ゴールドカードプレス > ゴールドカードの口コミ・ランキング > ANA VISA プラチナ プレミアムカードの全て

ANA VISA プラチナ プレミアムカードの全て

カードの種類 航空会社系
ランク プラチナ
タイプ マイル
国際ブランド VISAのみ
年会費 80,000円+税
カードの3つのポイント
  • ANAマイルの貯めやすさは最強クラス
  • 旅行時にも安心の、最高1億円の旅行傷害保険
  • ANAと三井住友VISAどちらの最高ランクのサービスの融合

ANA VISA プラチナ プレミアムカードは、どんなカードなの?

ANA VISA プラチナ プレミアムカードは三井住友カード株式会社が発行するクレジットカードで、ANA VISAカードとしては、もっとも上位のランクになり、高いステータスはもちろん、非常に効率よく貯まるマイルと充実した優待特典が魅力のクレジットカードです。

年会費は8万円+税と他のプラチナカードと比べても高い方ですが、優待特典の使い方次第では、妥当どころか安いとすら感じてしまうくらいです。

また、付帯している旅行保険が手厚い内容になっており、空港ラウンジも利用できるため、まさに、旅行をする人のために生まれたようなカードといえます。

ANAマイルの貯めやすさは最強クラス

このANA VISA プラチナ プレミアムカードはANAマイルを貯めるためのシステムがとても充実しているのが最大のメリットとして挙げられます。

クレジットで決済をすると、「ワールドポイント」が1,000円の利用につき1ポイント貯まります。

このワールドポイントをANAマイルに交換することができるのですが、交換レートは1ポイント=15マイルなので、ANAマイルの付与率は1.5%になります。

搭乗区間ボーナスマイルも50%と非常に高設定な上に、入会時・毎年のカード継続時のボーナスマイル10,000ポイントのプレゼントや、電子マネー「楽天Edy」にチャージすることで決済額0.5%のマイルが貰えます。

リボ払いの「マイ・ペイすリボ」の登録でさらに上がる付与率

ショッピングでもリボ払いの「マイ・ペイすリボ」を有効的に活用することで、どんどんマイルを貯めることができます。

「マイ・ペイすリボ」を登録・リボ払いで決済をすれば、1,000円で3マイルがボーナスでもらえるので、通常の15マイルと合わせて18マイルが貯まる計算になり、付与率は1.8%にまで上がるのです。

旅行時にも安心の、最高1億円の旅行傷害保険

普段の買い物はもちろんとして、旅行時でもサポートしてくれるのが、ANA VISA プラチナ プレミアムカード。

旅行の時に万が一何かあった場合でも頼りになる、手厚い補償内容を紹介していきます。

海外旅行保険は自動付帯となっており、死亡・後遺障害で最高1億円、障害治療費500万円、賠償責任1億円と手厚く補償してくれます。自分だけではなく、家族特約もついているのが嬉しいですよね。

