アメリカンエキスプレスカード

ゴールドカードプレス > ゴールドカードの口コミ・ランキング > アメリカン・エキスプレス・カード(緑)の全て

アメリカン・エキスプレス・カード(緑)の全て

カードの種類 海外プロパー系
ランク 一般
タイプ ステータス
国際ブランド アメックスのみ
年会費 12000円
カードの3つのポイント
  • 買い物や趣味を楽しみたい人に優待制度が充実
  • 貯まりやすく使いやすいポイント・プログラム
  • 万が一のトラブルにも安心、プロテクション

本家アメリカンエキスプレスといえば、クレジットカードにおける五大国際ブランドの一角を占める有名なクレジット会社です。アメックス(AMEX)と略されることも多く、アメリカンエキスプレスカードのステータス性の高さは五大国際ブランドの中でも突出していることでも知られています。

ポイントとかお得がどうこう言う前に、持つだけで価値があるクレジットカードがアメリカンエキスプレスカードです。そもそも生活費決済など家計を助けるためのような目的のものではないということです。空港のラウンジを無料で利用できたり、重い荷物を無料で送れたりなど、特に海外旅行や海外出張などではアメックスほど重宝できるカードはありません。日本国内よりその価値は海外で遺憾なく発揮されます。

買い物や趣味を楽しみたい人に優待制度が充実

例えば海外の旅行先からでも、日本語で電話すれば、高級レストランのご予約から、緊急時の支援まで、世界中のほとんどの国から24時間無料な「グローバルホットライン」が利用できます。

貯まりやすく使いやすいポイント・プログラム

アメリカン・エキスプレスのカードが使える店舗数は、日本国内最大級です(日本国内ではJCBマークのあるJCB加盟店で利用可能)。マイル交換率も悪くないため、マイルカードとして人気で、貯めるポイントはマイル派という人からの支持を集めています。さらにホテルグループのポイントをはじめ、楽天、Tポイントなどの提携会社のポイント移行(ポイント・プログラム)することも可能。貯めたポイントは、厳選された500以上のアイテムや、体験をテーマとしたアイテムへの交換をはじめ、アメリカン・エキスプレスが届ける、特別感を満喫できるカード会員限定イベントに参加できます。ポイント還元率は0.4~1.0%です。

旅行保険が自動付帯で、家族特約も付きます

同じプロパーカードである「JCB 一般カード」と比べると、「JCBゴールド」に入会する最大のメリットは、充実した付帯保険があることです。最高1億円の海外旅行傷害保険が自動付帯で付いてくる上、さらに家族特約付きと他のゴールドカードを圧倒するスペックです。また、当然国内旅行傷害保険も充実しているのでご安心を。

アメリカン・エキスプレスカードの進化

アメリカン・エキスプレス・カードは、どのように上位カードに進化していくのでしょうか?

アメックスのプロパーカードは、4段階に進化します

一般⇒ゴールド⇒アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード⇒アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード(ブラックカード)

一般

年会費12000円 旅行障害保険:最高5000万円(海外・国内)

ゴールド

年会費:29000円 旅行障害保険:最高1億円(海外)、カード支払いしてない場合でも傷害死亡・後遺障害保険金5000万円 日常で貯まるポイントが旅につながる、空港ラウンジサービスやゴールドカードならではのサービス

※詳しくはアメックスゴールドの全て

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

年会費:130000円 年間100万円以上?等の条件を満たした会員に案内(招待制)

アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード

年会費:350000円 アメックスの定める一定基準を満たした会員に案内(招待制)

アメリカン・エキスプレス・カード(緑)の審査を攻略するポイント

アメリカン・エキスプレス・カード(緑)の審査の基本情報や審査基準は以下のようになります。

申し込み条件原則として20歳以上、日本国内に定住所があり、安定した収入がある人で、他のクレジットカードやローン等の支払いがある場合、延滞がないこと
審査にかかる日数申し込みから最短3日ほど
発行にかかる日数審査完了から最短3日程度

アメックスグリーンとゴールドを比較

アメックスグリーンと、アメックスゴールド。どちらも審査は簡単になってきているようだし、どちらにしよう?そう悩む方、増えてきています。

ここからは、アメックスグリーンとゴールドの様々なサービスを徹底比較していきましょう。

空港ラウンジは使える?同伴者は?その他のサービスは?

