イオンゴールドカード

ゴールドカードプレス > ゴールドカードの口コミ・ランキング > イオンゴールドカードの全て(口コミ、ポイント還元率)

イオンゴールドカードの全て(口コミ、ポイント還元率)

イオンゴールドカード(券面:通常デザイン)
カードの種類 流通系
ランク ゴールド
タイプ 倹約
国際ブランド VISA、マスターカード、JCBのみ
年会費 10800円(オンラインで入会申し込みの場合は初年度年会費無料)
(スポンサードリンク)
カードの3つのポイント
  • 各種保険が無料で付帯
  • 全国のイオンラウンジや羽田空港のラウンジサービスが利用
  • イオンゴールド会員限定優待パスポートが届くことがある

イオンゴールドカードは、どんなゴールドカードなの?

「イオンゴールドカード」は、利用実績に応じてインビテーション制(招待状)カードでありながら年会費永年無料で利用できる招待制のゴールドカードです。

この記事では、イオンゴールドカードを徹底レビューしていきます。

イオンゴールドカードは、イオンラウンジの利用や羽田空港のラウンジを利用できる他、最高3,000万円の海外・国内旅行傷害保険も無料で付帯します。一般カード同様にイオン系列店でお得な特典も受けられます。通常カードからゴールドカードへのグレードアップの条件は、直近1年間で100万円以上の利用などの条件があります。イオン系列で生活用品を日常で購入する方にはおすすめです。

イオンゴールドカードは、招待専用のカードで、直接ゴールドカードに入会申し込みをすることはできません

イオンゴールドカードを持ちたい人は、まずは一般カードを作り、利用を重ね、インビテーションの到着を待ちましょう。

各種保険が無料で付帯

国内・海外旅行傷害保険(最高3,000万円)やイオンゴールドカードで買い物された商品(1品5,000円~300万円)が偶然の事故により損害を被った場合、購入日から180日間、年間300万円まで補償されるショッピングセーフティ保険がつきます。

全国のイオンラウンジや羽田空港のラウンジサービスが利用

全国のイオンに設置されているイオンラウンジが利用でき、ドリンクサービスや雑誌・新聞などショッピングの合間に休憩できます。国内では羽田空港のみラウンジが使用できます。

イオンゴールド会員限定優待パスポートが届くことがある

不定期に送られてくる可能性があるイオンゴールド会員限定優待パスポート。

例としては、ゴールドカードホルダーが指定した二日間で、食料品はほとんど全品5%OFF、日用品や医薬品は10%OFF、衣料品や寝具など一部は20%OFFと対象商品も割引率も高くなります。

イオンカード「使いこなしワザ」

月額260円で加入可能な弁護士特約を活用しよう!

様々な特典があるイオンカード。

最近特に人気を集めているのが「日常生活賠償プラン」。

わずか月額260円で、加入者・加入者の家族全員に対し、最高1億円までカバー(補償)してくれる魅力的な保険です。

ちなみに、このイオンカードと同様に、最高1億円まで保障してくれる「全労済のけがと賠償の保障 障害安心タイプ」は、月額1200円での加入となっているので、月額260円で加入できるイオンカードの「日常生活賠償プラン」はかなり魅力的です。

イオンカード「日常生活賠償プラン」の魅力その1

家族全員を守る保険!

イオンカード会員専用保険の「日常生活賠償プラン」。

この他にも、イオンカード会員なら、自転車事故や日常のけがなど、様々な保険に加入することが可能です。

様々な保険の中で、「日常生活賠償プラン」は、月額260円からという安価な価格設定と、幅広い補償範囲、そして加入者本人だけでなく、その家族までもカバーしてくれるとあって大変人気なプランとなっています。

交通障害での死亡・後遺障害の際には保険金が400万円(Cコースの場合)。そして、「子供が近隣宅のガラスを割ってしまった」「相手を怪我させてしまった」など、日常の中に潜むトラブルに対する個人賠償は最高1億円(全コース共通)と、充実の補償が魅力です。

この他にも月額540円のAコース、月額430円のBコースでは、他人から借りた物品を破損してしまったときも補償してくれるんです。

様々な補償をカバーしてくれる「日常生活場以上プラン」。月額260円というわずかな掛け金で、家族全員の日常に潜むトラブルをカバーしてくれるので、ぜひ安心を手に入れましょう。

イオンカード「日常生活賠償プラン」の魅力その2

訴訟にかかる費用(弁護士費用など)も安心!

