ANA JCBカード プレミアム

ANA JCBカード プレミアムの全て

カードの種類 航空会社系
ランク ブラック
タイプ ステータス、マイル
国際ブランド JCB
年会費 70,000円+税
(スポンサードリンク)
カードの3つのポイント
  • 搭乗のたびにボーナスマイル獲得
  • OkiDokiポイント2倍
  • ANAラウンジ利用可能

ANA JCBカード プレミアムは、どんなカードなの?

株式会社JCBが発行しているANAカードの中で、最上位ランクのカードがANA JCBカード プレミアムです。

他のJCB発行のANAカードと比較すると、はるかに多くの特典・サービスが魅力で、高いステータス性を誇るカードとなっています。

この記事では、「最強のANAカード」であるANA JCBカード プレミアムの魅力をしっかりと見ていきましょう!

搭乗のたびにボーナスマイル獲得

ANAグループ便に搭乗のたびに、通常のフライトマイルに加え「区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×ANAカード種類別積算率(プレミアムカードは50%)」のボーナスマイルがプレゼントされます。

乗るだけで貯まるマイルは思ったより貯まらないもの。ゴールドカードでも積算率は25%となっているので、50%も追加でもらえるプレミアムは、よくANA便に乗る人にとっては大きな魅力です。

また、ANAカードマイルプラス提携店のうち、ANA航空券や機内販売などを利用した際に、本カードで支払いを行うと、OkiDokiポイントとは別に、100円につき2マイルが自動積算されます。

マイルをしっかりと貯めて、特典付航空券などでお得に旅行に行きたい人は注目です。

OkiDokiポイント2倍

JCBカードの魅力と言えば、OkiDokiポイントが貯まることでしょう。

通常、毎月の利用金額1,000円ごとに1ポイントが貯まるところ、本カードは通常1ポイントに加え、ボーナスポイントとしてもう1ポイントが貯まります。

マイルへの移行手数料は無料となっているので、貯まったポイントは無駄なくマイルに移行できるもの嬉しいポイントです。

ANAラウンジ利用可能

ANA国内線利用の際に、ANAラウンジを利用することが可能。

多くのクレジットカードは、カード会社などが運営するラウンジを利用することができますが、航空会社運営のラウンジを利用することができません。

そのため、ラウンジを利用するには、少しだけ搭乗口から遠い場所へ行くという不便さが常にあります。

しかし、本カード会員なら、航空会社運営のラウンジを利用することが可能。

フライト前のひと時を、本当の意味でゆったりと寛ぐことができます。

ANA JCBカード プレミアムの進化:一般→ゴールド→ブラック

ANA JCBカード プレミアムの進化過程

ANA JCBカード プレミアムは、最上位に位置するカードです。この他にも、様々な種類のカードがあるので、しっかりと確認していきましょう。

全部で4種類のANA JCBカードを見ていきましょう。

一般
jcb-ana-normal

2,000円+税

入会・継続のボーナスマイルプレゼント

搭乗マイル積算率+10%

一般(ワイド)
jcb-ana-wide

7,250円+税

入会・継続のボーナスマイルプレゼント

国内・海外でのショッピングでもマイルが貯まり、ビジネスクラス専用カウンターでのチェックインも可能

搭乗マイル積算率+25%

ゴールド
jcb-ana-gold

14,000円+税

入会・継続のボーナスマイルプレゼント

マイル移行手数料無料で保険も充実

搭乗マイル積算率+25%

ブラック(プレミアム)
jcb-ana-premier

70,000円+税

入会・継続のボーナスマイルプレゼント

プラチナ・コンシェルジュデスクや国内線ANAラウンジ、JCB空港ラウンジ無料利用可能。

搭乗マイル積算率+50%

ANA JCBカード プレミアムの審査を攻略するポイント

ANA JCBカード プレミアムの審査の基本情報は以下のようになります。

1週間前後
申し込み条件30歳以上で、本人に安定した継続収入がある人
審査にかかる日数最短即日
発行にかかる日数

審査攻略のポイント

インビテーションでも申し込むことができる本カードですが、直接申し込みも可能となっています。

最上位カードらしい厳しい審査内容となっていますので、しっかりと確認していきましょう。

ANA JCBカード プレミアム攻略のポイント
  • ANA JCBカードで実績作り
  • 他社借入状況、居住状況など情報は正確に記載
  • 申込時に固定電話番号を記載すると有利に

正確な審査情報が明かされていないANA JCBカード プレミアム。しかし、直接申し込むと審査通過難易度が一気に高くなるようです。

社会的地位や、年収、年齢、職業等によほどの自身がない場合は、一般、ワイド、ゴールドのいずれかのカードをまずは作成し、カード利用やフライトの実績を作り、本カードに申し込むことがおすすめ。

また、申込時には必ず記入しなければならない他社借入状況や居住状況などお金に関する情報は正確に記入しましょう。審査の際には、個人信用情報機関に問合せを行いますが、その情報と申し込みの情報に差があると審査に時間がかかるだけでなく、審査落ちの要因になってしまいます。