空港ラウンジが使える一般カードであるAMEXグリーンカード。それだけでも大きな魅力ですが、その他のサービスなどはAMEXゴールドカードと比較するとどうなのでしょうか?

ここからはAMEXゴールドとAMEXグリーンを徹底比較していきます。

まずはポイント還元について。

ゴールドグリーン
ポイント還元100円=1ポイント100円=1ポイント
有効期限無期限※メンバーシップ・リワード登録時無期限※メンバーシップ・リワード登録時
ポイント交換先ANAマイルなどの航空会社15社
ヒルトン・SPGホテル
楽天スーパーポイント・Tポイント
ANAマイルなどの航空会社15社
ヒルトン・SPGホテル
楽天スーパーポイント・Tポイント

これだけを比較すると、差はありません。

多くのクレジットカードがそうですが、ゴールドカードは、これから述べる特典やサービスなどの付帯、利用付帯の内容が豪華であり、ポイント還元率は高くない、という傾向があります。

ガツガツポイントを貯めたい!という人にとってゴールドカードは、あまり向いているとは言えませんね。

続いて特典を見ていきましょう。

ゴールドグリーン
空港ラウンジ国内28空港
同伴者1名無料
国内28空港
同伴者1名無料
手荷物無料宅配往復1つまで無料往復1つまで無料
クロークサービス当日限り荷物2個まで無料当日限り荷物2個まで無料
海外旅行時の日本語サポートオーバーシーズ・アシスト
レストラン予約や医療機関紹介、緊急時の支援など日本語で相談可能
グローバル・ホットライン
プリファード・ゴルフ世界70カ所以上の提携ホテルに2泊以上で、ホテルが契約するゴルフコースのプレー代(1ラウンド/1名分)が無料※通常年会費295US$(ゴールド・カード会員は無料)なし
ツアー旅行・宿泊優待Expedia・日本旅行・アップルワールド・一休.com・H.I.S.Expedia
エアポート送迎サービスありあり
プライオリティパスありなし

こうして比較をしてみると、少しずつ差が見えてきましたね!

続いて、保険や補償について見ていきます。

ゴールドグリーン
死亡・傷害保険(海外旅行時)最高1億円最高5000万円
死亡・傷害保険(国内旅行時)最高5000万円最高5000万円
傷害・疾病治療費(海外旅行時)最高300万円最高100万円
救援者費用(海外旅行時)最高400万円最高200万円
賠償責任費用(海外旅行時)最高4000万円最高3000万円
携行品損害(海外旅行時)最高50万円最高30万円
航空機遅延費用補償(海外旅行時)最高2万円なし
キャンセル・プロテクション最高10万円なし
リターン・プロテクション最高3万円最高3万円
家族カードの補償ありあり
カード盗難・紛失の場合の緊急発行ありあり

すべて利用付帯(付帯条件)のケースを比較しました。この他にもゴールドは、自動付帯の補償がつくので、旅行の決済をアメックスで行わなくても、保証されるという点は、非常に優れていますね。

しかし、海外旅行にいかない!国内旅行しかいかない!という人にとっては、あまり大きなメリットとは言えません。

グリーンのアメックスは、日本国内での使用に限れば充分な補償だと言えます。

最後にエンターテイメント関係の特典を見ていきましょう。

上質な時間を過ごすことができるアメックス。力を入れているのは、旅行に対する保証だけではありません。

様々なエンターテイメント関連の特典が充実しているのです。

ゴールドグリーン
コットンクラブありあり
新国立劇場ありあり
チケット・アクセスありあり
アメリカン・エキスプレス・セレクトありあり
ゴールド・ダイニングby招待日和ありなし
ゴールド会員限定イベントありなし
ゴールド・ワインクラブありなし
京都観光ラウンジありなし

比較してみると、大きな違いがあるのがわかります。

この中で、一番利用頻度が高いと思われるのはゴールド・ダイニングby招待日和でしょうか。

この特典は、高級レストランに2名以上予約し、行くと1名分が無料になるサービスです。

1人1万円以上するようなコース料理が、1名無料になるので、大変オトクに食事を楽しむことができます。

こうしたサービスを利用しない、自分の利用法・ライフスタイルに合わないということであればアメックスグリーンでOK。低い維持費で、上質なサービスを受けることができるでしょう。

