ゴールドカードプレス > ゴールドカードの口コミ・ランキング > アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの全て

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの全て

amex-skytraveler
カードの種類 海外プロパー系
ランク 一般
タイプ 倹約
国際ブランド アメックスのみ
年会費 10,000円+税
カードの3つのポイント
  • 最大3倍に!スカイ・トラベラー 3倍ボーナス
  • 快適な旅をサポートするトラベル・サービス
  • いつでもあなたを見守るセキュリティ

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードは、どんなカードなの?

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードはアメリカン・エキスプレスが発行する旅行に特化したクレジットカード。

マイルを貯めたい方に特におすすめで、「メンバーシップ・リワード」が無料付帯し15航空のマイルに移行が可能です。しかも無期限なので、自分のペースでポイント・マイルを貯める事ができます。

国内外を旅する方におすすめの旅カードだと言えるでしょう。

最大3倍に!スカイ・トラベラー 3倍ボーナス

対象航空会社の航空券をカードにて購入するとポイントが3倍となります。以下の国内外航空会社27社と旅行代理店2社が対象となり、海外へ頻繁に行く方には嬉しいサービスですね。

対象旅行会社
  • ANA
  • アシアナ航空
  • アリタリア-イタリア航空
  • ヴァージン アトランティック航空
  • エア タヒチ ヌイ
  • エールフランス航空
  • エティハド航空
  • エバー航空
  • エミレーツ航空
  • オーストリア航空
  • ガルーダ・インドネシア航空
  • カンタス航空
  • キャセイパシフィック航空
  • KLMオランダ航空
  • シンガポール航空
  • スイス インターナショナル エアラインズ
  • スカンジナビア航空
  • スターフライヤー
  • タイ国際航空
  • 大韓航空
  • チャイナエアライン
  • デルタ航空
  • 日本航空
  • フィリピン航空
  • フィンランド航空
  • ブリティッシュ・エアウェイズ
  • ルフトハンザ ドイツ航空

上記の航空券を円建てで対象航空会社のウェブサイトから直接カード購入された場合にポイントが3倍となります。

対象旅行代理店
  • 日本旅行(ウェブサイトおよび日本旅行の全店舗)
  • アップルワールド(ウェブサイト)

日本旅行は旅行券、パッケージツアー、ホテルの宿泊代金(前払いのみ)、JR・バスチケットが対象。アップルワールドはホテルの宿泊代金(前払いのみ)が対象です。

快適な旅をサポートするトラベル・サービス

空港ラウンジ(28空港39ヶ所)、手荷物無料宅配サービス、空港パーキング等旅行中のサービスが充実。

全国6,000ヶ所以上のタイムズで車を24時間借りられるサービス「タイムズ カー プラス」が手数料無料で利用できます。

「一休.com」や「日本旅行」等の旅行サイトにて、カード会員限定の特典が受けられるのです。

これだけのサービスがあると年会費10,000円+税も安く感じられますね。

いつでもあなたを見守るセキュリティ

アメリカン・エキスプレス・カードでは不審な取引がないか探知するシステムを導入しています。全世界の加盟店にてカードのご利用状況を見守っているのです。

普段よりも高額な買い物をすると確認の連絡が来ますし、不正使用が発見されるとすぐに新しいカード番号を発行するなどの対応をしてくれます。

不正使用された場合には損害を補償してくれるので、安心して利用できますね。

またカードの紛失・盗難の場合には電話連絡で対応、緊急の場合には24時間年中無休で対応してくれます。

どうしても至急カードが必要な場合は「緊急仮カード」が1週間程度で発行可能。しかし仮カードなので、ANAマイレージクラブの各種サービスやポイントの交換・移行も出来ません。

緊急仮カードはセキュリティ番号が記載されていないため、海外でカードが利用できない場合があります。

とにかく貯まるポイントプログラム

様々な場面でボーナスポイントが貰えます。入会ボーナス3,000ポイント、入会後最初の旅行で5,000ポイント、継続時にも1,000ポイントがプレゼント。

加盟店が多くカードで支払う度にポイントが貯まっていきます。更にボーナスポイントを設けているお店やホテル、ぐるなびの対象サービス(ぐるなびネット予約・ぐるなびスーパーらくらく幹事さん・こちら秘書室)も加算対象です。

