ANA VISA Suicaカード

ANA VISA Suicaカードの全て

ana-suica
カードの種類 航空会社系
ランク 一般
タイプ マイル
国際ブランド VISA
年会費 2,000円+税(初年度年会費無料)
(スポンサードリンク)
カードの3つのポイント
  • ANAカードとSuicaの機能がこの1枚に
  • マイルがガンガン貯まる、ANAマイラー必見の効率性
  • 旅行者に安心の海外・国内の旅行保険自動付帯

ANA VISA Suicaカードは、どんなカードなの?

ANA VISA Suicaカードは、三井住友カード株式会社より発行される、ANAカードとSuicaの機能が1つになり、空でも陸でもショッピングにも使うことができる、とても万能な仕様のカード。

ANAカードの特典として搭乗区間10%ボーナスマイルや、入会時・毎年のカード継続時のボーナスマイル1,000ポイントのプレゼントや、Suicaにチャージすることで決済額0.5%のマイルが貰えます。

さらに、ショッピングでもリボ払いの「マイ・ペイすリボ」を有効的に活用することで、どんどんマイルを貯まるANAマイラーへ胸を張っておすすめできるクレジットカードです。

国際ブランドVISAのみではありますが、世界中で使えるブランドですので、カード利用に不自由を感じることはないでしょう。また、Suicaの他にもポストペイ(後払い)型の電子マネーiD、改札やコンビニでタッチするだけで精算ができるPiTaPaなど全3種類の電子マネーも付帯しているため、コンビニでのちょっとした買い物から、高額商品の購入まで、様々なシーンで活躍してくれます。

空でも陸でもとにかく移動が多く、改札や会計をスマートにこなしたい人には、特に検討してもらいたカードです。

ANAカードとSuicaの機能がこの1枚に

このカードの最大の特徴は名前が示す通り、ANAカードとSuicaの機能が 1つになり、飛行機も電車もショッピングもこれ1枚で対応可能な万能で、使い勝手が良い点です。

Suicaの機能も加わったため、JRや地下鉄での切符を購入する手間が無くなり、さらにオートチャージにしておけば残高も気にせずに、スムーズに改札を通過できます。

ANAカードの充実した優待特典

ANA提携のカードならではの空港内やANA機内でのお得な割引特典を受けることができます。簡単にですが紹介しますので、上手に活用して、お土産や機内販売の購入に活用してください。

  • ANA国内線・国際線機内販売10%引き
  • 港内店舗「ANA FESTA」で10%引き
  • ANA国内ツアー(ANAスカイホリデー)、ANA海外ツアー(ANAハローツアー)ツアー商品5%引き
  • ANAカード会員専用の割引運賃「ビジネスきっぷ」が利用可能
  • 成田空港でのパーキング割引
  • 国内でのニッポンレンタカー、トヨタレンタカー、オリックスレンタカーが5%割引
  • 海外でのハーツレンタカーを5~20%割引
  • 家族のマイルを合算できるANAカードファミリーマイル
  • IHG・ANA・ホテルズグループジャパン宿泊割引サービス
  • ショッピングサイト「ANAショッピング astyle」で5%引き
  • ANAビジネスソリューション公開講座 受講料15%引き

以上の豊富な特典を活かして1ランク上の旅を狙ってみるのはいかがでしょうか。

マイルがガンガン貯まる、ANAマイラー必見の効率性

他のマイルが貯まるカードと比較しても、圧倒的にマイルが貯まりやすいのが、このANA VISA Suicaカード。

ANA VISA Suicaカードでは、入会ボーナスポイントとして1,000マイル、毎年のカード継続時にも1,000マイルを、ボーナスマイルとして必ず貰うことができます。もしクレジットカードとして使わなくてもマイルを貯める装置として有効です。

Suicaへのチャージでも還元率0.5%でマイルが貯まります。オートチャージの機能もありますので、気づいたらマイルがたっぷりということも。ただし、定期券としては使えないので注意してください。

さらに、ショッピングにおいてもANA VISA Suicaカードはリボ払いである「マイ・ペイすリボ」に登録し決済することで、ワールドプレゼントポイントが通常1,000円につき1ポイントのところ、2倍の2ポイントになります。