情報は正確に、そして一般、ワイド、ゴールドで実績作りが本カード審査通過の鍵となりそうですね。

ANA JCBカード プレミアムの口コミ体験談

ステータス性だけでなく、マイルがしっかりと貯まる点で多くの人が求める本カード。

ここからは、決算の使い勝手と共に付帯するサービスをじっくり見ていきましょう。

決済の使い勝手

JCBが発行しているカードのため、選択できる国際ブランドはJCBのみ。

そのため、海外での利用には若干不利な面も。

海外での積極利用を考えている人は、VISAかMasterCardをサブカードとして持っていくことがおすすめです。

ハワイなど日本人が多く訪れる観光地では比較的使えます。しかし、ヨーロッパやアメリカなどではあまり利用できません。サブカードは必須だと言えます。

特典・サービスについて

ザ・クラスといくつか共有する部分を持つほど特典が充実しているANA JCBカード プレミアム。ここからは、特典やサービスについてしっかりと見ていきましょう。

電子マネー「楽天Edy」・ポストペイ型電子マネー「iD」搭載が便利

すっかりと普及してきた電子マネー。一度利便性をわかってしまうとなかなか抜け出せるものではありません。

ANA JCBカード プレミアムにも、楽天EdyとiDの2種類が搭載されているので、電子マネー利用に不便を感じるシーンは少ないはず。

QUICPayも追加カードで持つことが可能。

それぞれ、利用した分はポイント積算の対象になるので、積極的に利用していきたいところですね。

想像以上にiDが便利。クレジットカードで支払っているのに、サインレスでサッと支払いを行えるので積極的に使っています
JCBゴールド会員情報誌「THE GOLD」

選ばれた人の情報誌としてJCB会員にはお馴染みの「THE GOLD」は、本カード会員の元にも届きます。

コンサートなどのチケット情報の他、レストラン優待など毎月様々な情報が届くので、しっかりとチェックしたいですね。

24時間対応コンシェルジュサービス

ゴールド以上のステータスカードに求める条件の一つはコンシェルジュサービス、という人は多いのではないでしょうか?面倒な手続きなどを代行してくれるコンシェルジュサービスは、当然本カードにも付帯しています。

例えばレストラン予約。大人数でのレストラン予約をする際、思った以上に探す手間がかかるもの。そういったケースは、コンシェルジュにすべておまかせすることが可能。

その他のことに集中できる嬉しいサービスですね。

コンサートチケットの予約なんかも代行してくれます。本当に便利。
プライオリティパス無料付帯

国内28空港とハワイ・ホノルル空港の空港ラウンジのほか、航空会社ラウンジを利用することができる本カード。しかし、それ以外の海外空港ラウンジは利用できないのでしょうか?

しっかりとプライオリティパスが付帯しているのでご安心を。

世界120カ国以上、900以上の空港ラウンジが利用できます。

海外旅行でもゆったりと寛ぎのひとときを過ごすことができるのは嬉しい特典ですね。

ドリンクやケータリングなど、海外のラウンジは本当にスゴイ!プライオリティパスを持っていてよかった!

みんなの印象

ステータス目的でしたが、特典やサービスが想像以上に良い
マイルが貯まるスピードが今まで以上!
旅行をあまりしないので、年会費70,000円が妥当か考えてしまう

みんなの疑問

優先チェックインはできますか?
可能です。国際線エコノミークラスを利用する際でも、ビジネスクラス専用カウンターで優先チェックインができます。
限度額はどのくらい?
人によって様々ですが、150万円〜500万円の範囲くらいが多いようです。これまでの実績や支払い能力によって大きく変わってくるので注意してください。

口コミからわかった「カードが向いている人・やめておいたほうがいい人」

こうした口コミから、ANA JCBカード プレミアムが向いている人、向いていない人を最後に確認します。

向いている人
  • ANAをよく利用する人
  • 旅を快適に過ごしたい人
  • 航空会社のワンランク上のサービスを受けたい人
向いていない人
  • ステータス性を求めない人
  • 高額な年会費を払いたくない人
  • ANAを利用しない人(旅行をあまりしない人)

ゴールドカードプレス編集部の結論

JCB発行のANAカードの中で、最高のステータスを誇る本カード。

ANAを利用し、旅行や出張などをする人にとってはとても魅力的な1枚と言えるでしょう。

旅行に関する補償なども手厚いだけでなく、コンシェルジュサービスなど確かなステータスを感じさせてくれるサービスも豊富です。

移動の多い人にとっては、持っていて損のない、そんな1枚だと言えます。

カード基本情報

jcb-ana-premier
国際ブランドJCB
年会費(初年度)70,000円+税
家族カード年会費(初年度)4,000円+税
利用限度額150万円〜500万円ほど
審査・発行期間最短即日〜2週間ほど
ポイント付与率2.00%
ポイント還元率2.75%
入会資格30歳以上で、本人に安定した継続収入がある人
入会キャンペーン

スポンサードリンク

ゴールドカードの知恵袋

ゴールドカードの記事一覧


ページのトップへ