得に買える。結果的に月々のケータイ料金も安くなった
専用デスクに電話をかけるとゴールドカードだな!って感じがする

みんなの疑問

長年docomoユーザの方が有利?
もちろんdocomoユーザに向けられたカードなので、docomoユーザの方が有利でしょう。しかし、長年利用しているから審査に通りやすいかと言ったらそうでもないようです。個人の信用情報が重視されている傾向にあります。
限度額はどのくらい?
50万円〜100万円でスタートする人が多いようです。割合としては100万円のショッピング枠が多いですね。
一般カードやDCMXカードからアップグレードの方が有利?
一般のdカード会員や、DCMXカードからのアップグレードの方が通りやすいようです。もし審査に不安がありましたら、一般カードから始めることをおすすめします。また、今DCMXカードを使用しており、dカードゴールドへアップグレードと考えている方は、申し込みを行ってみることをおすすめします。

口コミからわかった「カードが向いている人・やめておいたほうがいい人」

以上の口コミや体験談から、セディナゴールドカードを持つのが向いている人、向かない人の特徴をまとめました。

向いている人
  • docomoユーザ
  • 国内旅行が多く、レジャー施設を利用する人
  • ローソン、マクドナルドなど街での利用が多い人
向いていない人
  • au、SoftBankなどdocomo以外の人
  • ローソンやマクドナルドなどをあまり利用しない人
  • ゴールドカードにステータスを求める人

ゴールドカードプレス編集部の結論

docomoユーザには絶対オススメ!といえるカードです。反面他社ユーザにはそれほど美味みがない印象ですね。年会費実質無料もdocomoユーザ以外で達成することは難しいでしょう。

現在docomoを利用しており、街での決済が多くなりそうな人は持っておきたい一枚だと言えます。

特約店も続々増えており、国内空港ラウンジ、レジャー施設のクーポン等の抽選も豊富なdカードゴールドは、街や国内旅行で大活躍の一枚です。

カード基本情報

dカードゴールド
国際ブランド VISA、MasterCard
年会費(初年度)10,000円+税(今なら最大10,000円分iDキャッシュバック中)
家族カード年会費(初年度)1枚目無料。2枚目以降は初年度から1,000円+税
利用限度額初期は50万円〜100万円前後
審査・発行期間最短5日ほど
ポイント付与率1%(100円毎に1ポイント(ショッピングの場合。docomoケータイ、docomo光の支払いは1,000円で100ポイント))
ポイント還元率10%(docomoケータイ、docomo光の支払い時)
入会資格・個人名義であること(法人名不可)
・満20歳以上(学生除く)で、安定した継続収入があること
・iモードまたはspモードが利用できる携帯電話番号を届け出ること
・本人名義の口座を支払口座として設定すること
・その他docomoが定める条件をみたすこと
入会キャンペーン最大10,000円分iDキャッシュバック

ゴールドカードの記事一覧


ページのトップへ