ゴールドカードプレス > お金のニュース > 危なくないの?ビットコインの基本と僕の超個人的見解

危なくないの?ビットコインの基本と僕の超個人的見解

(スポンサードリンク)

2017年4月7日(金)より、ビックカメラ有楽町店とビックロ ビックカメラ新宿東口店でビットコイン決済が導入された!と大きなニュースになりました。最大決済額は10万円相当、決済額の10%をポイントがポイントで還元されるなど、今後の利用拡大と共に、利便性に大きな注目が集まっている「ビットコイン」。

でも、そもそもビットコインって何?どんな仕組みなの?メリット・デメリットはどのようなものがあるの?など、ビットコインについて疑問を持った方、多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、ビックカメラで利用が始まったビットコインについて、仕組みからメリット・デメリット、リスクに至るまで、ビットコインの全てを徹底解説していきます。

そもそもビットコインって何?

簡単に言うと、国境を超えて個人間で使える「ポイント」です。

ビットコインはBTC(ビーティシー)と表記し、1円や1ドルのように1BTCと表記されます。日本国内での買い物はドル紙幣がほとんど使えないのと同様に、ビットコインが使用できる場所で、お金と同様に使用することができるのです。

ビックカメラで利用開始が始まった、と大きなニュースになったことから分かる通り、現状日本国内ではまだ使える店舗は少ないですが、経済活動を円滑に進めることを目的にした通貨がビットコインです。

通常の通貨のように紙幣や貨幣は存在しませんが、その代わりにパソコンやスマートフォンを通貨代わりにして、物の売買が実現できるようにビットコインは作られています。

まだまだ発展途上の通貨ですが、円やドルのように国や地域の垣根なく利用できることから、世界中で利用できる次世代の通貨だと言えるでしょう。

LCCの台頭などで距離コストが大きく下がった中、世界中を飛び回る人たちにとって、両替が要らないとはすごいメリット!

便利な世界共通通貨として、今後、世界中で利用できるお店がどんどん増えそうですね。

外国人観光客にとっての利便性を考え、ビッグカメラも導入を決めたのでしょうね。

ビットコインの仕組み

ビットコインは、1対1で通貨のように取引できる仕組み、つまり「仮想通貨」です。

この仕組はファイル交換のようなP2P(Peer to peer)技術と、公開暗号鍵などの暗号技術を用いて実現されています。

こうした通貨の仕組みは、様々考えられていましたが、Bitcoin(ビットコイン)によって初めて実現されました。

仮想通貨ってどういうこと?

ビットコインとは、「仮想通貨」です。

例えば、日本円のように紙幣や貨幣は存在せず、「仮想」の「通貨」なのです。オンラインゲーム上の通貨と言えばイメージしやすいでしょうか?あるいは、特定の通販サイトのみで利用することができるポイントとイメージして相違はないでしょう。

ビットコインの歴史

ビットコインの構想は1980年代に、匿名の電子通貨としてChaumブラインド署名などをベースとしたものがいくつか考案されましたが、これらの仕組みは中央(銀行)を排除するに至らなかったため、広く普及するに至りませんでした。

しかし、1998年Wei Daiが「b-money」で、計算的なパズルを解くことで中央(銀行)を持たずとも維持できる通貨の仕組みを考案。しかし、具体的な実装まで行われることはありませんでした。

そして2005年、「b-money」と、Adam Backによる「Hashcash」を組み合わせることに成功しますが、ネットワークが信頼できるという前提の下にしか成り立たないものでした。

しかし、2008年。Satoshi Nakamotoを名乗る人物が、発表した論文の中で、ブロックチェーンを用い、これらの仮想通貨の弱点である「攻撃耐性」を持った二重消費防止を実現。こうしてビットコインは生まれたのでした。

ビットコインを発明したとされる「サトシ・ナカモト」。日本人かと思いきや、正体不明・実在するかも不明…(参考:wikipediaーサトシ・ナカモト)。

2016年5月にオーストラリアの起業家クレイグ・スティーブン・ライトが「自分がサトシ・ナカモトだ!」と報道機関に名乗り出たそうなのだけど、まだ疑問も残っているそう。

誰が作ったのかよくわからないという部分が、実にインターネット的。ですが、「お金」として考えると、少し不安が残りますね…。

ビットコインは誰がどのように管理している?(価値はどう決まる?)