「自分や家族が誰かに怪我を負わせてしまった…」

すっかり訴訟が多くなった現代だからこそ、裁判や弁護士費用などの補償も考えたいところです。

イオンカード会員専用保険「日常生活賠償プラン」には、これらの補償も含まれています。

訴訟を起こされた場合、弁護士への手付金や報酬金など様々な費用が必要になってきます。弁護士へ手付金として15万円〜20万円ほど、そして報酬金(成功報酬)は訴えられた額の約20%とも言われています。

さらに印紙代や交通費など多額の諸費用が必要となってきます。

突然の事故やトラブルで訴訟を起こされた場合、こうした費用の負担が発生するって意外とご存じない方が多いんです。

しかし、イオンカード会員専用保険「日常生活賠償プラン」なら、これら訴訟にかかる費用も補償範囲となっているので安心できますね。

「自分には起こらないと思っていた」

多くの方は、トラブルに対してそういった認識だと思います。

しかし、いざ起こったときに、冷静に対処し、自分だけでなく迷惑をかけた相手へきちんと補償するためにこうした保険をおすすめします。

月額260円というわずかな掛け金で、大きな安心を手に入れましょう!

※補償範囲外もあるのでご注意を

注意点としては、充実した補償の「日常生活賠償プラン」ですが、次のようなケースは保証対象外です。

  • 故意
  • 戦争、外国の武力行使、暴動、核燃料物質等による損害
  • 自身、噴火またはこれらによる津波
  • 被保険者の職務遂行に直接起因する損害賠償責任
  • 被保険者と同居する親族に対する損害賠償責任
  • 被保険者が所有、使用または管理する財物への損壊について、その財物について正当な権利を有する方に対して負担する損害賠償責任
など

補償の範囲外となる事項もあるので、加入前にはしっかりと調べたいところです。

イオンゴールドカードの進化:一般⇒ゴールド

一般カードに入会し、利用を重ね、条件を満たすとゴールドカードのインビテーションが届く!

一般

年会費:無料

ショッピング利用限度額:10〜100万円

キャッシング利用限度額:0〜50万円

ゴールド

年会費:無料

旅行障害保険:最高3000万円(海外国内)(利用付帯)

全国のイオンラウンジや羽田空港のラウンジサービスが利用

ショッピング利用限度額:200万円程度まで(ゴールドカードのショッピング利用上限は明かされていません。すでに所有している人の口コミから推定)

キャッシング利用限度額:〜50万円以上(ゴールドカードのキャッシング上限は明かされていませんが、一般カードよりは上限が大きいようです)

イオンゴールドカードの審査を攻略するポイント

イオンゴールドカードの審査の基本情報は以下のようになります。

申し込み条件イオンカード利用者への招待のみ
審査にかかる日数
発行にかかる日数インビテーションに返信後1週間〜10日前後でゴールドに切り替わる

審査攻略のポイント

イオンゴールドカードはインビテーションのみのカードとなっています。そのため、インビテーションが届いた時点で審査通過しています。

インビテーションの条件は公開されていないため、多くの口コミから情報を集めていきます。

イオンゴールドカードのインビテーション発行条件
  • 直近1年間で100万円以上の利用
  • 直近1年間で80万円以上かつ120回以上の決済
  • 直近1年間でイオングループの店で60万円以上のショッピング

完全招待制のため、明確な基準が不明なイオンゴールドカード。しかし、発行された!という口コミを見ていると、上記3つの条件が共通しているようです。

この他にもイオン銀行口座をお持ちの人にゴールドカードへの案内が来ることも。上記3条件のうちどれかを満たし、定期預金が100万会陰以上、住宅ローン利用、投資信託に残高などの条件を満たすことでイオン銀行利用でもインビテーションが来るようです。