これだけ様々なサービスを受けられるアメックス。

ここからは審査攻略のポイントを見ていきましょう。

審査攻略のポイント

アメリカン・エキスプレス・カード(緑)(プロパーホルダー)は、パート・アルバイトの人、未成年や学生の人は取得することができません。

基本的には公務員や会社勤めしている人向けのカードなので、条件が合わなければ落ちる可能性が高いです。

反面、きちんと働いていればカード審査通過は容易でしょう。年齢や新卒、転職したて、という場合でもゴールドカード取得より、遥かに容易く審査通過します。

最も重視するポイントは「正社員かどうか」。正社員で働いていれば、発給難易度は決して高くないでしょう。

さらに詳しく、メインカード利用者の多いアメリカンエキスプレス社の審査を見ていきましょう。

まずは年収について。アメックスゴールドは、年収500万円以上が一つの基準になります。また、上位カードであるプラチナ、センチュリオン(ブラック)を目指す場合は、いわゆる富裕層になる必要があります。

世界中にユーザーがいるアメックスは審査スピードも驚くほど早いという特徴があります。申し込みを行ってから5日後には手元に届いたという人も。

これから旅行に行くので、早く欲しい!という人は、いますぐ申し込みを行いましょう。

アメリカン・エキスプレス・カード(緑)
  • 申し込み条件を満たそう
  • 申込時にしっかりと内容は入力を
  • 過去の支払い遅延や延滞は注意

あくまで一般カードであるアメリカン・エキスプレス・カード(緑)。審査難易度はそれほど高くありません。注意しなければならないのは、条件を満たさなければすぐに落ちてしまうということ。

アルバイトなどで生計を立てているフリーターの場合、審査通過は困難であると言えます。

しかし派遣社員や契約社員は、通過することは難しいものの通過の可能性は比較的高いと言えます。勤続年数が3年ほどあればほとんどの場合通過しているようです。本人に安定収入があるかどうかという点が重要なので、勤続年数が長ければ、その分信用につながり審査通過するようです。

専業主婦の人は注意が必要。専業主婦で申し込んでも通過することはほとんどないでしょう。その場合は、ご主人名義での申請をおすすめします。ご主人名義で申請し、家族カードを持つことがおすすめです。

審査が通りやすく、スピード発行可能なアメックスですが、これまでにアメックスを利用したことがない(アメックスにクレジットヒストリー(クレヒス)がない)という人は少し時間がかかってしまう、という点には注意が必要です。個人信用情報機関への問合せというのは、思った以上に時間がかかるようです。

もし、審査に落ちてしまう場合は、セゾンブルーやセゾンパール、セゾンゴールドカードなどアメックスブランドを発行している取得難易度の低いカードでクレヒス修行もあり。

カードフェイス・ゴールドカードのイメージから審査難易度が高いと思いがちなアメリカン・エキスプレス・カード(緑)ですが、正社員として働いていれば簡単に通過するでしょう。反面それ以外の属性の方は、上記条件を満たせば所有することが可能です。自身の状況に合わせ、アメリカン・エキスプレス・カード(緑)を所有しましょう。

アメックス・グリーン(緑)の口コミ体験談

クレジットカードと言えば、こんな券面デザインのイメージ!というほど広くステイタスとして浸透し、男性・女性を問わず様々な年代の方から人気のアメックス。インターネット上では「雨金」というスラングが生まれるほどです。

そんなアメックスの人気の理由はどこにあるのか。ここからは、決済の使い勝手と共に付帯する特典やサービスをじっくり見ていきましょう。

決済の使い勝手

JCBと提携しており、多くのJCB加盟店で利用することができます。ここからは、国内海外共に決済の使い勝手について見ていきましょう。

日本国内(JCB加盟店)で使う

JCB加盟店で利用できるアメックス。多くの加盟店で利用できる他、近年では「アメックスが使えます」と使用可能カードの中にアメックスのマークがある店舗も増えてきています。

一部のJCB加盟店で利用できないことはありますが、多くの店舗で利用できるので使い勝手はJCBと変わらないと言えるでしょう。

寿司チェーン店で利用できませんでした。入店時に使えるかどうか確認しておきたいですね
海外で使う

日本国内と同様に海外でもVISAやMasterCardの方が使い勝手の面では優れています。

しかし、アメックスの魅力は何と言ってもステータス。

アメックス利用でホテルに宿泊するとサービスがよくなることもあるとか。

利用明細には使用した店舗名だけでなく、業種まで載ってくるのでどこで何を買ったのか思い出しやすいというのは海外利用の多い人にとっては魅力と言えるのではないでしょうか?