家族カードや追加カードを利用してもポイントが貯まり、ポイントが貯まっていくのを実感できるでしょう。

一般カードとしては年会費が高額です。しかしプレゼントされるポイントや加盟店・サービスがこれだけあるとお得に感じてきますね。

メンバーシップ・リワード・プラス

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードには「メンバーシップ・リワード・プラス」が無料付帯します。提携各社のマイル・ポイントへの移行や旅行商品等の支払いがお得に利用できるのです。

JCBと連携し利用店舗が増加したアメックス。様々な場面での利用が可能となり、ポイントも貯まりやすく魅力的です。

例えばシンガポール航空 「クリスフライヤー」であれば1,000ポイント=1,000マイルとして移行可能。他にも海外航空券やホテル料金等にも使用できます。

マイル移行可能提携先は以下の通りです。

  • ANA 「ANAマイレージクラブ」
  • チャイナエアライン 「ダイナスティ・フライヤー・プログラム」
  • デルタ航空 「スカイマイル」
  • ヴァージン アトランティック航空 「フライングクラブ」
  • タイ国際航空 「ロイヤルオーキッドプラス」
  • キャセイパシフィック航空 「アジア・マイル」
  • シンガポール航空 「クリスフライヤー」
  • ブリティッシュ・エアウェイズ 「エグゼクティブ・クラブ」
  • スカンジナビア航空 「SAS ユーロボーナス」
  • アリタリア-イタリア航空 「クラブ・ミッレミリア」
  • フィンランド航空 「フィンエアー・プラス」
  • エティハド航空 「エティハド ゲスト」
  • エミレーツ航空 「エミレーツ・スカイワーズ」
  • カタール航空「プリビレッジクラブ」
  • エールフランス/KLM航空 「フライングブルー」

各マイレージ・プログラムへの別途手続きが必須。更にANAのみ登録料(年間5,000円+税)が必要です。

また、提携ホテルグループは以下の通り。

「ヒルトンHオナーズ」は1,000ポイント=1,250Hオナーズポイント、「スターウッドホテルプリファードゲスト」は1,000ポイント=330スター・ポイントへ移行できます。こちらもホテルグループのポイント・プログラムへの登録が必要です。

  • ヒルトン・ワールドワイド 「ヒルトンHオナーズ」
  • スターウッド ホテル&リゾート 「スターウッド プリファード ゲスト」

これだけ多数のマイルやポイントに移行可能なので、旅行が好きな方にメリットと言えるでしょう。

ポイントフリーダム

これだけポイントが貯まりやすいアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード。更に様々なシーンでポイントが利用できます。

カードを利用していると、後になって使い過ぎたと心配になりがちです。そんな時はカードご利用後にポイントを充当する事ができます。

オンラインサービス登録すれば、航空会社では1ポイント=1円、ホテル・旅行代理店等加盟店では1ポイント=0.8円、旅行関連以外では1ポイント=0.5円で使用できるのです。

またヨドバシカメラや高島屋ではその場で使える商品券を店舗で交換してくれます。(3,000ポイント=1,000円分の商品券)

加盟店のオンラインショッピングでもポイントが使用できスマートに買い物ができて便利ですね。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの進化:一般⇒プレミア(ゴールド)

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの進化過程

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードは、一般カードに分類されるカードです。他にアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードというカードも存在します。

ここからは2種類のアメックス・スカイ・トラベラー・カードを見ていきましょう。

一般
amex-skytraveler

10,000円+税 航空券購入代金のポイントが3倍

プレミア(ゴールド)
amex-sky_premier

年会費:35,000円+税 航空券購入代金のポイントが5倍

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの審査を攻略するポイント

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの審査の基本情報は以下のようになります。

申し込み条件20歳以上で安定収入のある人
審査にかかる日数10日程度
発行にかかる日数申請日から約2週間後

審査攻略のポイント

アメックスカードは独自の審査方法を用いている事で有名です。過去に金融事故を起こしていても現在支払い能力があると判断されれば審査に通過する可能性はあります。

ここからは、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの審査のコツをじっくり見ていきましょう。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード攻略のポイント
  • プロパーカードを所持していると発行不可
  • パート・アルバイトの方は不可
  • 記載情報は嘘偽りなく