イオンゴールドカードを目指すにはイオンの店舗内での買い物が鍵になりそうですね。

口コミ体験談

比較的所有しやすいゴールドカードであるイオンゴールドカード。

ここからは利用シーン毎の利便性や使い勝手などをチェックしていきましょう。

決済の使い勝手

VISA、JCB、MasterCardから国際ブランドを選択することが可能。イオン系列以外によく利用する店舗に合わせて選べるのが嬉しいですね。

イオンの店舗では、どの国際ブランドも使用できるので、どれを選択しても問題ないでしょう。ただし、ApplePayを利用したい場合は注意が必要です。VISAはまだ対応していないので、JCBかMasterCardを選びましょう。

イオン以外で利用するならVISAかMasterCardが無難!JCBは店舗への審査が結構厳しいので使えないお店も多いですよ
日々の利用

カード発行時にWAON一体型(イオンカードセレクト)を選択することが可能となっています。頻繁にイオンカードセレクト新規入会キャンペーンを行っているので注目を。イオンでの会計時にWAONを使用している人、WAONポイントを貯めているという人は、WAON一体型を選択しましょう。

決済はWAONが便利!イオン系列以外にも使えるお店が増えてきているので、WAONは手放せません!
ポイント二重取り

イオンゴールドカードはポイントの二重取りができるので積極的に活用していきたいところです。

イオンが提供している電子マネーWAONは、決済時に「200円利用で1ポイント」貯まります。このポイントは、1ポイント=1円として他の決済時に利用することが可能です。

この他にも、イオンはときめきポイントがあります。

こちらはクレジットカードを使用した際に貯まるポイントで、「200円につき1ポイント」の還元となっています。

ときめきポイントは、カタログギフトと交換できる他、WAONやSuicaなど様々なポイントに移行することが可能です。

WAONチャージをイオンゴールドカードで行うことで、ポイントの二重取りが可能となります。それぞれ0.5%の還元率ですが、合わせることで1%の還元率となるのです。

イオンゴールドカードを所有している場合は、積極的にWAONを使っていきたいですね。

特典・サービスについて

イオンゴールドカードには、補償やラウンジなど様々な特典・サービスがあります。ここからは特典・サービスをじっくり見ていきましょう。

会員制イオンラウンジ

イオンモールに設置されているイオンラウンジを利用することが可能です。

利用料はかからず、軽食やドリンク、新聞・雑誌等の閲覧が可能になっています。

土日祝日などの混雑時は30分以上の利用はできないなど制限される場合もありますが、歩き疲れた、買い物のちょっとした休憩に、など様々なシーンで利用できるラウンジです。