もちろん国内旅行もしっかりと補償

国内旅行も自動付帯で、死亡・後遺障害が最高1億円、入院日額5,000円、通院日額2,000円と国内旅行でもしっかりと補償してくれます。

ショッピング保険もついており最高500万円、補償期間90日までついてくれます。

これだけ補償されれば、どこへ行くのも安心していけますよね。

旅行先でも使える特典が多く存在しますので、旅行や出張が多い人には頼りになるパートナーのような存在になりますよ。

ANAと三井住友VISAどちらの最高ランクのサービスの融合

ANA VISA プラチナ プレミアムカードの魅力はマイルだけではなく、充実した優待特典の豊富さにもあります。

ANAプレミアムとVISAプラチナの特典をどちらも利用できるなんて、贅沢なカードですよね。

国内一流レストランのグルメクーポンや、コンシュルジュサービスなどのプラチナ会員しか受けられない、ハイクラスのサービス。

海外でも使える、そのサービスの数々は、このカードの良さをより一層引き出してくれます。

ANA VISA プラチナ プレミアムカードのサービス一覧
  • VISAプラチナトラベル(国内・国外)
  • VISAプラチナ空港宅配
  • VISA海外Wi-Fiレンタル
  • VISAプラチナホテルズ
  • VISAプラチナグルメクーポン
  • VISAプラチナ・コンシュルジュ・センター
  • JTBロイヤルロード銀座
  • VISAプラチナゴルフ
  • VISAプラチナワインコンシュルジュ
  • VISAプラチナクラブプラチナダイニング
  • 通販サイトホームショッピングの特選コーナー優待
その他にもVISA会員の特典はこんなにあります
  • ANA国内線・国際線機内販売10%引き
  • 港内店舗「ANA FESTA」で10%引き
  • ANA国内ツアー(ANAスカイホリデー)、ANA海外ツアー(ANAハローツアー)ツアー商品5%引き
  • ANAカード会員専用の割引運賃「ビジネスきっぷ」が利用可能
  • 成田空港でのパーキング割引
  • 国内でのニッポンレンタカー、トヨタレンタカー、オリックスレンタカーが5%割引
  • 海外でのハーツレンタカーを5~20%割引
  • 家族のマイルを合算できるANAカードファミリーマイル
  • IHG・ANA・ホテルズグループジャパン宿泊割引サービス
  • ショッピングサイト「ANAショッピング astyle」で5%引き
  • ANAビジネスソリューション公開講座 受講料15%引き

これだけの特典があれば、旅先での相談や、ホテルやレストランの手配までカバーしてくれるので、ワンランク上の旅を満喫できるでしょう。

ANA VISA プラチナ プレミアムカードの進化:一般⇒ワイドゴールド⇒プラチナ

ANA VISA プラチナ プレミアムカードの進化過程

ANA VISA プラチナ プレミアムカードは、プラチナカードに分類されるカードです。ANA VISAカードの中では最高ランクのカードになります。その下には一般とゴールドが存在しています。

ここからは3種類の三井住友VISAカードを見ていきましょう。

一般
ana-classic

年会費:2,000円+税(初年度は年会費無料) 入会時・継続時のボーナスマイル:1,000ポイント  フライトボーナスマイル:搭乗区間の10%付与

ゴールド
ana-wide-gold

年会費:14,000円+税 入会時・継続時のボーナスマイル:2,000ポイント  フライトボーナスマイル:搭乗区間の25%付与

プレミア

年会費:80,000円+税 入会時・継続時のボーナスマイル:10,000ポイント  フライトボーナスマイル:搭乗区間の50%付与

ana-platinum-premium

ANA VISA プラチナ プレミアムカードの審査を攻略するポイント

ANA VISA プラチナ プレミアムカードの審査の基本情報は以下のようになります。

申し込み条件30歳以上で安定収入のある人、インビテーションでの入会もある
審査にかかる日数約2週間
発行にかかる日数約2週間

審査攻略のポイント

ANA VISA プラチナ プレミアムカードを手に入れる方法は2種類あります。それは新規申し込みか、インビテーションです。

インビテーションを得るためには、ANA VISAカードの利用実績を積んでいけばよく、条件が揃えば案内が届きます。ANA VISAカードをメインで使用して飛行機も利用していれば、手に入るでしょう。

そして、もう一つの方法が、新規申し込みです。このカードのメリットはプラチナカードでありながら、新規で申し込める上に、審査も通りやすい点です。

ここでは新規申し込みにスポットを当てて説明していきます。

ANA VISA プラチナ プレミアムカード攻略のポイント
  • 30歳以上で安定した収入があること
  • 遅延や延滞などの支払いのトラブルがないこと
  • あらかじめ、ある程度の実績を積んでおく

明確な審査基準は年齢以外明示されていませんが、上記3点を抑えていると審査に有利になると言われています。

比較的審査は通りやすいと言われていますが、プラチナカードには変わりないので、やはりそれなりの収入があったほうが間違いないと思われます。

社会的信用があってのクレジットカードですから、過去にトラブルがある人は審査が難しくなってしまします。

インビテーションの説明とも重複しますが、実績を積んでおくことも何もないよりは有利になるようです。

じっくりと実績を重ねていって、先にインビテーションが届いたら、ラッキーくらいの気持ちの方がいいかもしれませんね。

ANA VISA プラチナ プレミアムカードの口コミ体験談

非常に高いポイント還元率と、充実の優待特典が魅力のANA VISA プラチナ プレミアムカード。

ここからは、決算の使い勝手と共に付帯するサービスをじっくり見ていきましょう。

決済の使い勝手

国際ブランドはVISAのみですが対応店舗が多く、使い勝手はかなり良いです。不便を感じることはないでしょう。

ポストペイ(後払い)型の電子マネーiD、改札やコンビニでタッチするだけで精算ができる楽天Edy、PiTaPaの全3種類の電子マネーも付帯しているため、コンビニでのちょっとした買いでも便利ですよ。