この3つのポイントを上手く活用することにより、他のカードよりも多くのマイルが貯まっていきます。

旅行者に安心の海外・国内の旅行保険自動付帯

使い勝手の良さやマイルの貯まりやすさの他にも、自動で旅行保険が付帯されるのも魅力の一つです。

海外旅行保険は、死亡・後遺傷害で最高1,000万円。国内では、国内旅行保険は付帯されず、国内航空保険のみの付帯となりますが、死亡・後遺傷害で最高1,000万円。

ショッピング保険は、最高100万円で補償期間は90日間。ただし、海外での利用および国内でのリボ払い・分割払いのみ適用されます。自動リボサービスである「マイ・ペイすリボ」を登録しておくと、国内での利用でも同様の補償でショッピング保険が適用されるので、万が一の際にも安心できます。

手厚い補償内容ではありませんが、万が一のことを考えれば、自動で付帯されるこの補償は、旅行者たちの力強い味方と言えるでしょう。

ANA VISA Suicaカードの進化

ANA VISA Suicaカードの進化過程

実はANA VISA Suicaカードには、ゴールドカードのような上位カードが存在しません。

ほかにもANAカードの中でSuicaのチャージにより、ポイントが貯まるカードは、年会費7,000円+税のAMEXだけなので、日頃からSuicaを使用し、年会費を抑えてマイルを貯めたい人には最適のカードかもしれません。

一般
ana-suica

年会費2,000円+税(初年度は年会費無料) 入会時・継続時ボーナスマイル1,000ポイント

フライトボーナスマイル・・・搭乗区間の10%付与

ANA VISA Suicaカードの審査を攻略するポイント

ANA VISA Suicaカードの審査の基本情報は以下のようになります。

申し込み条件満18歳以上の方(高校生・大学生は除く)※未成年の方は親権者の同意が必要です。
審査にかかる日数即日〜3日程度
発行にかかる日数最短3営業日発行

審査攻略のポイント

基本的には申し込み条件さえ満たしていれば、まず問題なく審査は通るでしょう。アルバイトでも審査が通ることもあるようです。

学生や専業主婦以外の方で、収入が無い場合は審査が通らない可能性が大きくなります。

それでは、ANA VISA Suicaカードの審査のコツをじっくり見ていきましょう。

ANA VISA Suicaカード攻略のポイント
  • 今現在、無職ではなく安定した収入があること
  • 過去にローンやクレジット払いに関してトラブルが無いこと
  • 嘘・偽りをせずに、正確な情報を申告すること

上記の3点さえ問題が無ければ、ほぼ心配はいりません。

もしも、学生や専業主婦であるという理由で収入が無い場合は、配偶者などに安定した収入が有れば審査は通ります。

過去に支払の遅延や、消費者金融の利用などの実績があると、信用に足らないとして審査に落とされる確率が高くなるでしょう。

そして、日常生活と同様に申告内容に嘘を記載しても信用を失い、審査落ちの可能性が高くなるので、正しい情報を記入して申告してくだい。

ANA VISA Suicaカードの口コミ体験談

旅行のときはもちろん、Suicaによる電車や地下鉄の利用から、普段のショッピングの決済まで、この一枚であらゆる使い方ができる、ANA VISA Suica カード。

ここからは、決済の使い勝手と共に付帯する特典や、サービスをじっくり見ていきましょう。

決済の使い勝手

国際ブランドはVISAのみではありますが、VISAは国内だけではなく、世界各国で使用できるブランドです。

海外・国内を問わず、いつ・どのシーンであっても不便を感じることなく決済ができる、とても使い勝手の良いカード。

また、Suica・ポストペイ(後払い)型の電子マネーiD、改札やコンビニでタッチするだけで精算ができるPiTaPaの3種類の電子マネーに対応しているので、公共交通機関やコンビニ、スーパーマーケットなどで、タッチするだけで決済が終わり、スムーズな支払いを実現してくれます。

さらに、Suicaをチャージすると、決済額0.5%のマイルが貯まるので、陸路の移動でもマイル増えていく嬉しい特典付。

Suicaはオートチャージにできるので、残高不足にならない点も快適ですよ

特典・サービスについて

ワールドプレゼントポイントや、旅行保険など各種サービスが付帯するANA VISA Suicaカード。ここからは、特典やサービスについて見ていきましょう。

クレジット決済で貯まったワールドプレゼントポイントをANAマイルと交換

ワールドプレゼントポイントは、1,000円の利用につき1ポイントが貰え、貯まったポイントはANAマイルをはじめ、ギフトカードや電子マネー、提携企業の各種ポイントに交換することが可能です。