上記3点は特に注意しましょう。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードはアメックスのプロパーカードです。既に他のプロパーカード(グリーン・ゴールド・プラチナ・センチュリオン)を持っている方は発行できないので要注意。更にこれらのカードからスカイ・トラベラー・カードへ切り替えると、ポイントがリセットとなります。

申し込み資格は「20歳以上で安定収入のある方」となっており、パートやアルバイトの方は発行対象外です。派遣社員、契約社員の方でも否決されたという話がありました。

固定電話を記載すると印象がよく受かりやすい傾向があります。もし、固定電話を引いている方は、固定電話の電話番号を記載してあげるとより審査通過率は上がってくるでしょう。

アメックス・スカイ・トラベラーとアメックス・スカイ・トラベラー・プレミア・カードを比較

一般カードのスカイ・トラベラー・カードとゴールドに値するスカイ・トラベラー・プレミア・カード。これらを詳しく比較し自分に合ったカードを見つけましょう。

マイル・ポイントの貯まり方は?空港ラウンジは?補償は?

どちらも旅行に特化し、ポイントが貯まりやすいシステムが特徴。スカイ・トラベラー・カードはスカイ・トラベラー・プレミア・カードと比較するとどうなのでしょうか。

まずはポイント還元について。

アメックス・スカイ・トラベラー・プレミア比較アメックス・スカイ・トラベラー
amex-sky_premier券面amex-skytraveler
100円=1ポイントポイント還元100円=1ポイント
5倍スカイトラベラーボーナス3倍
無期限有効期限無期限
25%搭乗ボーナス10%
5,000ポイント入会特典3,000ポイント
5,000ポイント更新特典1,000ポイント
10,000ポイントファーストトラベル・ボーナス5,000ポイント
申し込みはこちら申し込みはこちらから申し込みはこちら

ポイント還元率や有効期限は同じですが、ボーナスポイントがプレミアは約2倍のポイントを取得できます。対象航空会社の航空券を買うとポイントも5倍となりかなりの還元率と言えるでしょう。

プレミアは35,000円+税の年会費が掛かります。たくさん旅行しない方は一般カードの方が良いでしょう。

続いて空港でのサービスを見ていきましょう。

アメックス・スカイ・トラベラー・プレミア比較アメックス・スカイ・トラベラー
amex-sky_premier券面amex-skytraveler
28空港39ヶ所空港ラウンジ28空港39ヶ所
羽田空港・成田国際空港・中部国際空港・関西国際空港手荷物無料宅配サービス成田国際空港・中部国際空港・関西国際空港
ありカーシェアリングサービス タイムズ カー プラスあり
あり海外旅行先での日本語サポートあり
あり海外用レンタル携帯電話あり
ありトラベル・サービス・ロケーションあり
申し込みはこちら申し込みはこちらから申し込みはこちら

空港サービスは比べると殆ど同じサービス内容です。プレミアは手荷物無料宅配サービスを羽田空港でも利用できます。

続いて、補償について見ていきましょう。

アメックス・スカイ・トラベラー・プレミア比較アメックス・スカイ・トラベラー
amex-sky_premier券面amex-skytraveler
5,000万円死亡・傷害保険(国内旅行時)2,000万円
5,000万円死亡・傷害保険(海外旅行時)3,000万円
100万円傷害治療費用保険(海外旅行時)100万円
100万円疾病治療費用保険(海外旅行時)100万円
3,000万円賠償責任保険(海外旅行時)3,000万円
30万円携行品損害保険(海外旅行時)30万円
200万円救援者費用保険(海外旅行時)200万円
申し込みはこちら申し込みはこちらから申し込みはこちら

どちらもカードを利用する事で補償が付帯します。プレミアの方が金額は高く設定されていますが、海外旅行に行かないという方は一般カードで十分と言えるでしょう。

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの口コミ体験談

ポイント・マイルの貯めやすいアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード。

ここからは、決算の使い勝手と共に付帯するサービスをじっくり見ていきましょう。

決済の使い勝手

国際ブランドはアメックスのみ。JCB加盟店と連携し格段に利用しやすくなっています。しかしそれでも使えない場合もあるので、事前に確認しておくとスマートに買い物ができるでしょう。

利用限度額はデスクに相談

アメックスでは利用限度額に制限を設けていません。その代わり利用額が高額になる場合は事前にデスクに相談する事で融通を利かせてくれます。ただし利用状況や支払実績により判断される為、いくらでも上げられるという訳ではありません。

