ゴールドカードプレス > ゴールドカードの知恵袋 > イオンゴールドとアメックスゴールドどちらが使いやすいですか?

イオンゴールドとアメックスゴールドどちらが使いやすいですか?

最強のゴールドカードを持ちたいと思っています。

イオンゴールドカードとアメックスゴールドカードは

どちらが使いやすいですか?

この疑問は…何を知りたいのでしょうか?

どちらも人気のあるゴールドカードですが、比較するのには少し無理があります。無理矢理ですが、解説していきますね。

イオンゴールドカードとアメックスゴールドを比較

イオンゴールドとアメックス・ゴールドを比較するという前代未聞のこの企画。何か、ゴールドカードホルダー間で言い争いにでもなったのでしょうか。

まず、それぞれのカードの概要から説明していきましょう。

イオンゴールドカードはイオンをたくさん利用する主婦の方向けのカード。一方のアメックスゴールドカードは、高級レストランや旅行などを多く利用する人が得をするクレジットカードです。

どちらもターゲットが全く違います。

比較 イオンゴールド アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
国際ブランド VIS・Master・JCB アメックス
独自特典 イオンラウンジ利用可能 空港荷物配送サービスなど
年会費 0円 2万9000円+税

単純な使いやすさの評価軸として上げられるのは、国際ブランドの違いでしょう。VISAやMASTERの国際ブランドが付いているイオンゴールドカードの方が利用できる店舗数は多く、利用できないと断られるお店の数は少ないでしょう。

ただ、アメックスゴールドカードを持つ方にとっての利便性というのは、利用できる店舗数の量ではないことだけは明らかです。

そして、年会費をチェックしましょう。イオンゴールドカードの年会費は無料です。対するアメックスゴールドカードの年会費をおよそ3万円。この価格差が何を意味するのか?

それは、イオンゴールドカードが最高に使いやすい人にとっては、アメックスゴールドカードはいらないカードである、ということなのではないでしょうか。

結論

イオンゴールドカードとアメックスゴールドは、カードとして内容が違いすぎて、どちらがすごいと結論付けることはできません。両方持てばいいと思います。

どれだけたくさんの比較軸を出してきても、想定している利用者像が違いすぎて、どちらかを選ぶというシーンはなさそうです。

イオンで出すなら、イオンゴールドカードのほうが上得意客として扱われるでしょう。しかし、イオン系列以外のお店では、アメックスゴールドのほうが一般的に高ステータスと言われています。

アメックスゴールドなら、どんなお店で決済するときも、恥ずかしさや申し訳無さを感じることはないでしょうが、アメックスゴールドカードを持っている方も、イオンラウンジを利用したいなら、イオンカードを持ってゴールドカード修行すればいいのかなと思われます。

このように、アメックスゴールドホルダーが追加でイオンゴールドカードを持つことはあっても、その逆は考えにくいと言えます。

逆に、イオンゴールドカードホルダーが別のゴールドカードを併せて持つとしたら、何が良いでしょうか?

イオンゴールドカード持ちの方におすすめのゴールドカード

イオンゴールドカードホルダーの人は、次にエポスカードもゴールドカード育ててみることをお薦めします。

エポスカードは通常年会費5000円のクレジットカードとして新規入会を受け付けているカードなんですが、一般カードの方で決済を重ねるとインビテーションが届きます。

そのインビテーションからゴールドカード申し込むと、なんと一度も年会費を払うことなくゴールドカードホルダになることができます。

エポスゴールドカードに直接新規で入会した場合、初年度は必ず5000円の年会費がかかりますが、1年間で50万以上の利用すると翌年以降の年会費が永年無料もずっと無料でゴールドカードも続けることができるようになります。

イオンでのサービスがたくさんついたイオンゴールドカードですが、エポスカードはマルイ以外でもモンテローザグループの居酒屋やファミリーレストランのロイヤルホストで会計から10%オフなどの割引を受けられる便利なカードです。優待割引が充実していることに加え、ポイントの還元率も高めで最高で1.5%程度の還元を受けることができます。

高還元率の年会費有料カードを持つぐらいだったらエポスカードを持った方がクレジットカードよく利用する人にとってはよろしいのではないかと思います。

イオンゴールドカードはイオンやまいばすけっとなどのイオン系列店専用カードにし、その他のお店ではエポスゴールドカードを使うようにすると、家計を預かる主婦の方ならすぐに年会費無料条件を達成できそうですね。

確実にゴールドカードを持ちたい方は初年度5000円のエポスゴールドカードを直接申し込むのが良いですが、せっかくなら、年会費を一切かけずにゴールドカードを持ちたいですよね。

エポスカードは、マルイ系列以外でも利用金額に換算されますので、年会費を一切かけずにゴールドカードを持ちたい方は、エポスカード(一般)を申し込み、決済を重ねることをおすすめします。

イオンでのイオンラウンジ等のサービス以外を目的とする方には、エポスゴールドカードのほうがおすすめです。エポスの一般カードに申し込み、届いたカードを使って1年間で50万円以上決済して、永年無料ゴールドカードを入手してくださいね!

エポスカード申し込みページ

ゴールドカードの記事一覧


ページのトップへ