高額の決済にも対応

マイルや特典に目が行きがちですが、プラチナカードとして、利用限度額も高めの設定になっているので、大きな決断をする時も頼りになるカードですよ。

他のカードが必要無いくらい、何にでも対応してくれるカードです。

特典・サービスについて

VISAとANA両方のお得な優待特典を最大限に利用できるのが魅力でもある、ANA VISA プラチナ プレミアムカード。ここからは特典やサービスについて見ていきましょう。

まだまだマイルが貯まる特典がある

ANAカードマイルプラス加盟店でショッピングをするとマイルの還元率が最大で2%もアップします。良い商品を買えて、マイルまで手に入りますので、有効に活用したいところですよね。

ちなみに、ANAの航空券を購入してもマイルが貯まり、還元率は2%と高めの設定なのも嬉しいポイントです。

マイルの有効期限も4年間と、他のカードと比べても圧倒的長いので、じっくりとマイルを貯めることもできますよ。

ワールドプレゼントポイントの移行手数料が無料なのも高評価です。
プライオリティパスの無料付帯

世界120ヶ国900ヶ所以上の空港ラウンジが使えるようになる、プライオリティパスを無料で登録できます。

海外旅行に行くことが多い人には、この特典があるかないかが、カード選びの大きな基準になるのではないでしょうか。

国内の主要空港28ヶ所のラウンジ利用無料はもともと付帯されていますが、これがあれば世界中の空港で使えるので、乗り継ぎまでの空いた時間を、ドリンクや軽食を楽しみながら過ごせたら、とても嬉しいことですよね。

国内の空港ラウンジなら連れも1人は無料なのが、ありがたいです。

みんなの印象

仕事柄よく飛行機を使うので重宝している。
マイルの貯まる速度がすごい。すぐにマイルだけでチケットが取れる
この金額の年会費を払える余裕があれば、メリットが多いカード

みんなの疑問

年会費の高さに見合うだけの価値はありますか?
付帯しているサービスは申し分がないほどに充実しているので、この特典を活かすことができるかどうかによります。例えば旅行が多い人であれば、プライオリティパスや、その際に貯まるマイルなどのサービスを使い倒せば、すぐに年会費分くらいは元がとれます。
マイルのためとはいえ、リボ払いに抵抗があります
この悩みを解決する方法として、毎月のリボ払い金額の設定を支払限度額にしておく方法があります。「マイ・ペイすリボ」は初回の金利手数料は掛からないため、このひと手間だけで手数料を抑えられます。

口コミからわかった「カードが向いている人・やめておいたほうがいい人」

こうした口コミから、ANA VISA プラチナ プレミアムカードが向いている人、向いていない人を最後に確認します。

向いている人
  • マイルを手早く貯めたい人
  • 国内・海外共に旅行を楽しみたい人
  • 豊富な優待を活用して、お得な生活をしたい人
向いていない人
  • あまり飛行機を利用しない人
  • 優待特典などに興味がない人
  • 年会費を払いたくない人

ゴールドカードプレス編集部の結論

ANA VISA プラチナ プレミアムカード一番の魅力は、最高クラスのマイルの貯まりやすさと優待特典だと言えます。

国際ブランドも対応している店舗が多いので、どんな場面でも使いやすい便利なカード。

その充実している機能をどれだけ使い倒せるのかで、評価が変わってくるカードではありますが、年会費以上の実力は間違いなくありますので、旅行が多い人は検討してみてはいかがでしょうか。

カード基本情報

ana-platinum-premium
国際ブランドVISAのみ
年会費(初年度)80,000円+税
家族カード年会費(初年度)4,000円+税
利用限度額300万円〜
審査・発行期間2週間ほど
ポイント付与率1.5%
ポイント還元率1.5%
入会資格30歳以上で安定収入のある人
入会キャンペーン入会時に10,000ボーナスマイルプレゼント

ゴールドカードの記事一覧


ページのトップへ