銀行口座のシステムは、当然銀行が管理していますよね?しかし、作った人も正体不明、そして、個人間での取引であるビットコインは誰がこのお金を管理しているのでしょうか?

大雑把に言ってしまうと、ビットコインは「利用者全員で管理」しています。

P2P(ピア・ツー・ピア、Skypeのようなもの)技術で運用されているビットコインは、中央(銀行)にお金を集めるのではなく、利用者(パソコン)同士が結びつき、仕組みが維持されています。

▼中央がネットワークの中心のイメージ(クライアント-サーバ型)

computer_server_based

このネットワークでは、中央を介さなければ、お互いにやり取りをすることができませんよね?

▼パソコン同士が結びついているイメージ(P2P(ビア・ツー・ビア)型)

computer_p2p

この方法では、パソコン同士が強固に結びつき中央(銀行)を必要としないことがわかりますよね。

銀行の場合だと、金銭のやり取りは銀行を介さなければ行うことはできませんでしたが、ビットコインは個人間が結びついているため、個人間でスムーズにやり取りをすることができるのです。

このように、ビットコインは、インターネットに接続されているビットコインのソフトウェアがインストールされている全てのパソコンで運用・管理されているのです。

ビットコインの採掘(マイニング)とは

ビットコインについて調べていると採掘(マイニング)という言葉を目にすることって多くありませんか?

ビットコインは銀行で言う記帳のように、すべての取引記録を取引台帳に一定期間ごとに記入します。しかし、全ての取引記録を記入するには膨大な処理が必要となります。

そのため、この記入作業を有志の余っているコンピュータの処理能力を借りることによって、膨大な計算を行っているのです。

この記入作業を手伝い、記入作業の膨大な計算処理をし、結果として記入作業を成功させた人には、その見返りとしてビットコインが支払われます。この作業が採掘と呼ばれています。

ここでもらう報酬以外に新規でビットコインが発行されることはありません。そのため、ビットコインの発展を信じる人達が、日夜発掘作業に心血を注いでいるのです。

無限に生み出すことができる?

ビットコインの発行総量はあらかじめ決められています。また、一度に大量の通貨が増えないよう、採掘作業によって発行される量も調整されています。

こうした仕組みで、インフレや混乱が起こることを避けているわけです。

ビットコインは、2140年までに発行総量2,100万BTCと決められており、それ以降新規の発行はありません。

基軸通貨である円・ドル・ユーロとの違いは?

何かと耳にする機会が増えたビットコイン。円やドル、ユーロなどと同じような仕組み、性質の通貨であれば、わざわざ新しい通貨を作る必要性は薄いといえるでしょう。

これらの通貨とビットコイン最大の違いは、銀行が通貨の管理をしていないという点

発行を制限したり、流通を制限したりといった管理する組織が存在していないのです。

世界中で利用が拡大しているビットコインは、国も、企業も、銀行もビットコインの発行や流通に関わっていないという非常識な概念が、円やドル、ユーロと最も大きな違いだと言えるでしょう。

ビットコインは電子マネー?