イオンラウンジがあるイオンの店舗は下記になります。

  • 北海道
    • イオン札幌桑園店
    • イオン札幌発寒店
    • イオン札幌元町店
    • イオン札幌苗穂店
    • イオン苫小牧店
    • イオン名寄店
    • イオン旭川西店
    • イオン旭川駅前店
  • 青森県
    • イオン八戸田向店
  • 秋田県
    • イオン大曲店
  • 岩手県
    • イオン盛岡店
    • イオン盛岡南店
  • 山形県
    • イオン三川店
    • イオンスタイル天童
  • 宮城県
    • イオンタウン仙台泉大沢店
    • イオン富谷店
    • イオン名取店
    • イオン石巻店
  • 新潟県
    • イオン新潟南店
    • イオン新発田店
    • イオン新潟青山店
  • 群馬県
    • イオン高崎店
    • イオン太田店
  • 栃木県
    • イオンスタイル佐野新都心店
    • イオン小山店
  • 茨城県
    • イオン水戸内原店
    • イオン下妻店
    • イオン土浦店
    • イオンつくば店
  • 埼玉県
    • イオン大井店
    • イオン春日部店
    • イオンせんげん店
    • イオン与野店
    • イオン浦和美園店
    • イオンスタイルレイクタウン
    • イオン羽生店
    • イオン入間店
    • イオン川口前川店
    • イオンスタイル北戸田
  • 千葉県
    • イオン稲毛店
    • イオン船橋店
    • イオン銚子店
    • イオン千葉ニュータウン店
    • イオン成田店
    • イオン館山店
    • イオン八千代緑が丘店
    • イオン津田沼店
    • イオン鎌ヶ谷店
    • イオンタウンおゆみ野
    • イオンスタイル幕張新都心
    • イオンマリンピア店
    • イオンスタイル鎌取店
    • イオン柏店
    • ボンベルタ成田店
    • イオンスタイル木更津
    • ダイエーいちかわコルトンプラザ店
  • 東京都
    • イオン南砂店
    • イオン品川シーサイド店
    • イオン日の出店
    • イオン板橋店
    • イオン東雲店
    • イオン東久留米店
    • イオンスタイル多摩平の森店
    • イオンスタイル板橋前野町
    • ザ・ビック昭島店
  • 神奈川県
    • イオン泰野店
    • イオン茅ケ崎中央店
    • イオン大和店
    • イオン大和鶴間店
    • イオン久里浜店
  • 山梨県
    • イオン甲府昭和店
  • 長野県
    • イオン上田店
  • 富山県
    • イオン高岡南店
    • イオンスタイルとなみ
  • 石川県
    • イオンスタイルかほく
  • 岐阜県
    • イオン各務原店
    • イオン大垣店
  • 静岡県
    • イオン浜松市野店
    • イオン浜松西店
    • イオン浜松志都呂店
    • イオン焼津店
    • イオン富士宮店
    • イオン清水店
    • イオンタウン富士南
  • 愛知県
    • イオン大高店
    • イオンナゴヤドーム前店
    • イオン名古屋みなと店
    • イオン春日井店
    • イオン新瑞橋店
    • イオン八事店
    • イオン熱田店
    • イオン岡崎南店
    • イオン木曽川店
    • イオン扶桑店
    • イオン高橋店
    • イオンスタイルワンダーシティ
    • イオンスタイル名古屋茶屋
    • イオンスタイル東浦
  • 三重県
    • イオン四日市尾平店
    • イオン東員店
    • イオン桑名店
    • イオンスタイル常滑
  • 滋賀県
    • イオン西大津店
    • イオンスタイル草津
  • 京都府
    • イオン京都五条店
    • イオン洛南店
    • イオン高の原店
    • イオン久御山店
    • イオンスタイル京都桂川
  • 奈良県
    • イオン登美ヶ丘店
    • イオン橿原店
    • イオン大和郡山店
  • 和歌山県
    • イオンスタイル和歌山
  • 大阪府
    • イオン大日店
    • イオン鶴見緑地店
    • イオン喜連瓜破駅前店
    • イオン堺北花田店
    • イオン日根野店
    • イオンりんくう泉南店
    • イオン新茨木店
    • イオン東岸和田店
    • イオン大阪ドームシティ店
    • イオン貝塚店
    • イオンスタイル茨木
    • イオンスタイル四條畷
  • 兵庫県
    • イオン猪名川店
    • イオン伊丹昆陽店
    • イオン神戸北店
    • イオン姫路大津店
    • イオン加西北条店
    • イオンジェームス山店
    • イオン小野店
    • イオン明石店
    • イオンスタイル伊丹
  • 島根県
    • イオン松江店
  • 鳥取県
    • イオン鳥取北店
    • イオン日吉津店
  • 岡山県
    • イオン倉敷店
    • イオン津山店
    • イオンスタイル岡山
  • 広島県
    • イオン宇品店
    • イオン広島府中店
    • イオン広島祇園店
  • 香川県
    • イオン高松店
    • イオン綾川店
  • 愛媛県
    • イオン新居浜店
  • 高知県
    • イオン高知店
  • 福岡県
    • イオン香椎浜店
    • イオン福岡伊都店
    • イオン筑紫野店
    • イオン福岡店
    • イオン八幡東店
    • イオン直方店
    • イオン大牟田店
    • イオン小郡店
    • イオン福津店
    • イオン若松店
  • 佐賀県
    • イオン佐賀大和店
  • 大分県
    • イオンパークプレイス大分店
  • 長崎県
    • イオン大塔店
  • 宮崎県
    • イオン延岡店
    • イオン都城店
    • イオン宮崎店
  • 熊本県
    • イオン熊本店
  • 鹿児島県
    • イオン鹿児島店
  • 沖縄県
    • イオン那覇店
    • イオンライカム店
    • イオン具志川店
    • イオン南風原店