それでも利用限度額を上げたい場合は事前入金をおすすめします。事前承認係に電話しアメックス指定口座に前もって入金することで、その分だけ限度額を増やす事ができるのです。初めにある程度のまとまった金額を入金すればその後デスクに申請をお願いしなくて済みます。

アメックスのデスクは柔軟な対応と評判が良く利用者にも好評です。

アメックス以外の一般カードにはないサービスと言えるでしょう。

お店だけでなく公共料金の支払いも出来て不便はないが、時たま断られる場合があるので確認は必ずしている

特典・サービスについて

マイルへの移行やポイントの使いやすさが魅力的なアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード。ここからは特典やサービスについて見ていきましょう。

ポイントがとにかく貯まる

入会時に3,000ポイント、継続時に1,000ポイントのボーナスポイントが貰えます。また、入会1年以内に対象航空会社の航空券や対象旅行代理店の指定旅行商品をカードで購入すると、初回に限り5,000ボーナスポイントもプレゼント。

旅行へ行く予定に合わせてカードを作ると爆発的にポイントを貯める事も可能です。

ビジネスやプライベートでよく飛行機に乗る方にはメリットと言えます。

少しまとめて支払っただけであっという間にポイントが貯まり驚いた
ポイントの使い道も様々

有効期限はありませんが、貯めたポイントを使わなければ意味がありません。

先ほど紹介したようにマイルに移行も可能ですが、オリジナルイベントの参加料としても使用できます。「世界遺産 清水寺の夜間特別拝観」や「世界の青木功プロと夢のラウンドプレー 」など、アメックスが会員の為に用意したプレミアムな限定イベントに参加することも可能です。

旅行が行けない期間等はこうしたイベントに参加しても楽しそうですね。

マイルの為に作ったカードだったが、色々な使い方がありポイントを貯めるのが楽しくなった

みんなの印象

ボーナスポイントがよく貰える
申請や事前入金をすれば限度額を上げてくれるのは便利
デザインはいいが使う度にカードに傷がつく

みんなの疑問

アメリカン・エキスプレス・カードとアメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードどちらを選ぶべきですか?
アメックスカード(緑)とアメックス・スカイ・トラベラー・カードの違いはマイルへの移行のしやすさ。アメックスカード(緑)でポイントをマイルへ移行すると、還元率が低くなってしまいます。トラベラーカードと同じ還元率で移行するには「メンバーシップ・リワード・プラス」の参加費(年間3,000円+税)を払わなければなりません。海外旅行へ行く方にはトラベラーカードがおすすめです。
インビテーションとはなんですか?
アメックスより信頼された人にのみ届くグレードアップの招待です。日々利用を重ね、支払期限を守り続けると信用されます。カードによっては招待された人にしか持てないカードも存在します。

口コミからわかった「カードが向いている人・やめておいたほうがいい人」

こうした口コミから、アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードが向いている人、向いていない人を最後に確認します。

向いている人
  • 海外へよく行く人
  • 年会費を抑えてプロパーカードを所持したい人
  • メインカードとして使用可能な人
向いていない人
  • 海外へ行かない人
  • ステータスを必要としない人
  • 年会費を払いたくない人

ゴールドカードプレス編集部の結論

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの一番の魅力はマイルへの移行。海外へビジネスやプライベートでよく行く方には特におすすめします。

反対に旅行へ行かない人、国内旅行しか行かない人にはあまりメリットに感じられないでしょう。

また、利用ができないお店がまだ多数あることを煩わしく感じる方には、魅力として映らないでしょう。

数々の場面でボーナスポイントも貰え、旅行の際の決算でもポイントが3倍となり、旅行好きな方にはたまらない1枚と言えます。

カード基本情報

amex-skytraveler
国際ブランドアメックスのみ
年会費(初年度)10,000円+税
家族カード年会費(初年度)5,000 円+税
利用限度額デスクに要問合せ
審査・発行期間10日ほど
ポイント付与率1%(100円毎に1ポイント)
ポイント還元率対象航空会社での利用で、と最大3%
入会資格20歳以上で安定収入のある人
入会キャンペーン最大3,000ポイントプレゼント

ゴールドカードの記事一覧


ページのトップへ