通販サイトや実店舗での決済の手順として、ビットコインはよく電子マネーと混同しがちです。

電子マネーは、その国で発行されている通貨単位で電子的に決済を行うという仕組みですが、ビットコインはチャージするわけではありません。

例えば海外旅行に行くとき、現地通貨に両替をしますよね?ビットコインも、ビットコインで決済を行う場合は、円やドルを「ビットコインに両替」する必要があります。

両替したビットコインで支払いを行えるというわけですね。

実際の決済において電子マネーとほとんど変わらないため、混同されがちですが、概念や仕組みが電子マネーと大きく異なるのです。

先にチャージし支払う電子マネーは仮想通貨ではなく「紙幣・貨幣を使わない決済」です。この点で、電子マネーとビットコインは大きく異なるのです。

ビットコイン決済のメリット・デメリット

ここまでは、ビットコインの概念や仕組みなどを見てきました。

ここからは、ビットコインのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

ビットコイン決済のメリット

海外送金しやすい

ビットコインの最大のメリットは、海外送金ではないでしょうか?

個人間で直接送金できるため、「手渡し」と変わらない感覚でお金のやり取りが可能です。

銀行などの仲介がないため、以下で紹介する手数料の面でも大変利便性が高いと言えますね。

海外送金というと真っ先にイメージするのはペイパルですが、北米では既にペイパルを介したビットコイン決済が始まりました

ペイパルでも使えるということは、ポスト・クレジットカードというポジションの可能性も。そういった意味でも、ビットコインには注目しておきたいですね。

手数料がかからない

海外通販などで商品を購入すると、様々な手数料を取られた経験がある人も多いのではないでしょうか?あるいは、海外旅行で余ったドルを日本円にした時など、思いの外手数料が高かった、ということは結構ありますよね。

しかし、ビットコインは、これら仲介する組織が存在しないため、基本的には手数料がかかることはありません。

クレジットカードも一見手数料のかからない決済方法に見えますが、これら手数料は店舗側が負担しているのです。そのため、少額決済が多い店舗ではクレジットカード決済不可といったケースは非常に多いです。

ビットコインは個人間で直接送金を行えるため、手数料という概念がないのです。

流通(制限)が自由

中央(銀行)を経由させることなく取引ができるため、面倒な手続きなどは必要ありません。お金の流通を自由に、活発に行うことができるのです。

全員が共通したビットコインという通貨を用いているので、国や地域は関係ないだけではなく、国によって通貨の価値が違うといった心配もありません。

ビットコイン決済のデメリット

価値が担保されていない

例えば日本円は、日本銀行が景気など様々な要因を総合的に判断し、通貨の発行や流通を管理しています。そのため、価値が日によって大きく変動するといったことはありませんよね?

しかし、ビットコインはこれらの調整を行ってくれる組織はありません。

ビットコインの価値は冒頭暴落を繰り返しているのです。ある時は1BTC=13万円ほど、しかしある時は1BTCが3万円ほどになってしまうなど、価値が安定していない通貨なのです。