イオンラウンジ設置店舗は、全国の実に多くありますね。イオングループ店舗にイオンラウンジがありますね。

イオンゴールドカード会員なら、これらのラウンジをいつでも利用できるので、買い物の休憩に、新商品の試食に、どんどん活用していきたい施設です。

トップバリュの試供品が置いてあることも。行くたびに変化があって楽しいラウンジです。イオンの中にあるというのがうれしいです
空港ラウンジ

羽田空港限定ですが、空港エアポートラウンジを利用できます。

フリードリンクや新聞・雑誌などが用意されているので通常のラウンジと変わらずくつろぐことが可能です。

※同伴者は有料

羽田空港限定というのが少し惜しい感じがしますが、羽田空港を利用する際には嬉しい付帯サービスです。年会費無料でラウンジ利用できるのはありがたいですね

イオンゴールド会員限定優待パスポート

刊行ペースは明かされていませんが「イオンゴールド会員さまご優待パスポート」が届くことが有ります。

イオンゴールドカードで通常決済を行っていると、サンキューパスポートという衣料品などの割引パスポートが届きます。しかし、こちらは食料品が対象外。しかし、上記ゴールド会員限定優待パスポートは食料品も5%OFF、衣料品に至っては20%OFFと大変オトクな割引率となっています。

気がついたら届いているパスポートですが、割引率は魅力です。いつも届くサンキューパスポートも結構オトクなので、イオンゴールドカード使いは見逃したくないポイントですね!

みんなの印象

入会金、年会費が無料で手に入れられるお気軽なゴールドカード。

ショッピングの保険が無料で付帯サービスがついているのでショッピングをよくする私にとって嬉しいです。

イオン系列を日常使っているので割引サービスやポイントがつくのでお得です。

みんなの疑問

イオンゴールドカードで中部国際空港のラウンジを利用することは出来ますか?
利用できるのは羽田空港のみとなります。中部国際空港や他の空港では利用できません。
イオンゴールドカードの取得方法を教えてください。
直近年間カードショッピング100万円以上の方に発行しております。 他にも審査基準があり、比較的には他のゴールドカードより審査が甘いとされております。
イオンゴールドカードを持っていますが、ディズニーデザインのゴールドカードへ切り替え出来るのでしょうか?
イオンディズニーデザインゴールドカードは、通常のディズニーデザインカードからのアップグレードしか出来ません。ですので、デザインは通常カードに入会する際にしっかりと検討をしましょう。

口コミからわかった「カードが向いている人・やめておいたほうがいい人」

以上の口コミや体験談から、イオンゴールドカードを持つのが向いている人、向かない人の特徴をまとめました。

向いている人
  • イオン系列で買い物をする人
  • 入会費を無料に抑えたい人
  • 羽田空港のラウンジを使いたい人
向いていない人
  • 付帯サービスの豊富さを求める人
  • イオン系列で買い物をしない人
  • ステータスを気にする人

ゴールドカードプレス編集部の結論

イオンカード(通常)で年間100万円以上の利用をすると、インビテーションが送られてくるゴールドカードです。通常カードからのランクアップのみ入会可能で、新規入会は残念ながらできませんがゴールドカードとしては珍しく、年会費無料です。

また、イオンお客様感謝デーなど、イオンでの買い物がお得になります。

通常カードの会員特典に加え、羽田空港のラウンジやイオン内にある雑誌や新聞、ドリンクなどが設置されているイオンラウンジが無料で利用することができます。海外国内障害保険の最高3000万円補償、イオンゴールドカードお買い物された商品(1品5,000円~300万円)が偶然の事故により損害を被った場合、購入日から180日間、年間300万円まで補償されるなど、各種保険も無料で受けられるのは大変なメリットです。

電気、ガス、水道、携帯電話など日常の固定費の決済、そして金額が大きな買い物での決済などを積極的に利用することで、WAONポイントもどんどん貯まり、お金の節約にもなりますね。

比較的に持ちやすいゴールドカードなので海外旅行などをする際にはぜひ1枚は持っておきたいゴールドカードとしておすすめです。

カード基本情報

国際ブランドVISA、JCB、MasterCard
年会費(初年度)年会費無料
家族カード年会費(初年度)最大3枚まで無料
利用限度額100万円〜200万円ほど
審査・発行期間1週間程度
ポイント付与率1.0%(200円で2ポイント)
ポイント還元率最大2.0%(ワタミグループ食事券に交換時)
入会資格イオンカードからインビテーションのみ
入会キャンペーン

スポンサードリンク

ゴールドカードの知恵袋

ゴールドカードの記事一覧


ページのトップへ