ここでは、ANAマイルへの交換を詳しく説明します。

年に一度貯まったポイントを自動で交換してくれる「自動移行方式」か、ポイントの有効期限の2年以内に手動で自分のタイミングに交換する「応募方式」の2つの方式から選んで交換します。

そして、交換レートも2種類あるのでどちらかを選択。

  • 5マイルコース・・・1ポイント⇒5マイル 交換手数料無料
  • 10マイルコース・・・1ポイント⇒ 10マイル 交換手数料6,000千円+税(年間)

どの交換方法が良いのかというと、おすすめは、「応募方式」で「10マイルコース」にして、有効期限の2年に1度にマイルを交換することです。

この交換方法にすると、交換手数料は2年で6,000円だとすれば、実質年間3,000円となり、年間で30万円以上のカード決済をするなら、3,000円もペイできるのでよりお得になりますね。

トップクラスに年会費が安くなる割引特典

できれば年会費は払いたくない。そんな風に考えている人も少なくないと思います。

このカードには、そんな思いに応えてくれる、割引特典があるので紹介します。

  • WEB明細を利用することで500円割引⇒年会費1,500円+税
  • 「マイ・ペイすリボ」を登録して、年に1回以上利用することで1,250円割引⇒年会費750円+税

このWEB明細と「マイ・ペイすリボ」の割引は併用できないので注意を。

有料カードの中でも最安値クラスに値引きできるので、年会費をなるべく抑えたい人には、いいですよね

みんなの印象

マイルを貯めることに特化したようなカード
マイルへの移行がすべて手作業で行うのが面倒
これ一枚あれば何も不自由しないくらいのカード

みんなの疑問

「マイ・ペイすリボ」の手数料は抑えられない?
方法はあります。そもそもリボ払いは金利手数料が掛かってしまうため、あまり利用したくないと思っている人も多いのが実情。そこで、この悩みを解決する方法として、毎月のリボ払い金額の設定を支払限度額にしておく方法があります。「マイ・ペイすリボ」は初回の金利手数料は掛からないため、このひと手間だけで手数料を抑えられます。ANA VISA Suicaカードは「マイ・ペイすリボ」を登録・利用すれば、年会費が安くなる他、リボ払いで決済をすれば本来は1,000円で1ポイントのワールドプレゼントポイントも2倍の2ポイントになるというメリットがありますのでこの方法でANA VISA Suicaカードの持ち味を最大限に活かしてください。
自動で付帯された旅行保険だけで十分ですか?
メインのクレジットカードとしては、若干不安な補償内容です。もし気になるようでしたら、旅行の際には別途保険に加入することをおすすめします。

口コミからわかった「カードが向いている人・やめておいたほうがいい人」

こうした口コミから、ANA VISA Suicaカードが向いている人、向いていない人を最後に確認します。

向いている人
  • 空でも陸でも移動の多い人
  • 年会費を可能な限り抑えたい人
  • マイルをとにかく貯めたい人
向いていない人
  • Suicaを定期券で使用している人
  • ステータスとしてカードが欲しい人
  • 家族カードも使いたい人

ゴールドカードプレス編集部の結論

ANA VISA Suicaカードの一魅力はマイルの貯まりやすさと、空でも陸でも、どんな時であろうとこの1枚で解決できる万能さと言えるでしょう。

特に旅行や出張が多い人であれば、絶対にお得になると断言可能なカードですが、仮に生活圏内が徒歩や自転車でカバーできる人にはメリットの少ない仕様になっています。

初めて持つカードとしても使いやすいカードですので、検討中の人はぜひとも一度視野に入れてみてはいかがでしょうか。

カード基本情報

ana-suica
国際ブランドVISA
年会費(初年度)2,000円+税(初年度年会費無料)
家族カード年会費(初年度)発行不可
利用限度額最大80万円
審査・発行期間最短3営業日
ポイント付与率1,000円度に1ポイント
ポイント還元率0.5%
入会資格満18歳以上の方(高校生・大学生は除く)※未成年の方は親権者の同意が必要です。
入会キャンペーン1,000マイルプレゼント

スポンサードリンク

ゴールドカードの知恵袋

ゴールドカードの記事一覧


ページのトップへ