13万円が3万円は極端かもしれませんが変動幅も大きく、安定感のある通貨としての役割は、まだ求めてはいけない、時期尚早と言えるでしょう。

マネーロンダリングの危険性

高いセキュリティを誇るビットコイン。そのため銀行とは違い匿名性が高いと言えます。

ISISはマネーロンダリングをするために、ビットコインを活用していたという事例もありました。

汚い通貨を、ビットコインを経由しキレイな通貨へと変えてしまったのです。

テロ組織などを支援する可能性をはらんでいると言えます。

取得までにかかる労力が大きい

採掘(マイニング)を行うことでしか新規取得できないビットコインは、取得までに大きな労力が必要となります。

採掘には膨大な時間、労力、電気通信費などの費用もかかってしまいます。

中国ではスーパーコンピュータを活用し、採掘を行っている人がいるそうです。しっかりと収益を上げるには、このくらいの労力が必要になるといえるでしょう。

利用が広がるビットコイン!最新ビットコインが使える店舗・サービス

苦労してビットコインを手に入れたけれど、どこで使えるの?欲しいものが買えるの?と気になる人も多いはず。

ここからは、ビットコイン決済に対応している店舗やサービスを確認していきましょう。

  • 店舗・サービス
    • 東京都・ビックカメラ(新宿東口店・有楽町店)(家電)
    • 東京都・神谷町デンタルクリニック(歯科医院)
    • 全国・聘珍樓(中華料理店)
    • 北海道・Light Bar(カジュアルバー)
    • 宮城県・民宿はまなす(宿泊施設)
    • 千葉県・背脂らーめん宮本 富士見町店(ラーメン店)
    • 静岡県・カラオケ テンテン 富士本市場町店(カラオケ店)
    • 愛知県・hair grande seek(ヘアサロン)
    • 京都府・京都英会話教室AAAアカデミー(英会話教室)
    • 沖縄県・スピードレンタカー(レンタカー)
  • インターネット通販
    • DMM.com(DVDレンタル、通販、動画配信、オンラインゲームなど)
    • Wafelhuis(神戸市・手作りストロープワッフル)
    • BLANCA(オリジナルジュエリー販売)
    • 彩雅(漆器販売・和食器販売)
    • THE Frienbr SHOP(電子タバコ販売)

このように、実店舗、通販サービス共に日本国内でも様々な場所で急速に利用が拡大してきています。

この中でも特に利用する機会が多いのは、ビックカメラかDMMではないでしょうか?

ビットコイン決済のリスクと課題

「取引所」で現実の通貨と交換することができるビットコイン。

2014年にこの取引所の一つで、東京に拠点を構える「マウントゴックス」が取引を停止し、民事再生法の適用を申請し、受理されたというニュースを覚えている人も多いのではないでしょうか?

この「事件」で大きな問題となったのは、顧客が保有する75万BTCと預り金が消失したという点でしょう。当時の取引価格で500億円前後という巨額損失です。

電子暗号鍵である「署名」と、その検証に時間がかかるというセキュリティ上の脆弱性を突かれ、盗まれたのではないだろうか、と言われています。

このように国家や銀行という通貨を担保してくれる存在がないため、売買や管理は完全に自己責任になってしまうのです。得られるメリットも非常に大きなものですが、こうした事件が一度起きてしまうと、失うリスクはメリットと同等かそれ以上になってしまいます。

メリット・デメリットをしっかりと見極めなければなりませんね。

ビットコインで生活はどう変わる?(まとめ)

様々なメリット・デメリットがあるビットコイン。クレジットカード決済のように、店舗が手数料を負担する必要がないので、今後ますます実店舗利用が拡大していくでしょう。

スマートフォン1台で、世界中、どこででも決済ができる。財布を持たなくても現地通貨を気にすることなく買い物ができる時代は近いのかもしれませんね。

僕の個人的な見解

個人的には、ビットコインは投資的な意味合いが強いのかな、という印象です。

また、利用できる店舗は「中国人観光客」が多く利用する場所という印象ですね。

ビットコインのレートは、3週前は1BTS=10万円、2週前は1BTS=14万円、今週は1BTS=13万円と価値が不安定すぎます。

BTSの流通量は減ることがなく、今後増え続けると考えると、価値は下がる可能性も高いんじゃないのかなぁといろいろ調べていて感じました。

また、ペイパルを介し北米ではビットコイン決済が始まりました。

ペイパルは、クレジットカード決済を導入していない個人商店でも、簡単に導入できるので今後はインフラになっていくと思います。

僕個人としては、

  • ビットコインはすごく便利そう
  • だけど、あまりメリットを感じない

といった感じです。

決済のことだけを考えると、VISAデビットのように世界中どこでも決済できるほどの便利さは感じません。

しかし、海外とのやり取り、という点だけを考えると手数料がかからないというのは大きな魅力だと思います。

僕の使い方には合わなかった、というだけで使い方にマッチするという方であればすごく利便性を感じるんだと思います。

スポンサードリンク

ゴールドカードの知恵袋

ゴールドカードの記事一覧


ページのトップへ