海外ホテルでアメックスを使うと、フロントの対応が変わりましたね。ちゃんと対応してくれるようになりました。その分チップをせがまれることも多くなりますけどね

特典・サービスについて

特典が魅力的なアメックス。どんな特典やサービスがあって、どのように活用すると良いのかを見ていきましょう。

アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィス

世界140カ国、2200カ所以上におよぶトラベルサービス網が、チケットの手配や紛失・盗難などがあった際の緊急カードの翌日無料発行など、国内外の旅を徹底サポートしてくれます。

旅のトラブルはすぐにアメックスに電話することで、チケットの再手配など迅速に対応してくれます。

旅行の最中にチケットを紛失して、どうしたらいいのかわからなかったのですが、アメックスに電話したところ丁寧に対応してくれて事なきを得ました
海外用レンタル携帯電話優待

今や旅行の必需品とも言えるスマートフォン。しかし、海外で利用するには国内での手続のほか、割高な料金を払わなければなりません。

海外用の携帯電話をレンタルする人も多いかと思いますが、レンタル料が結構な負担になることも。

アメックスならレンタル料半額で利用できるので積極的に活用していきましょう。

手荷物無料宅配サービス

海外旅行に行くときに意外と荷物になるのがスーツケース。

預けると受け取りに並ぶのが面倒だし、送るのも高いし…と悩みのタネになることも。

アメックスは、カード会員一人につきスーツケース1個を行き帰り無料配送できます。

羽田空港(国際線)、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港で利用できるので、重い荷物を持って移動しなくて良いのが嬉しいですね。

行きはまだ元気だけれど、帰りが辛い!最近はすぐに送ってしまうようにしています

みんなの印象

持っているとかっこいいイメージがあります。
海外渡航する人は良く持っている。
アメックスのポイントは貯めやすく、交換性にも優れている。

みんなの疑問

「本人認証サービス(American Express SafeKey®)」とは何ですか?
「本人認証サービス」とは、万一カードが盗まれてしまったりカード番号を知られてしまった場合でも、オンラインショップでの第三者のカード不正利用を防止するサービスです。本サービスに対応しているオンラインショップでは、カード払いをされる際、本人しかわからないパスワード等をご入力することにより、第三者によるカード不正利用が防止できます。
アメックスカードはどこで使えるの?
アメックスは国内加盟店がずっと少ないような印象があるかもしれませんが、そんなことはありません。国内ではJCBと提携しているのでJCBが使えるお店はすべてアメックスが使えます。
アメックスのインビテーションとはなんですか?
アメックスからの信用が貯まった人にだけ特別に提案されるカードのグレードアップの招待になります。アメックスでは最初から、プラチナカードに入会は出来ないことになっており、一般からゴールド、ゴールドからプラチナと信用を重ねることでグレードアップをしていきます。

口コミ・書き込みからわかった「カードが向いている人・やめておいたほうがいい人」

向いている人
  • ステータスを得たい人
  • 海外渡航が多い人
  • コストコをよく利用する人
向いていない人
  • 地方在住者
  • すぐさまリボや、分割を使いたい人
  • サービスよりも年会費の安さ重視の人

ゴールドカードプレス編集部の結論

通常のクレジットカードのランクなのに、国内・海外ともに、最高5,000万円の旅行障害保険やプライオリティパスが付帯、世界のVIPラウンジが無料で利用可能で他社のゴールドカードと同ランクのサービスを受けられ、会員への特典が豊富です。

カード基本情報

国際ブランドAmerican Express
年会費(初年度)12,000円+税(キャンペーンで初年度無料)
家族カード年会費(初年度)6,000円+税
利用限度額定めなし
審査・発行期間1週間程度
ポイント付与率1%(100円で1ポイント)
ポイント還元率最大0.40%(日本旅行割引時)
入会資格原則として20歳以上、日本国内に定住所があり、安定した収入がある人で、他のクレジットカードやローン等の支払いがある場合、延滞がないこと
入会キャンペーン初年度年会費無料

ゴールドカードの記事一覧


ページのトップへ